ヌカカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヌカカ科 Ceratopogonidae
BitingMidge.jpg
Culicoides sonorensis
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハエ目(双翅目) Diptera
亜目 : カ亜目(長角亜目, 糸角亜目) Nemato
下目 : カ下目 Culicomorpha
上科 : ユスリカ上科 Chironomoidea
: ヌカカ科 Ceratopogonidae
Newman, 1834
亜科

ヌカカ(糠蚊)は、ハエ目(双翅目)・ヌカカ科 (Ceratopogonidae) に属する昆虫の総称。体長が1mm から 1.5mmほどの小型昆虫で[1]約40種が日本に分布する[1]。一部の種類のメスはと同様に吸血動物となる[1][2]

和名のヌカカは、「粒のように小さい蚊」という意味から命名された。地域によってはイソヌカカ(磯糠蚊)やヌカガ(糠)、鳥取県西部の弓ヶ浜半島では干拓事業が行なわれた後にわいたとされていることからカンタクムシ(干拓虫)と呼ばれている。まくなぎ(蠛蠓)、めまといもヌカカの一種で、夏の水辺などをひと塊になって飛んでいる。

上から見た感じは黒ゴマの粒のように見え、よく観察すると薄く透明なに、黒い斑紋を装うものが多い。

キャンプ場などに棲息しており、身体が小さいために網戸などを抜けて人家に侵入することもある。蚊と異なり、刺咬された直後は刺された感触もなくほとんど痒みはないが、翌日以降に腫れと痒みが起こり、小さな水ぶくれができることもある。完治まで1週間以上かかることもある。

対処法としては、皮膚科医の診察を受けることである。医療機関では、炎症アレルギー反応を抑える錠剤、痒みを抑える錠剤とプロピオン酸クロベタゾール軟膏を処方することが多い。

虫除けとしては、ジエチルトルアミド(ディート)を配した虫よけスプレーが有効といわれる。

長距離移動[編集]

下層ジェット気流がユーラシア大陸から日本に流れる梅雨期に、東シナ海上でウシヌカカが捕集されていることから、海を越え日本に飛来している可能性が指摘されている[3]

病原体の媒介[編集]

反芻動物に感染し、流産、早産、死産、先天異常を起こすアカバネウイルス、アイノウイルス、チュウザンウイルスなどの病原体を媒介する[3]

ニワトリヌカカ
  •  鶏のロイコチトゾーン症を媒介する[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 栗政明弘, 宮野佳子, 矢倉はるな ほか、「米子市弓ヶ浜半島におけるヌカカ類による刺咬被害状況,被害発生 : 環境および対処方法に関するアンケート調査」『米子医学雑誌』 2015年 66巻 2-3号 p.19-35, ISSN 0044-0558, 米子医学会
  2. ^ 馬場まゆみ、「奄美大島における 2011 年から 2018 年のヌカカ刺症の検討」 『西日本皮膚科』 2019年 81巻 3号 p.196-200, doi:10.2336/nishinihonhifu.81.196, 日本皮膚科学会西部支部
  3. ^ a b 梁瀬徹、「ヌカカの長距離飛翔とウイルス感染症の媒介」 『日本衛生動物学会全国大会要旨抄録集』 2011年 63巻 第63回日本衛生動物学会大会 セッション ID:S02, p. 32, doi:10.11536/jsmez.63.0_32_2, 日本衛生動物学会
  4. ^ 秋葉和温、「鶏のロイコチトゾーン症の研究史における暗中模索からの脱出記録(25)」『畜産の研究』 2014年 68巻 7号 p.771-776, 養賢堂

関連項目[編集]

外部リンク[編集]