アラビア語中央アジア方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アラビア語中央アジア方言
話される国 アフガニスタンの旗 アフガニスタン
イランの旗 イラン
タジキスタンの旗 タジキスタン
 ウズベキスタン
話者数 不明
言語系統
表記体系 アラビア文字
言語コード
ISO 639-1 ar
ISO 639-2 ara
ISO 639-3
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

アラビア語中央アジア方言: Central Asian Arabic)は、アラビア語の口語(アーンミーヤ)のひとつで、アフガニスタンタジキスタンウズベキスタンに話者がいる消滅の危機に瀕する言語である。かつては中央アジアの定住民や遊牧民のアラブ人社会において多くの人により話されていた。現在のウズベキスタンのサマルカンド州ブハラ州カシュカダリヤ州スルハンダリヤ州、現在のタジキスタンのハトロン州さらにはアフガニスタンの領域にも話者が存在した。しかし、現在では、中央アジアのアラブ人の大半がダリー語ウズベク語を話しアラビア語中央アジア方言を話さない[1]

現在ではアラビア語中央アジア方言は下位方言ごとに周辺言語の影響を大きく受け、方言によっては互いに意思の疎通が困難な程の違いが存在している。例えばブハラ方言はタジク語、カシュカダリヤ方言はテュルク諸語の影響を大きく受け、意思疎通が困難である[2]

最近の研究によりアラビア語ホラーサーン方言英語版もアラビア語中央アジア方言に分類でき、カシュカダリヤ方言に近いとされる[3]

アラビア語の口語(アーンミーヤ)の方言地図

脚注[編集]

  1. ^ Peter R. Blood, ed. Afghanistan: A Country Study. Washington: GPO for the Library of Congress, 2001
  2. ^ (ロシア語) Ethnic Minorities of Uzbekistan: Arabs by Olga Kobzeva
  3. ^ Ulrich Seeger, On the Relationship of the Central Asian Arabic Dialects (translated from German to English by Sarah Dickins)