テングタケ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テングタケ属
Kärpässienet.jpg
テングタケ属
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 菌じん綱 Hymenomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: テングタケ科 Amanitaceae
: テングタケ属 Amanita Pers.
亜属

テングタケ属(Amanita Pers.)はハラタケ目テングタケ科のキノコの分類名は円形で、条線があるものやいぼがあるものもある。胞子紋は白色。はまっすぐで、傘の真ん中についている。傘と柄は分離しやすく、多くはつばつぼを持つ。ほとんどが菌根菌である。食べられるものはおいしいが、を持つものが多く、猛毒のものもあるので注意を要する。

種類[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本の毒きのこ』、65頁。
  2. ^ 『日本の毒きのこ』、62頁。

関連項目[編集]