イッポンシメジ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イッポンシメジ科
Entoloma sinuatum group.JPG
イッポンシメジ(Entoloma sinuatum
分類
: 菌界 Fungi
亜界 : ディカリア亜界 Dikarya
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : ハラタケ亜門 Agaricomycotina
: ハラタケ綱 Agaricomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
: イッポンシメジ科
Entolomataceae

本文参照

イッポンシメジ科(イッポンシメジか、Entolomataceae(旧: Rhodophyllaceae))は、ハラタケ目に属するの一つ。

概容[編集]

イッポンシメジ科は、枯草枯葉上に生えるキノコの集合で、世界的に14属が知られている。主なものに共通する特徴として、胞子の形が角張った形をしていることがある。この子実体は様々な型のものがあり、一目でイッポンシメジ科の種であると判断するのは難しい。多くの種がをもっており、この科のキノコに含まれるものに似たキノコを採取するのは避けたほうが良い。

この分類は古い分け方であり、現在ではDNAによる分類で別な科に組み込まれている。

[編集]

  • Alboleptonia
  • Clitopilus
  • Cloudopus
  • Eccilia
  • Entoloma
  • Inopilus
  • Nolanea
  • Leptonia
  • Pouzarella
  • Rhodocybe
  • Rhodocybella
  • Rhodogaster
  • Rhodophana
  • Richoniella

参考文献[編集]

  • 『原色日本新菌類図鑑(Ⅰ)』 著者:今関六也、本郷次雄 出版:保育社 ISBN 4586300752
  • 『本郷次雄先生講義録「ハラタケ目の分類」』 著:千葉菌類談話会 出版:千葉菌類談話会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]