ハモグリバエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハモグリバエ科
Agromzidaelowres.jpg
Napomyza lateralis
分類(ウイルス)
: 環縫短角群 Cyclorrhapha
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハエ目(双翅目) Diptera
亜目 : ハエ亜目(短角亜目) Brachycera
下目 : ハエ下目 Muscomorpha
上科 : ヒメコバエ上科 Opomyzoidea
: ハモグリバエ科 Agromyzidae
英名
leaf-miner fly
亜科
  • Agromyzinae
  • Phytomyzinae

ハモグリバエ(葉潜り蝿)は、ハエ目ハモグリバエ科(学名:Agromyzidae)に属する昆虫の総称。全世界で約2500種が確認されている。幼虫は植物の葉の内部から組織を食害するため、農作物の農業害虫として知られる。 日本では1990年代から被害が報告されている。

主な種[編集]

参考[編集]

Phytomyza ilicisによって食害されたセイヨウヒイラギ