藤野良太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

藤野 良太(ふじの りょうた)は、日本テレビドラマプロデューサー

人物[編集]

慶應義塾大学卒業後、2006年フジテレビジョンに入社。入社後、プロデューサーとして活動する。

作品の傾向として恋愛ドラマを多く描いているが、それに関して「ラブストーリーは数字が取れないが、だからこそ勝機があるかも」と語っている[1]。また、「若者を標的にしないとドラマが終わる」とも述べている[2]

また、脚本家の桑村さや香と「未来日記-ANOTHER:WORLD-」、「恋仲」、「好きな人がいること」でタッグを組むなど回数が多く、また主題歌でも家入レオは「海の上の診療所」と「恋仲」で担当している。

プロデュース作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • Galaxy S7 edge「どんな君も、逃さない」シリーズ

脚注[編集]

  1. ^ "キュンキュン日本一"を目指す月9『好きな人がいること』藤野P(前編)「憧れてマネしたくなるステキなシーンを」”. マイナビニュース. 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ 月9プロデューサー「若者を標的にしないとドラマが終わる」”. NEWSポストセブン. 2015年7月27日閲覧。