ペッパーフードサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ペッパーフードサービス
Pepper Food Service Co., Ltd.
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報
東証2部 3053
2006年9月21日上場
略称 PFS
本社所在地 日本の旗 日本
130-0001
東京都墨田区吾妻橋三丁目3番2号
設立 1995年8月19日
業種 卸売業
事業内容 飲食店の直営店舗運営、FCチェーン展開
代表者 一瀬邦夫代表取締役社長CEO)
資本金 12億8,198万1千円
発行済株式総数 989万4,800株
売上高 連結:223億3,306万5千円
単体:223億3,769万6千円
(2016年12月期)
営業利益 連結:9億5,833万9千円
単体:10億1,437万0千円
(2016年12月期)
経常利益 連結:9億7,305万4千円
単体:10億3,350万3千円
(2016年12月期)
純利益 連結:5億7,297万3千円
単体:6億3,343万1千円
(2016年12月期)
純資産 連結:27億7,758万0千円
単体:28億3,081万8千円
(2016年12月31日現在)
総資産 連結:91億9,858万8千円
単体:92億2,524万3千円
(2016年12月31日現在)
従業員数 連結:351名
単体:349名
(2016年12月31日現在)
決算期 12月31日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 一瀬邦夫 18.30%
エスフーズ株式会社 12.50%
一瀬建作 2.73%
有限会社ケー・アイ 2.49%
株式会社マルゼン 1.58%
MSIP CLIENT SECURITIES 1.39%
フジパングループ本社株式会社 1.34%
(2016年12月31日現在)
主要子会社 Kuni's Corporation 100%
外部リンク http://www.pepper-fs.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ペッパーフードサービスは、同社が経営するステーキを中心としたレストランチェーンであるペッパーランチをはじめとした外食産業企業で、東京都墨田区に本社を構える。

概説[編集]

東京赤坂山王ホテルから独立した一瀬邦夫が、1970年向島に開店した「キッチンくに」として創業。1985年には法人化して、有限会社くにとなり、「ステーキくに」の店舗展開などを行う。1995年には会社株式会社組織変更して、現在の株式会社ペッパーフードサービスとなっている。

現在、主力店舗の「ペッパーランチ」のほか、「いきなりステーキ」、「炭焼ステーキ・くに」、「こだわりとんかつ・かつき亭」なども運営している。 また、「ペッパーランチ」は海外展開も行っており、韓国台湾シンガポール中国インドネシアオーストラリアタイフィリピンマレーシアなどにも進出している。

展開店舗ブランド[編集]

  • ペッパーランチ
  • ペッパーランチダイナー
  • 炭焼ステーキ・くに
  • 炭焼ビーフハンバーグ&ステーキくに
  • 太陽の家族くに ステーキ&ハンバーグ 満腹サラダバー
  • こだわりとんかつ・かつき亭(とんかつ専門店)
  • 92'S
  • 東京634バーグ
  • 牛たん仙台なとり
  • アメリカンキッチン
  • いきなり!ステーキ
  • 俺のホルモンくに衛門
  • こだわりとんかつ・かつ邦(とんかつ専門店)
  • ステファングリル - 2009年、モスフードサービスより譲渡

かつて存在した店舗ブランド[編集]

  • 皆様の台所 キッチンくに
  • 焼き牛丼屋 - 焼き牛丼店の業態で2008年4月7日に1号店[1]をオープンさせ、複数店舗を出店したが、僅か数年で撤退。
  • アラモアナカフェ

沿革[編集]

