シナー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シナー語
شینا
Šīnā
話される国  パキスタン
インドの旗 インド
話者数 50万人(1981年~1998年)[1]
言語系統
表記体系 アラビア文字
デーバナーガリー文字[2]
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 各種:
scl — シナー語
plk — コヒスタン・シナー語
テンプレートを表示
シナー語の分布図

シナー語インド・ヨーロッパ語族インド・イラン語派ダルド語群に属する言語である。シーナー語شیناŠīnā)とも呼ばれる。パキスタンギルギット・バルティスタン州インドダフ・ハヌ英語版グレズ英語版ドラス英語版[3]シナー人により話されている。

最近まで書き言葉の表記体系が存在していなかった。そのため、多くの表記体系が考案され、すべての話者に使われる統一的な表記体系は存在しない[4]

脚注[編集]

  1. ^ Shina at Ethnologue (18th ed., 2015) Kohistani Shina at Ethnologue (18th ed., 2015)
  2. ^ Jain, Danesh; Cardona, George (26 July 2007) (English). The Indo-Aryan Languages. Routledge. p. 947. ISBN 9781135797102. 
  3. ^ Crane, Robert I. (1956) (English). Area Handbook on Jammu and Kashmir State. University of Chicago for the Human Relations Area Files. p. 179. "Shina is the most eastern of these languages and in some of its dialects such as the Brokpa of Dah and Hanu and the dialect of Dras, it impinges upon the area of the Sino-Tibetan language family and has been affected by Tibetan with an overlay of words and idioms." 
  4. ^ Braj B. Kachru, Yamuna Kachru, S. N. Sridhar (2008). Language in South Asia. Cambridge University Press. p. 144. ISBN 9781139465502. https://books.google.com/?id=O2n4sFGDEMYC&pg=PA144&dq=. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]