プラスーン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラスーン語
話される国 アフガニスタンの旗 アフガニスタン
地域 ヌーリスターン州
話者数 8000人(2011年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 prn
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示


プラスーン語インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ヌーリスターン語派に属する言語である。パルン語ワシ・ワリ語プラスーニパルニワシ・ワリとも呼ばれる。アフガニスタンヌーリスターン州パルン地区英語版パルン渓谷(プラスーン渓谷)で話されている。パルン英語版プラスーンとも呼ばれる。パルン渓谷はペチュ川英語版源流に位置する。

数詞[編集]

プラスーン語
1 ipin or attege
2 lūe
3 chhī
4 chipū
5 uch
6 ushū
7 sete
8 aste
9 nūh
10 leze
11 zizh
12 wizū
13 chhīza
14 chipults
15 vishilhts
16 ushulhts
17 setilts
18 astilts
19 nalts
20
30 lezaij
40 jibeze
50 lejjibets
60 chichegzū
70 chichegzālets
80 chipegzū
90 chipegzualets
100 ochegzū

[2]

脚注[編集]

  1. ^ Wasi-wari at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Grierson,G. A. (1919). Specimens of the Dardic or Piśācha languages (including Kāshmīrī). Linguistic Survey of India, 8 (2), 67. Retrieved from: http://dsal.uchicago.edu/books/lsi/lsi.php?volume=8-2&pages=584#page/82/mode/1up

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • Prasuni at the Endangered Languages Project