レジー・アバークロンビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レジー・アバークロンビー
Reggie Abercrombie
フリーエージェント(FA)
S1051254 Reggie Abercrombie.jpg
2008年のアバークロンビー
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州コロンバス
生年月日 1980年7月15日(35歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1999年 ドラフト23巡目
初出場 2006年4月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レジー・アバークロンビーReginald Damascus Abercrombie, 1980年7月15日 - )は、MLB外野手アメリカ合衆国ジョージア州コロンバス出身。右投右打。現在(2014年12月31日時点)はフリーエージェント

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

コロンバス高校(Columbus High School)在学中の1999年、ドラフト23巡目でロサンゼルス・ドジャースから指名を受け、翌2000年にドジャースに入団する。

プロ入り後[編集]

2000年

マイナーリーグのルーキー・アドバンスドに分類されるパイオニアリーグでプレイした。54試合の出場はチームで8番目だったにも関わらず、チーム最多・リーグ2位となる32盗塁を記録するなど、存在感を示した。

2001年

階級を二つ上げ、クラスAに分類されるサウス・アトランティックリーグで125試合に出場した。チームで唯一となる二桁本塁打(10本)を記録するなど、ライトセンターのレギュラーとして活躍した。この年のチームメイトに、後にMLBで1,000安打・100本塁打などの実績を挙げるシェーン・ビクトリーノや、2009年のWBCにドミニカ共和国代表として出場したウィリー・アイバーらがいた。

2002年

更に階級を上げ、アドバンスドAに分類されるフロリダ・ステートリーグで主にプレイした。132試合に出場し、いずれもチーム最多となる145安打(リーグ3位)・13三塁打(リーグ1位)・41盗塁(リーグ2位)といった数字を記録した。一方で、三振数158は2位に36個差をつけてのリーグ1位だった。守備では前年同様ライトを中心にこなしたが、センターの守備にも就いた。アイバーとはこの年もチームメイトだった。 また、ダブルAでの試合にも1試合出場した。

2003年

ダブルAのサザンリーグに所属するジャクソンビル・サンズで年間通じてプレイし、チームトップの15本塁打(リーグ7位タイ)・28盗塁(リーグ6位)を記録するなど、ダブルAでも数字を残した。ただ、この年もリーグ1位の164三振を喫し、四球の数はその10分の1以下となる16に留まるなど、課題も残した。

2004年

シーズン途中の7月31日アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍する。この年はマイナーリーグの3つのチームで合計104試合に出場し、打率.252・12本塁打・51打点・27盗塁という成績だった。

2005年

4月6日フロリダ・マーリンズへと移籍する。この年は4月から7月までアドバンスドAで、7月から9月までダブルAでプレイし、125試合で25本塁打を記録。長打率でも自己最高となる.484をマークした。

2006年

スプリングトレーニングで打率.358と好調だったこともあり、トリプルAをパスしてMLBデビューを果たすこととなる。4月4日ミニッツ・メイド・パークで行われた開幕2戦目のヒューストン・アストロズ戦に8番・センターで先発出場し、4回表の第2打席にアンディ・ペティットからメジャー初安打を記録した。9回表にもレフトへヒットを放ち、MLBでのデビュー戦は5打数2安打だった。その後当たりが止まり、4月5日から4月18日シンシナティ・レッズ戦の第2打席にかけて22打数連続無安打という不振に陥るが、この試合の第3打席でセンターへの2点タイムリーヒットを放ち、2週間振りの安打を記録するとともに、メジャー初打点も記録した。翌19日のレッズ戦では6回表にメジャー初本塁打を、5月1日フィラデルフィア・フィリーズ戦ではメジャー初盗塁も記録した。

5月は打率.272・10打点・出塁率.350とまずまずの数字を残したが、6月は20試合に出場して安打を記録したのが3試合に留まるなど、月間打率.129と再び不振に陥り、その後も調子が大幅に上向くことはなかった。7月下旬以降はスタメンを務める機会も減少し、9月の打席数は僅かに4だった。

年間を通じてMLBに在籍し、111試合に出場したが、5本塁打・6盗塁と、マイナーリーグ時代の持ち味を発揮出来たとは言い難い結果に終わった。

2007年

開幕をトリプルAで迎える。5月にMLBへ復帰し、当初はスタメンを任されるが、打率は2割台前半をさまよい、6月には再びトリプルAへ降格となった。9月にMLBへ再度昇格すると、主に代打として11打席に立つも1安打に終わり、シーズンでは35試合・打率.197と、前年と比べて軒並み数字を落としてしまった。一方、トリプルAでは93試合の出場ながらリーグ最多の41盗塁を記録し、打つ方でも打率.323(チーム1位)・17本塁打などの数字を残した。

