セムナーン諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セムナーン諸語
話される国 イランの旗 イラン
地域 セムナーン州
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示
カスピ諸語とセムナーン諸語の分布

セムナーン諸語は、インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派イラン語群西イラン語群北西イラン語群カスピ諸語に属す言語群の総称である[1]イランセムナーン州で話されている。他のカスピ諸語と言語的特徴と構造を共有している。ペルシャ語の方言といわれることが多く、また民族的に他のペルシャ語話者と区別されることもない[2]

下位分類[編集]

語彙比較[3][編集]

意味 ペルシャ語 ソルヘ語 ラースゲルド語 サングサル語 アフタル語 ビヤーバーナク語
سگ esbā esbe esbe espa esba
女の子 دختر dukkey dot döt dut dut
خون xün xün
大きい بزرگ masīn masīn mas/yale masīn
بینی ven vinī xunī vinī vēnī
برف vār var varf var
مار mohur mahar
ماه mūng māye
女性 زن žiki žaki žekeyn džek džinakā


脚注[編集]

  1. ^ Ethnologue lising for Semnani languages
  2. ^ Lecoq, pg. 297
  3. ^ Lecoq, pg. 310.

参考文献[編集]

  • Pierre Lecoq. 1989. "Les dialectes caspiens et les dialectes du nord-ouest de l'Iran," Compendium Linguarum Iranicarum. Ed. Rüdiger Schmitt. Wiesbaden: Dr. Ludwig Reichert Verlag. Pages 296-314.
  • Habib Borjian. 2008. “The Komisenian Dialect of Aftar,” Archiv Orientální 76: 379-416.