一ッ星家のウルトラ婆さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

一ッ星家のウルトラ婆さん』(ひとつぼしけのウルトラばあさん)は、ナック読売テレビ(放送当時の通称は、「よみうりテレビ」)制作のテレビアニメ1982年10月16日から1983年1月15日まで、読売テレビ・日本テレビほか日本テレビ系列局および青森放送山形放送テレビ信州山口放送(以上、テレビ朝日系列とのクロスネット局[1]テレビ大分(フジテレビ、テレビ朝日系列とのトリプルネット局[2]にて、毎週土曜日19:00 - 19:30、南日本放送TBS系列)にて毎週火曜日19:30-20:00、宮崎放送(こちらもTBS系列)にて毎週木曜日19:00 - 19:30の枠に於いて放送された。全13回(全26話)。

概要[編集]

むちゃくちゃパワフルで、バイタリティあふれるトラ婆さんが引き起こす珍騒動の数々を描いている。因みにトラ婆さんは「徳川家康の血を引いている」という設定であり、ED映像のバックに現れる一ツ星家の家紋は、三つ葉葵の中央に星をあしらったデザインとなっていた。

読売テレビ・ナック製作のアニメ番組としては1970年~1971年に放送された長谷川町子原作の「いじわるばあさん」以来、12年ぶりでしかも立て続けに「婆さん物」となった。

沢田研二作曲によるOPは、映像も含めてインパクトがあった。そのOP映像には「龍に乗ってデンデン太鼓を振るう子供の後ろにトラ婆さんが現れ、その立場を奪い取る」という、裏番組のまんが日本昔ばなしを意識したパロディが存在した。

なお、『アニメージュ』で記事を担当した関係者によると、「お婆さんでなく、ペットとして見てほしい」との事だった。

因みに本放送時は、アバンタイトル、及び次回予告前のミニドラマもそれぞれ1話としてカウントしての「1回4話放送」がウリの一つになっていた。

ニューシネマジャパンより、計8話を収録したDVD(全2巻)が発売されている。

キャラクター[編集]

  • 一ッ星 トラ
- 松金よね子
  • 一ッ星 健一
声 - 鈴木三枝
  • 一ッ星 英太郎
声 - 池水通洋
  • 一ッ星 キヌ子
声 - 幸田直子
  • 一ッ星 トドメ
声 - 佐々木るん
  • 大松 静雄
声 - 小粥よう子
  • 亀田巡査
声 - 稲垣悟
  • 倉持 雪子
声 - 立川千晶

スタッフ[編集]

各話スタッフ[編集]

  • 脚本 - 菅良幸、水野均、坂上生児、中弘子、市川靖、吉田進
  • コンテ - 阿仁マスオ、やすみ哲夫、竹内大三、藤原良二、小華和ためお、石崎すすむ、宮崎一哉、斉藤起己、今枝栄一
  • 演出 - 山崎友正、井上修、山内巳茶
  • 作画監督 - マナベタクミ、斉藤起己、山崎隆生、加藤興治
  • 美術設定 - 工藤剛一
  • 色指定 - 三橋曜子

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「おばあチャンバ」
作詞 - 高平哲郎 / 作曲 - 沢田研二 / 編曲 - 後藤次利 / 歌 - 松金よね子
エンディングテーマ - 「ウルトラ サ バドゥビャ」
作詞 - 高平哲郎 / 作曲 - 沢田研二 / 編曲 - 後藤次利 / 歌 - 松金よね子

主題歌のEPレコードは、バップから発売された。

各話リスト[編集]

サブタイトル 放送日
1 必殺!バッチャマンキック 1982年
10月16日
めしぬきストライキ
2 トラさんは女親分 10月23日
うばわれてなかされて
3 わっ出た!トラロンパ? 10月30日
キンムキ先生
4 うめぼし・キャンディーズ 11月6日
天国地獄、金次第
5 子育てサバイバル 11月13日
あした大きくな~れ
6 ウスペラ星人現る 11月20日
無敵・トラロンコンピューター
7 家庭教師をやっつけろ 11月27日
トドメ光線のなぞ
8 カンザシ・トライアングル 12月4日
お見合い大好き
9 誘拐大好き 12月11日
マナ鳥たずねて三千里
10 ねらわれた小学校 12月18日
ようこそ、雪男ちゃん
11 ズッコケ野外塾 12月25日
アメリカ大ぼうけん
12 ウルトラ昆虫記 1983年
1月8日
新兵器・ペンザシ
13 トラブル学芸会 1月15日
北海の花嫁さん

脚注[編集]

  1. ^ これらは後に日本テレビ系列に一本化している。
  2. ^ 後にテレビ朝日系列からは離脱。
  3. ^ 制作スタッフの共同ペンネーム。
よみうりテレビ制作・日本テレビ系列 土曜19時台前半
前番組 番組名 次番組
三枝の恋ピューター
(バラエティー枠)
一ッ星家のウルトラ婆さん
アニメ枠