タマゴタケモドキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タマゴタケモドキ
Tamagotakemodoi.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 菌じん綱 Hymenomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: テングタケ科 Amanitaceae
: テングタケ属 Amanita
: タマゴタケモドキ A. subjunquillea
学名
Amanita subjunquillea Imai
和名
タマゴタケモドキ(卵茸擬)

タマゴタケモドキAmanita subjunquillea)は、ハラタケ目テングタケ科テングタケ属キノコアマトキシン類を含む猛毒キノコで、日本では死亡事故が数件報告されている。

特徴[編集]

夏-秋に広葉樹林針葉樹に生える。菌根菌で中型~やや大型のキノコである。世界においてはアジア極東部のみ発見されている。色は鮮やかな黄色である。傘は条線がなく、ひだ、つば、つぼは白い。

名前からはタマゴタケに似た印象があるが、形態的にはタマゴテングタケに近く、同様に猛毒である。なお、タマゴテングタケモドキA. longistriata、別名アカハテングタケ)というキノコもあるが、こちらは灰褐色の傘にタマゴタケのような条線があり、毒性は弱い[1]村上康明は、現在のタマゴタケモドキに「タマゴテングタケモドキ」と名付けるべきであった、と書いている[2]

類似するキノコ[編集]

  • キタマゴタケタマゴタケの近縁種で黄色)によく似るが、傘に条線があり、ひだ、つばが黄色いので区別ができる。
  • ベニテングタケは、基本的なタイプは赤色だがまれに黄色い物もあるので間違える可能性がある。
  • タマゴテングタケに似ているがタマゴテングタケの方が大きい場合が多い。しかし正確に同定するには顕微鏡で胞子の大きさや形を確認することが必要である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タマゴテングタケモドキ
  2. ^ 「朝日百科 キノコの世界」P.31(朝日新聞社、1997年 ISBN 4023800112

外部リンク[編集]