ロバート・T・モリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロバート・タッパン・モリス
Robert Tappan Morris
Robert Tappan Morris.jpg
ロバート・モリス(2008年)
生誕 (1965-11-08) 1965年11月8日(54歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
別名 RTM
職業 実業家
マサチューセッツ工科大学教授
Yコンビネータ共同設立者[1]
著名な実績 モリスワーム
Viaweb英語版
Yコンビネータ
刑罰 3年間の保護観察、400時間の社会奉仕活動、罰金10,050ドルと管理費用[2]
犯罪者現況 刑期満了
ロバート・H・モリス英語版
アン・ファーロウ・モリス
公式サイト pdos.csail.mit.edu/rtm
動機 モリスが発見したセキュリティ上の欠陥を悪用して、コンピュータネットワーク上の現在のセキュリティ対策の不備を実証する[2]
有罪判決 合衆国法典第18編第1030条 18 U.S.C. § 1030コンピュータ詐欺と濫用に関する法律英語版 (CFAA)[2]

ロバート・タッパン・モリス(Robert Tappan Morris、1965年11月8日 - )は、アメリカ合衆国計算機科学者であり、実業家である。彼は、1988年にインターネット初のワーム[3]であるモリスワームを製作したことで広く知られている[4]

モリスはワームを公開したことで起訴され、1986年に制定されたばかりのコンピュータ詐欺と濫用に関する法律英語版 (CFAA)に基づいて有罪判決を受けた最初の人物となった[2][5]。彼はその後、最初のウェブアプリケーションの1つであるオンラインストアViaweb英語版[6]を共同設立し、ポール・グレアムと共にベンチャーキャピタルの資金調達会社Yコンビネータを設立した。

その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)の電気工学・計算機科学科の教員となり、2006年にテニュアを授与された[7]。2019年には全米技術アカデミー会員に選出された。

若年期と教育[編集]

モリスは1965年、暗号学者のロバート・H・モリス英語版とアン・ファーロウ・モリスの間に生まれた。父はベル研究所の計算機科学者で、MulticsUNIXの設計に携わり、後に国家安全保障局(NSA)の一部門である国家コンピュータセキュリティセンターの主任科学者となった。

モリスはニュージャージー州ロングヒル・タウンシップのミリントン地区で育ち[8]、1983年にデルバートン・スクールを卒業した[9]

モリスはハーバード大学に通い、その後コーネル大学大学院に進学した。コーネル大学在学の最初の年に、彼はコンピュータワームを設計し、当時まだ発展途上だったインターネット上の多くのコンピュータを混乱させた。これが原因で、1年後に起訴された。

有罪判決を受けた後、彼はハーバード大学に戻り、孔祥重英語版の指導の下で1999年Ph.D.を取得した。

モリスワーム[編集]

モリスのコンピュータワームは、彼がコーネル大学の大学院生だった1988年に開発された[10] 。同年11月2日、彼は所属するコーネル大学ではなく、マサチューセッツ工科大学(MIT)からこのワームをリリースした[10]。このワームは次のような脆弱性を悪用して、標的となるシステムに侵入した。

  • UNIXのsendmailプログラムのデバッグモードにある穴
  • fingerdネットワークサービスのバッファオーバーフロー
  • リモートシェル (rsh) を使ったリモート実行 (rexec/rsh) を介し、パスワードを必要としないネットワークログインを設定している人が有効にする遷移的信頼。

このワームは、見つけたそれぞれのコンピュータをチェックして、すでにワームに感染しているかどうかを判断し、感染していないコンピュータには自分自身をコピーするようにプログラムされていた。しかしモリスは、コンピュータが感染していないのに感染していると報告するようにしてワームに対抗しようとするシステム管理者がいるかもしれないと考えた。そのため、感染状態の質問に対する応答に関わらず、14%の確率で自分自身を必ずコピーするようにした。

この永続性は設計上の欠陥であり、システム負荷を発生させて管理者の注意を引きつけ、対象となるコンピュータを混乱させてしまった。その後の裁判では、このワームによる「潜在的な生産性の損失」と、様々なシステムからワームを除去するためにかかるコストは、200ドルから53,000ドルと見積もられた[10]

刑事告発[編集]

