カラム語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カラム語
کالامي
話される国  パキスタン
地域 カイバル・パクトゥンクワ州
話者数 10万人(2004年)[1]
言語系統
表記体系 アラビア文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 gwc
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

カラム語(کالامي)はインド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ダルド語群コヒスタン諸語に属する言語である。カーラーム語カラム・コヒスタン語カラミカーラーミーカラム・コヒスタニガーウリー (ګاوری, IPA: [ɡaːwriː])、ガウリガルウィバシュカリクとも呼ばれる。パキスタンカイバル・パクトゥンクワ州ディール地区上ディール地区英語版パンジュコラ川英語版上流の渓谷とスワート地区英語版の高地のスワート・コヒスタン地域で話されている。カラム語のカラムはスワート地区英語版カラム渓谷英語版が由来である。

脚注[編集]

  1. ^ Kalami at Ethnologue (18th ed., 2015)

参考文献[編集]

  • Baart, Joan L.G. (2004). “Constrastive tone in Kalam Kohistani”. Linguistic Discovery 2 (2). doi:10.1349/PS1.1537-0852.A.265. http://journals.dartmouth.edu/cgi-bin/WebObjects/Journals.woa/1/xmlpage/1/article/265. 
  • Zaman, S. M., & Baart, J. L. (2004). Gaawri zaban-o-adab (Inmal Haq Javed ed.). Islamabad: Department of Pakistani Languages, Allama Iqbal Open University.
  • Stahl, J. L. (1988). Multilingualism in Kalam Kohistan.
  • Rensch, C. R., Decker, S. J., & Hallberg, D. G. (1992). Patterns of languages use among the Kohistanis of the Swat Valley. Languages of Kohistan. Islamabad, Pakistan: National Institute of Pakistan Studies Quaid-i-Azam University.
  • Lothers, M. D. (1996). Deixis in Kalam Kohistani narrative discourse.
  • Barth, F., & Morgenstierne, G. (1954). Vocabularies and specimens of some S.E. Dardic dialects. Oslo: Universitets forleget
  • Baart, J.L. (2006). Report on local names and uses of plants in Kalam Kohistan. FLI Language and Culture Series, Anthropology.

外部リンク[編集]