馬パラチフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

馬パラチフス(equine paratyphoid)とはSalmonella abortusequi感染を原因とする感染症家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。

原因[編集]

Salmonella abortusequiグラム陰性通性嫌気性短桿菌。硫化水素非産生、クエン酸塩を利用しない。感染は汚染飼料からの経口感染、接触感染および垂直感染

症状[編集]

子馬では関節炎腱鞘炎を引き起こし、妊娠馬では妊娠6~10ヶ月において流産を引き起こす。流産後2~3日の発熱後、回復する。流産胎子は諸臓器の充出血、体表の混濁、不潔感がみられる。

診断[編集]

流産胎子の胃内容物、肺、流産馬の悪露、精液などから菌を分離する。血清診断は血清凝集反応を行う。

治療[編集]

クロラムフェニコールニューキノロン系抗菌剤を使用する。

予防[編集]

予防にはワクチンが用いられていたが、効果が不十分であるため、感染馬の隔離、汚染農場の清浄化、保菌馬の摘発が主な対策である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]