アイノウイルス感染症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アイノウイルス感染症(アイノウイルスかんせんしょう、英:Aino virus infection)とはアイノウイルス感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛。アイノウイルスはブニヤウイルス科ブニヤウイルス属に属するRNAウイルスヌカカにより媒介され、感染した牛はそのほとんどが無症状であるが、胎盤感染により流産あるいは先天異常、奇形の原因となる。アカバネ病チュウザン病、アイノウイルス感染症の3種混合不活化ワクチンが市販されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]