あひるウイルス性腸炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヒルヘルペスウイルス1型
分類(ウイルス)
: 第II群(ssDNA)
: ヘルペスウイルス科
亜科 : アルファヘルペスウイルス亜科
: バリセロウイルス属
: アヒルヘルペスウイルス1型(DHV-1)
あひるウイルス性腸炎に罹患したマガモ。氷が鼻汁により血に染まった。

あひるウイルス性腸炎(あひるウイルスせいちょうえん、英:duck virus enteritis)とはあひる腸炎ウイルスを原因とするトリの感染症あひるペスト(duck plague)とも呼ばれる。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はアヒル。あひる腸炎ウイルスはヘルペスウイルス科に属するDNAウイルス。潜伏期間は3~7日[1]食欲減退元気消失鼻汁排出、水様性下痢などの症状を示し、急性経過で死亡する。ほとんどの死にいたり、致死率は90%に達することもある[2]。病理学的には諸臓器の点状出血および斑状出血肝細胞や消化管粘膜上皮細胞に核内封入体が認められる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747

脚注[編集]

  1. ^ Fenner, Frank J.; Gibbs, E. Paul J.; Murphy, Frederick A.; Rott, Rudolph; Studdert, Michael J.; White, David O. (1993). Veterinary Virology (2nd ed.). Academic Press, Inc. ISBN 0-12-253056-X. 
  2. ^ Carter, G.R.; Flores, E.F.; Wise, D.J. (2006年). “Herpesviridae”. A Concise Review of Veterinary Virology. 2006年6月10日閲覧。