  • 1970年2月 - 「キッチンくに」を向島にて創業。
  • 1985年10月 - 有限会社くにを設立
  • 1987年11月 - 「ステーキくに」両国店を開店。
  • 1994年7月 - 「ペッパーランチ」FC1号店、大船店を開店(通算1号店)。
  • 1994年9月 - 「ペッパーランチ」直営1号店、浅草店を開店(通算2号店)。
  • 1995年8月 - 有限会社くにを「株式会社ペッパーフードサービス」に組織変更。
  • 1997年9月 - 「ステーキくに」吾妻橋店を業態変更し、とんかつ専門店「かつき亭」となった。
  • 2000年5月 - ジェイアール東日本フードビジネス(ジェフビー)がFC契約。
  • 2001年2月 - 日本フードサービス協会正会員となった。
  • 2001年4月 - 日本フランチャイズチェーン協会正会員となった。
  • 2003年3月 - 「ペッパーランチ」フードコート1号店を川越市に出店。
  • 2003年11月 - ソウル韓国1号店を開店。
  • 2005年5月 - 台湾台北に出店。
  • 2005年6月 - 「ペッパーランチ」が農林水産大臣賞「新規業態開発部門」賞を受賞。
  • 2005年7月 - シンガポールに1号店出店。
  • 2005年11月30日 - 「キッチンくに」、一旦休業となった。
  • 2005年12月 - 北京中国1号店を開店。
  • 2006年8月21日 - 東京証券取引所マザーズ市場への上場が承認される。
  • 2006年9月21日 - 東京証券取引所マザーズ市場上場。
  • 2007年5月17日 - 同社が経営するステーキチェーン店「ペッパーランチ心斎橋店」において不祥事(詳細節を参照)があり、事件が報じられると株価がストップ安となった。
  • 2010年2月22日 - 第三者割当増資を行ったが、6420株中4422株を引き受ける予定であった投資事業有限責任組合から払い込みがなされず失権。その後、継続企業の前提に関する事項の注記がなされる事態となる。
  • 2012年2月13日 - 2011年12月期決算で最終損益が黒字に転換。継続企業の前提に関する事項の注記を解消[2]
  • 2012年7月11日 - 新株予約権の行使により、エスフーズが第二位株主となる[3]
  • 2012年9月15日 - 上野公園前に出来たUENO3153という施設にペッパーランチの新業態と位置付けされたペッパーランチダイナーをオープンさせた。
  • 2013年2月12日 - 業界初、真夜中のステーキ宅配を開始。
  • 2013年3月1日 - 秋葉原ヨドバシAKIBA店でメイドが料理提供をするペッパーランチダイナーをオープン(新業態のペッパーランチダイナーとしては2店舗目となる)。
  • 2013年3月29日 - 他社ブランドとのコラボレーションとして「燻製カレーくんかれ」をペッパーランチダイナー上野店で提供。
  • 2013年4月18日 - 牛タン専門店「牛たん仙台なとり」を東久留米にオープン。
  • 2013年6月25日 - ハンバーガー&パンケーキの新業態「アメリカンキッチン」をアリオ上尾店にてオープン。
  • 2013年7月12日 - ハウステンボスにペッパーランチダイナーをオープン。ハウステンボスの澤田社長が同社海外戦略担当顧問に就任し、ペッパーフードサービス一瀬社長がハウステンボスの飲食部門顧問に就任する形で連携を発表(ペッパーランチダイナーの業態では4店舗目となる)。
  • 2013年12月5日 - 新業態として立食形式のステーキの量り売りの店舗「いきなり!ステーキ」を銀座に出店。
  • 2017年5月1日 - 市場選択制度により東京証券取引所第2部へ市場変更。

主な不祥事・事件[編集]

強姦拉致事件[編集]

2007年5月9日、同社が経営するステーキチェーン店「ペッパーランチ心斎橋店」において、同店の店長と店員が、店内に女性客が一人になったところで店のシャッターを閉め、用意していたスタンガンで女性客を脅し、睡眠薬を飲ませて眠らせて拉致し、大阪府南部の泉佐野市に用意していた車庫へ連れて行って監禁し、性的暴行を加える、という強姦拉致事件を起こした。強姦後店長と店員が店に出勤するため車庫を出ると、その隙に拉致された女性は自力で脱出した。事件発生から一週間後の16日に大阪府警が店長と店員を逮捕、同日の読売新聞のスクープで初めて明るみに出た。事件の現場となった心斎橋店はその後、この事件の影響により閉店した。

暴行事件[編集]

同社が展開するステーキチェーン店「ペッパーランチ」巣鴨店(FC店)で同店の店長が2007年12月18日、アルバイト募集などを行う求人広告会社の男性社員を殴り、1週間の軽傷を負わせた疑いで2008年3月4日に逮捕される[4]。巣鴨店は店長の逮捕前日にFC契約を解除されていた。求人広告会社は店長が女性担当者に「付き合ってくれ」などと言い寄ったりしたため、強姦拉致事件の件があったことから担当を男性に代えていた。巣鴨店はその後この事件の影響により閉店した。

食中毒事件[編集]

