中国サイバー軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会国家
国務院機関
国防部 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
中華人民共和国武装力量
中国人民解放軍の旗 中国人民解放軍
Chinese People's Armed Police Force (CAPF) cap insignia.svg 中国人民武装警察部隊
Emblem of People’s Militia.svg 中国民兵
戦区
東部戦区 南部戦区 西部戦区
北部戦区 中部戦区
軍種
中国人民解放軍陸軍の旗 陸軍 中国人民解放軍海軍の旗 海軍 中国人民解放軍空軍の旗 空軍
中国人民解放軍ロケット軍の旗 ロケット軍
中央軍事委員会直轄独立部隊
戦略支援部隊
中央軍委聯勤保障部隊
中央軍事委員会直属院校
国防大学 軍事科学院 国防科学技術大学
作戦空間別戦力
陸軍 海軍陸戦隊 空軍空降兵

海軍 陸軍船艇部隊

空軍 海軍航空兵 陸軍航空兵

ロケット軍
海軍核潜艇部隊 空軍爆撃機部隊

戦略支援部隊航天系統部

戦略支援部隊網絡系統部
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
階級制度
人民解放軍 武装警察
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法 預備役軍官法
軍官軍銜條例 軍政治工作条例

中国サイバー軍とは、中国の電子戦部隊。 主に中国人民解放軍総参謀部第三部二局中国人民解放軍61398部隊PLA Unit 61398)を指すとされるが、中国政府が2011年に認めた「ネット藍軍」およびメディア・リサーチが指摘する「海南島基地の陸水信号部隊」などの複数指摘があり、これらが同一組織なのか別の組織なのかは明らかになっていない。 また民間団体委託も報道されており [1]、さらには米年次報告書には国防科工局による民間人スカウトの可能性も指摘されており、その全容は分かっていない。 これらがサイバー戦部隊とされ総称として中国サイバー軍と呼ばれる。

2014年に存在を指摘された61398部隊は上海市浦東新区高橋鎮中国語版大同路208号にあり、2007年に完成した12階建てビルに拠点を置く [2]。 英語に堪能な要員数千人を抱えて活動している。2013年2月に米国の情報セキュリティー会社マンディアント英語版が公表した報告書で存在が明らかとなった[2] [3] [4]

概要[編集]

2011年5月25日国防部(国防省に相当)耿雁生報道官は定例記者会見にてサイバー部隊の存在を認めた [5] [6][7]。報道官によれば広東省広州軍区に電子戦用部隊の訓練などを行う組織として存在しており、報道によれば名称は「ネット藍軍」あるいはオーストラリア誌は"Blue Army"[8]と報じている。

これらは、アメリカ合衆国年次報告書[9][10]などからたびたび存在を指摘されていた中国の電子戦部隊であるが、中国側の公開内容と、各国の指摘した所在地・規模・活動内容は大きく異なっている。民間のセキュリティー顧問によれば、部隊員はハッカー5万人とサイバー部隊員250名[11]規模としており、米国の民間機関「メディアス・リサーチ」によればサイバー部隊は「中国人民解放軍の海南島基地」に存在し、部隊名と規模は「陸水信号部隊(隊員計約1,100人)」としており、行動について「海南テレコム」経由での攻撃を行ったと分析している[12]

2009年にアメリカは「中国からの攻撃」に対処するために「サイバー軍」を立ち上げる方針を明らかにしている[13]。米国国防省は2013年の年次報告書で中国が米政府のコンピューターから機密情報を探り出そうとしていると言明した。

これに対し中国網は「国防部は「『ネット藍軍』はいわゆる『ハッカー部隊』ではなく、国防当局が自らの必要に基づき臨時創設したネット防衛訓練機関だ。国際社会は行き過ぎた解釈をすべきでない」と回答した。」とし、あくまで「アメリカが設立した事による防衛用である点」を強調する事で、アメリカからの攻撃に対応する防御用だと示唆した。さらに、アメリカからの非難に対し中国外務省は「(中国は)あらゆる形態のサイバー攻撃に断固として反対している」との所見を述べた[14]

世界のハッキング行為の4割​​が中国によるものであるなど中国政府は世界で最も大規模なハッカーのネットワークを保有してるとされる[15]

なお、北朝鮮サイバー軍と連携しているとの報道[16]がある。

FBIサイバー犯重要指名手配[編集]

2014年5月、アメリカ合衆国司法省はサイバー攻撃によって米国の原発や鉄鋼、太陽電池関連の企業から情報を盗んだとして、61398部隊第三旅団に所属する将校5人の氏名を特定し、刑事訴追した[17]。また、FBIは重要容疑者の情報を公開する「Wanted」のページにて、「Cyber’s Most Wanted」(サイバー犯罪の分野における最重要容疑者」として5人の容疑と顔写真を公開した[18]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “中国政府関与のハッカー集団が米企業を攻撃、FBIが警鐘”. REUTERS. (2014年10月16日). http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN0I506120141016 2015年7月23日閲覧。 
  2. ^ a b APT1: Exposing One of China's Cyber Espionage Units (PDF)”. Mandiant (2013年). 2015年6月23日閲覧。
  3. ^ 木村 正人 『見えない世界戦争―「サイバー戦」最新報告』 新潮新書、2014年、71頁。ISBN 4106105926
  4. ^ 山崎 文明 『情報立国・日本の戦争 大国の暗闘、テロリストの陰謀』 角川新書、2015年、121頁。ISBN 404102546X
  5. ^ 熊争艶、張芸 (2011年5月27日). “中国国防省、広州でサイバー軍創設「ネット安全向上」目的に”. FOCUS-ASIA. 新華社 (北京). http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/275438/ 
  6. ^ http://tech.slashdot.org/story/11/05/30/015253/Chinese-Military-Admits-Existence-of-Cyberwarfare-Unit
  7. ^ http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110531-OYT1T00929.htm?from=main4
  8. ^ http://www.theaustralian.com.au/australian-it/chinas-blue-army-could-conduct-cyber-warfare-on-foreign-powers/story-e6frgakx-1226064132826
  9. ^ http://www.bsk-z.or.jp/kakusyu/pdf/22-5shousassi.pdf
  10. ^ http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/07/news035.html
  11. ^ http://fss-security.blogspot.com/2011/03/blog-post.html/
  12. ^ http://blog.kajika.net/?eid=996912
  13. ^ 米国防長官がサイバー軍創設指示 中国など念頭に
  14. ^ 「中国政府がサイバー攻撃に関与」 米国防総省が言明
  15. ^ “TOP 10 COUNTRIES WITH MOST HACKERS IN THE WORLD”. CYWARE. (2016年9月7日) 
  16. ^ http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141224/frn1412241830007-n1.htm
  17. ^ サイバー攻撃:中国軍当局者5人を刑事訴追 米司法当局 - 毎日新聞
  18. ^ 米司法省、中国軍の将校5人をサイバー犯罪で起訴 -INTERNET Watch