10月11日ヒューストン・アストロズへの移籍が決まった。

2008年

この年も開幕時点ではマイナーリーグにおり、MLBの試合に初出場したのは6月7日だった。7月に一度トリプルAへ降格するなど、8月終了時点では打率.200・出塁率.219といった厳しい数字が並んでいたが、9月に入ると一転好調になり、12試合・25打数で打率.440・出塁率.481を記録した。また、この年にMLBで決めた5盗塁は全て9月に入ってから成功したものだった。 結果として、シーズンでは34試合・打率.309という数字を残したが、打席数は前年よりも更に減少した。

シーズン終了後の12月に、アストロズと再契約を結んだ。

2009年

トリプルAのパシフィック・コーストリーグに所属するラウンドロック・エクスプレスで、主にライトのレギュラーとして134試合に出場した。しかし、チームトップの26盗塁を記録した以外は目立った数字を残すことが出来ず、4年振りにMLBでの試合出場なしに終わった。11月9日にフリーエージェントとなった。以来、アバークロンビーは独立リーグメキシカンリーグに活躍の場を求めることになる。

2010年

独立リーグのアメリカン・アソシエーションに所属するスーフォールズ・ファイティングフェザンツでプレイし、打率.328、そしていずれもリーグ3位となる22本塁打・90打点・34盗塁を記録。チームの地区優勝に大きく貢献した。

2011年

3月にはメキシカンリーグでも試合に出場したが、5月以降は再びファイティングフェザンツでプレイした。打率.304・17本塁打・66打点と、前年より数字は落としたが、33盗塁はリーグ2位タイだった。

2012年

3月から7月にかけて、メキシカンリーグ南地区のプエブラ・パロッツで82試合に出場。5月末には5試合連続・21打数ノーヒットという時期もあったが、総じてコンスタントに結果を残し、いずれもチームトップの21本塁打・21盗塁を記録して実力を示した。 7月30日に再度独立リーグのファイティングフェザンツに復帰し、9月3日までプレイ。31試合の出場ながら打率.336・31打点と、こちらでも打撃は好調だった。

2013年

3月から4月にかけてはパロッツに、4月から6月にかけてはパロッツと同じくメキシカンリーグ南地区に所属するタバスコ・キャトルメンに在籍した。パロッツでは19試合で打率.263と今一つの結果だったが、キャトルメンに入団後は7試合連続でヒットを放ち、この間に打率.500・4本塁打・13打点と数字を荒稼ぎした。その後はまた低調な時期が続いたこともあり、2チームでの合計では58試合・打率.288・11本塁打・47打点という成績だった。 その後、前年と同じく7月30日に、ファイティングフェザンツから名称を変更したカナリーズに復帰。独立リーグで約1か月間プレイした。カナリーズでの成績は、30試合・打率.298・7本塁打・26打点だった。

2014年

4月は、メキシカンリーグ北地区のモンクローバ・スティーラーズでプレイ。最初の9試合では、全ての試合で打点を上げるなど打率.390・4本塁打・16打点と大当たりだったが、その後は調子を落として打点も稼げず、トータルでは16試合・打率.314・16打点という成績だった。OPSは1.053という高い数字を記録した。

5月に独立リーグのアメリカン・アソシエーションに所属するウィニペグ・ゴールドアイズに加入。100試合に出場し、ともにチームトップの19本塁打・74打点を記録。チームの得点源として結果を残した。

その他[編集]

  • 守備に関しては、外野の3ポジションであるレフト・センター・ライトの全ての経験を有するが、マイナーリーグではライトを最も多く守っている。一方で、MLBではセンターの守備に就いた回数が最も多く、2010年に独立リーグやメキシカンリーグでプレイを始めてからも、出場したほとんどの試合でセンターの守備を務めている。
  • 2006年にマーリンズでメジャーデビューを果たしたが、この年にマーリンズでメジャーデビューした選手の中には、この年の新人王に輝き、2009年に首位打者を獲得したハンリー・ラミレス、2010年に最優秀防御率を獲得したジョシュ・ジョンソン、強打の二塁手ダン・アグラなど、錚々たる顔ぶれが揃っていた。

年度別打撃成績 (MLB)[編集]

















































O
P
S
2006 FLA 111 281 255 39 54 12 2 5 85 24 6 5 4 1 18 2 3 78 2 .212 .271 .333 .604
2007 35 80 76 16 15 3 0 2 24 5 7 1 0 0 2 0 2 22 1 .197 .238 .316 .553
2008 HOU 34 60 55 10 17 5 0 2 28 5 5 2 1 1 1 0 2 23 0 .309 .339 .509 .848
通算:3年 180 421 386 65 86 20 2 9 137 34 18 8 5 2 21 2 7 123 3 .223 .274 .355 .629
  • 2014年度シーズン終了時。
  • 2009 - 2014年は試合出場なし。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]