2009年9月5日[5]山口県による発表によると、同県防府市山陽自動車道佐波川サービスエリアにある「ペッパーランチ」店舗において食事をした山口市と広島市、広島県尾道市在住の計4人が、病原性大腸菌O-157による食中毒を起こした[6]。この食中毒事件調査の過程において、この他7都府県でも同様の件が発生していることを確認された[7][8]。「角切りステーキ」をペッパーランチに納入していた大垣食肉供給センター協同組合での加工時に、すでにO-157に汚染されていたことが確認された[9]が、加工整形肉を半生状態で客に供食してはならないことを調理する者に徹底できなかったことが問題視された[10]。事故発生店舗に対する行政処分としての休業[11]も含め全店舗の一時閉鎖後、ステーキ類の調理方法を変更し、生での提供を中止するなどの対策をとった[12]。 なおこの事件後、佐波川のペッパーランチ店舗は閉店となった。

広告宣伝車による交通死亡事故[編集]

2016年5月29日午前11時24分、東京都台東区上野の交差点で、「いきなりステーキ」の広告宣伝車(アドトラック:種車は5tトラック)に、60代男性がひかれた。男性は搬送先の病院でまもなく死亡が確認されたため、警視庁はトラック運転手を、過失運転致死の疑いで現行犯逮捕。[13] 広告宣伝車は、いきなりステーキの宣伝とキャンペーンを目的に4月25日から5月29日まで東京23区を中心に運行を計画[14]されたイベント。宣伝車走行に際して「いきなりトラックを探して」と題し、車の写真をツイッターかインスタグラムに投稿することで、「ワイルドステーキ300グラム」が1000人に当たるキャンペーンを実施。ポイントカードを保有していない顧客は、車の写真をペッパーランチ店舗で見せることで、無料でカード入手できるようにするというもの。毎日予定走行ルートをホームページで公開していた[15]その最終日に死亡事故を起こした。翌5月30日社長名で、事故は「広告宣伝活動において依頼した広告代理店の委託先のアドトラック」であること、「今後は道路上での広告宣伝活動は一切行わない」とするコメントを発表した[16][17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ◇新業態の牛丼専門店「焼き牛丼屋」が初登場!◇ - ペッパーフードサービス 2008年4月8日
  2. ^ 「継続企業の前提に関する注記」の記載解消に関するお知らせ
  3. ^ 新株予約権の大量行使並びに主要株主の異動に関するお知らせ
  4. ^ “お客様へお詫びとお知らせ” (プレスリリース), ペッパーフードサービス, (2008年3月12日), http://www.pepper-fs.co.jp/news/2008/080312.php 2015年11月27日閲覧。 
  5. ^ 食中毒事故発生に関するお知らせ 2009年09月05日 - ペッパーフードサービス
  6. ^ 山陽自動車道 佐波川SA(上下線)における一部飲食店舗の営業休止について お客様へ重要なお知らせ 2009年9月6日 西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社 - InternetArchive 2009年9月10日記録
  7. ^ 【政府情報】 腸管出血性大腸菌O157食中毒の発生について(ペッパーランチ・ステーキのどん更新情報)2009/09/15 - 国立医療保健科学院 健康危機管理支援ライブラリー
  8. ^ 食中毒のペッパーランチ、崩れた収益モデル 2009年09月18日 - 東洋経済on-line
  9. ^ 岐阜県が肉製造元に回収命令 ペッパーランチO157 2009年9月13日 - 朝日新聞DIGITAL
  10. ^ 滋賀県食品安全監視センター通信「ぷちリス」No.49
  11. ^ ペッパーフードサービス/O157で16店舗が行政処分 2009年09月14日 - 流通ニュース
  12. ^ 食中毒事故発生に関するお詫びとお知らせ 2009年09月14日 - ペッパーフードサービス
  13. ^ 広告宣伝車にひかれ男性死亡 台東区 - 日テレNEWS24 2016年5月29日16:01
  14. ^ "いきなりトラックを探して"写真投稿キャンペーン - 事故直後からリンク切れ
  15. ^ ペッパーフード、23区で「いきなりステーキ」トラック走行 ペッパーフードサービス(東京都墨田区)は、東京23区内で同社が展開するレストラン「いきなりステーキ」のメニューがデザインされたトラックを走らせる。 Logistics Today 記事 2016年4月26日
  16. ^ 昨日発生しました交通事故につきまして - ペッパーフードサービス 2016年5月30日
  17. ^ 「今後は道路上で宣伝活動行わない」ペッパーフード、宣伝トラックが走行最終日に死亡事故 - Logistics Today 記事 2016年5月30日

外部リンク[編集]