ムスカリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ムスカリン
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 300-54-9 チェック
PubChem 9308
ChemSpider 8949 チェック
ChEMBL CHEMBL12587 チェック
特性
化学式 C9H20NO2+
モル質量 174.26 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。
ベニテングタケ (Amanita muscaria)。ムスカリンを含む菌類の一つ。

ムスカリン: muscarine[1]、L-(+)-muscarine、muscarin)は、アセタケ類英語版 (Inocybe) およびカヤタケ類英語版 (Clitocybe) の特定のキノコに含まれるアルカロイドの一種。1869年ベニテングタケ(学名 Amanita muscaria)から初めて単離された(0.00025 % - 0.0003 %含まれる)。

ムスカリンは最初に研究された副交感神経作用物質で、末梢の副交感神経系に重篤な刺激作用を生じさせ、痙攣や死にいたることもある。ムスカリンは、血液脳関門を通れないため、中枢神経系に直接影響を及ぼすことはない。ムスカリンは、あるタイプのアセチルコリン受容体(ムスカリン性アセチルコリン受容体)に結合し、神経伝達物質アセチルコリンの作用を模倣する、副交感神経作用薬である[2]

ムスカリン中毒は、キノコの摂取後15-30分後に、涙と唾液の分泌増加、発汗が見られることで特徴づけられる。大量に服用した場合、これらの徴候の後に、腹痛、ひどい吐き気、下痢、瞳孔の縮小(縮瞳)、呼吸困難などが続くことがある。これらの中毒症状は、通常2時間以内で静まるとされる。ムスカリン中毒によって死亡することは珍しいが、まれに心臓発作や呼吸不全の原因になることがある。解毒剤としてアトロピンがある。

  • 化学名:(2S,4R,5S)-(4-ヒドロキシ5-メチル-テトラヒドロフラン-2-イルメチル)-トリメチル-アンモニウム

ムスカリンを含むキノコ[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 文部省日本動物学会編 『学術用語集 動物学編』(増訂版)丸善、1988年。ISBN 4-621-03256-9 
  2. ^ 當瀬規嗣 『よくわかる薬理学の基本としくみ』秀和システム、2008年、73-74頁。ISBN 978-4-7980-2029-7 
  3. ^ a b c d 江指隆年ら 『食品衛生検査指針理化学編 2005 公定検査法等詳解』日本食品衛生協会、700頁。ISBN 978-4-88925-003-9 

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、ムスカリンに関するカテゴリがあります。