流行性羊流産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

流行性羊流産(りゅうこうせいひつじりゅうざん、英:enzootic ovine abortion)とはChlamydophila abortus感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は羊。世界中に分布し、飼料や水を介して感染する。胎盤炎を引き起こし、流産死産を起こす。ビブリオ症との類症鑑別が必要。

関連項目[編集]

参考文献[編集]