レイク・エリー (ミサイル巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Lake Erie
艦歴
発注 1988年2月25日
起工 1990年3月6日
進水 1991年7月13日
就役 1993年7月24日
退役
その後 就役中
母港 真珠湾
性能諸元
排水量 9,600 トン
全長 567 ft (173 m)
全幅 55 ft (16.8 m)
喫水 33 ft (10.1 m)
機関 COGAG方式、2軸推進
ゼネラル・エレクトリック LM2500 4基、80,000 shp
最大速力 30ノット以上
航続距離
乗員 士官、兵員 387名
兵装 54口径Mk.45 5インチ単装砲 2基
Mk.41 mod.0 VLS 122セル
(61セルMk.158発射機 2基)
 •RIM-156 スタンダードSM-2ERSAM
 •RIM-161 スタンダードSM-3SAM
 •BGM-109 トマホークSLCM
 •RUM-139 VL-アスロックSUM
 •RIM-162 ESSM 短SAM
 などを発射可能
Mk.141 RGM-84 ハープーンSSM 4連装発射筒 2基
Mk.38 25mm単装機関砲 2基
12.7 mm機関銃 4挺
Mk.15 20mmファランクスCIWS 2基
Mk 32短魚雷3連装発射管 2基
航空機 SH-60 シーホークLAMPS 2機
モットー Don't Give Up the Ship

レイク・エリー(USS Lake Erie, CG-70)は、アメリカ海軍ミサイル巡洋艦タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の24番艦。艦名は米英戦争においてアメリカ海軍が勝利したエリー湖の戦いにちなんで名付けられた。

概要[編集]

イージス弾道ミサイル防衛システムの一部として、レイク・エリーはスタンダードミサイルIII (RIM-161 SM-3) を使用して弾道ミサイルを迎撃する能力を持つ[1]

2008年2月20日、コントロールを失って地上に落下するおそれがあったアメリカ国家偵察局の偵察衛星NROL-21(USA 193)を撃墜する作戦に「ラッセル」 (DDG-59) , 「ディケーター」 (DDG-73)と共に参加しハワイ西方海域に出動。SM-3ミサイルを発射し高度247kmの大気圏外で衛星の破壊に成功した。

画像集[編集]

[編集]

  1. ^ Ship-based interceptor to be tested off Kaua'i, The Honolulu Advertiser, 2006 Jun. 21.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]