ナーイーン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ナーイーン語
話される国 イランの旗 イラン
地域 エスファハーン州
話者数 7030人 (2000年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 nyq
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

ナーイーン語は、インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派イラン語群西イラン語群北西イラン語群に属す言語である。ビヤバナク語とも呼ばれる。エスファハーン州ナーイーン英語版で話されている。方言としてアラナク語がある。フール語は方言として扱われることもあるが基本的に別系統の言語とされる。

語彙[編集]

意味 ナーイーン語 意味 ナーイーン語
大麦 ya ow
mar pey
šar jen
zast dim
lonj 男の子 pur
女の子 det 雌鶏 kark

脚注[編集]

  1. ^ Nayini at Ethnologue (18th ed., 2015)