ワイガル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ワイガル語
Kalaṣa-alâ
話される国 アフガニスタンの旗 アフガニスタン
地域 ヌーリスターン州
話者数 1万2000人(2011年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 wbk
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

ワイガル語インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ヌーリスターン語派に属する言語である。ヌーリスターン・カラシャ語カラシャ・アラワイガリともいう。カラシャ・アラは「カラシャの言語」という意味でカラシャ語となるが、インド・イラン語派ダルド語群チトラル諸語カラシャ・ムンをカラシャ語やカラシュ語と呼ぶ。区別のためにカラシャ・アラ(ワイガル語)はヌーリスターン・カラシャ語といい、カラシャ・ムンチトラル・カラシャ語ともいう。アフガニスタンヌーリスターン州ワイガル渓谷に住むヌーリスターン人によりで話されている。ワイガル渓谷の中心地はワイガルである。

トレガム語に近い言語である。

脚注[編集]

  1. ^ Waigali at Ethnologue (18th ed., 2015)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]