1989年7月26日、モリスは合衆国法典第18編第1030条 18 U.S.C. § 1030コンピュータ詐欺と濫用に関する法律英語版 (CFAA))に違反したとして起訴された[2]。彼は、この法律で起訴された最初の人物だった。1990年12月、彼は3年間の保護観察、400時間の社会奉仕活動、罰金10,050ドルと管理費用の判決を受けた[2]。彼は控訴したが、翌年3月に却下された[3]。裁判中にモリスが述べた動機は、「(自分が)発見したセキュリティ上の欠陥を悪用することで、現在のコンピュータネットワークのセキュリティ対策が不十分であることを証明すること」だった[2]。彼は1994年に刑期を終えた。

その後の生涯と業績[編集]

モリスの主な研究テーマはコンピュータネットワークアーキテクチャで、Chordなどの分散ハッシュテーブルRoofnet英語版などの無線メッシュネットワークの研究を行っている。

ポール・グレアムは彼の長年の友人であり、共同研究者でもある。彼らは2つの会社を共同設立し、グレアムは著書『ANSI Common Lisp』をモリスに献呈し、オンラインストアのウェブページを生成するプログラミング言語をモリスにちなんでRTML英語版(Robert T. Morris Language)と名付けた。グレアムはモリスを「個人的な英雄」の一人として挙げており、「彼は決して間違っていない」と言っている[11]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Y Combinator: Partners”. Yコンビネータ. 2011年6月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h United States v. Morris (1991), 928 F.2d 504, 505 (2d Cir. 1991).
  3. ^ a b Kehoe, Brendan P. (2007年). “The Robert Morris Internet Worm”. Computer Science & Artificial Intelligence Laboratory (CSAIL). Massachusetts Institute of Technology. 2008年8月23日閲覧。
  4. ^ Lee, Timothy B. (2013年11月1日). “How a grad student trying to build the first botnet brought the Internet to its knees”. The Washington Post. 2020年6月1日閲覧。
  5. ^ Denning, Dorothy Elizabeth Robling; Lin, Herbert S. (1994). Rights and responsibilities of participants in networked communities. National Academies Press. p. 74 74. ISBN 978-0-309-05090-6. https://archive.org/details/isbn_9780309050906/page/74 
  6. ^ “First Computer "Worm" Unleashed” (英語). History Channel. (2016年6月20日). https://www.historychannel.com.au/this-day-in-history/first-computer-worm-unleashed/ 2017年8月31日閲覧。 
  7. ^ Robert Morris: Professor”. Computer Science & Artificial Intelligence Laboratory (CSAIL). Massachusetts Institute of Technology (2017年10月30日). 2020年4月10日閲覧。
  8. ^ Sullivan, Frank (1990年2月1日). “Former resident convicted of creating computer 'worm'”. Echoes-Sentinel. Warren Township, New Jersey: Newspapers.com. 2016年5月19日閲覧。 “Former township resident Robert Tappan Morris Jr. was convicted last week of federal computer tampering charges for creating a 'worm' that penetrated and crippled 6,000 computers nationwide. Morris, 24, who grew up on Old Mill Road in Millington and now lives with his parents in Maryland, was suspended for a year from Cornell University graduate school after he was charged with the crime.”
  9. ^ a b Daly, James (1988年11月14日). “Portrait of an artist as a young hacker”. Computerworld. 2011年2月15日閲覧。 “Draves added that Morris said he enjoyed cracking passwords as a student at the Delbarton School, an exclusive private high school in Morristown, NJ 'But I thought he'd given up on that,' Draves said.”
  10. ^ a b c US v. Morris, 928 F. 2d 504 – Court of Appeals, 2nd Circuit 1991”. US v. Morris, 928 F. 2d 504. 2020年6月1日閲覧。
  11. ^ Graham, Paul (2008年4月). “Some Heroes”. Paul Grahm. 2013年1月18日閲覧。
  12. ^ Weston, Randy (1998年6月8日). “Yahoo buys Viaweb for $49 million”. CNET. CBS Interactive. 2020年4月10日閲覧。
  13. ^ 23 faculty members awarded tenure”. Massachusetts Institute of Technology (2006年10月25日). 2008年8月23日閲覧。
  14. ^ About Meraki”. Cisco Meraki (2007年). 2008年8月23日閲覧。
  15. ^ Mark Weiser Award”. SIGOPS. Association for Computing Machinery (ACM) (2010年). 2020年6月1日閲覧。
  16. ^ Robert Morris”. ACM Awards. Association for Computing Machinery (ACM). 2020年6月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]