リバーズ・エッジ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リバーズ・エッジ
漫画
作者 岡崎京子
出版社 宝島社
掲載誌 CUTiE
発表号 1993年3月号 - 1994年4月号
巻数 全1巻
その他 ISBN 4-7966-0825-7(1994年)
テンプレート - ノート

リバーズ・エッジ』は、岡崎京子による日本漫画1993年から1994年にかけて雑誌CUTiE』(宝島社)で連載、1994年6月に宝島社ワンダーランドコミックスより刊行された。

2018年二階堂ふみ吉沢亮主演で実写映画化[1]

あらすじ[編集]

ごく普通の女子高生である若草ハルナは、元彼氏の観音崎にいじめられている山田一郎という同級生を助けたことをきっかけに、彼から秘密を打ち明けられる。それは河原に放置された人間の死体だった。

登場人物[編集]

若草 ハルナ(わかぐさ ハルナ)
主人公。母親と2人で暮らしている。同級生の観音崎と付き合っていたが、最近は横暴な彼に愛想を尽かしている。観音崎がいじめていた山田を助けたことから、山田や彼と一緒に死体を発見した吉川こずえと仲良くなっていく。
山田 一郎(やまだ いちろう)
ハルナと同級生の美少年。学校の不良である観音崎達にいじめられている。女子に人気があり一緒に遊ぶこともあるが本人はゲイであり、学校の中では上級生に片想いをしている。自分が見つけた死体を、「宝物」と呼んでいる。ゲイであることをカモフラージュするため田島カンナと付き合っている。
吉川 こずえ(よしかわ こずえ)
ハルナの後輩であり、テレビや雑誌などで人気のモデル。母親はステージママで、子供のころから芸能活動をやらされていた。そのせいか気丈で大人びているものの厭世的な側面があり、また摂食障害を起こし、大量の食物を口にしては吐くという行為を繰り返している。レズビアンであり、ハルナのことを気に入っている。
観音崎 峠(かんのんざき とうげ)
ハルナの元彼氏。容姿はいいがドラッグの売買をしたり、ハルナに近づく山田に嫉妬していじめたりなど素行の悪さが目立つ。優秀な兄と比べられて家庭での居場所がなく、本来の性格は依存心が強い寂しがり。ハルナに対して強引に復縁を迫っている。
田島カンナ(たじま カンナ)
山田の女友達。彼女の方は山田のことが好きなのだが、山田のほうは内心鬱陶しく思っており、ある時彼に拒絶されてしまう。その後山田がハルナと仲がいいことを知り、彼女に対してストーキング行為を繰り返す。
小山 ルミ(こやま ルミ)
ハルナの友達。優しいが普段は家にいない両親と容姿の優れない姉がいる。空虚感から観音崎を含めた大勢の男性と性的関係を持ち、時には援助交際をして購入したブランド物の化粧品や服をハルナに自慢したりしていた。しかし自らが妊娠したことに気付き、彼女の人生が狂い出すことになる。
よっちゃん
ハルナの友達。噂好きのタカハシ君と付き合っている。ブランド物を自慢するルミのことを少しだけ疎ましく思っている。
小山 マコ(こやま マコ)
小山ルミの姉。太っているオタクであり、ボーイズラブものの同人誌を書いている。自分とは違い容姿に優れた妹に対して、密かに嫉妬している。

書誌情報[編集]

映画版[編集]

リバーズ・エッジ
監督 行定勲
脚本 瀬戸山美咲
原作 岡崎京子『リバース・エッジ』
製作 小川真司
吉澤貴洋
古賀俊輔
杉山剛
製作総指揮 金吉唯彦
遠藤日登思
出演者 二階堂ふみ
吉沢亮
上杉柊平
SUMIRE
土居志央梨
森川葵
音楽 世武裕子
主題歌 小沢健二アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)
撮影 槇憲治
編集 今井剛
制作会社 ザフール
製作会社 「リバーズ・エッジ」製作委員会
配給 キノフィルムズ / 木下グループ
公開 2018年2月16日
上映時間 118分
製作国 日本の旗
言語 日本語
テンプレートを表示

2018年2月16日公開。R15+指定。

原作同様時代背景は明確にされていないが90年代風の雰囲気を出すため、映像は4:3のスタンダードサイズで撮影され[2]、衣装に関しては「90年代から存在した定番ブランド」や「当時の古着」を主に使用した。しかしクリスチャン・ダダファセッタズムなど「ストリート感覚がある今の日本のブランド」の衣装もまた使用している[3]

第68回ベルリン国際映画祭パノラマ部門で国際批評家連盟賞を受賞[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]