いきなり!ステーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
店舗外観

いきなり!ステーキは、日本外食産業企業ペッパーフードサービスが運営する、ステーキ専門の飲食店チェーン。

概要[編集]

主に低価格のステーキを提供している。

予約不要の立ち食いスタイルを特徴としており(2015年以降は一部店舗に事前予約可能な椅子席も導入している[1]ほか、居抜き出店の店舗を中心に全席椅子席の店舗も展開している)、平日ランチタイムを除いて、客が好みの肉の量を指定して店員がその場で切り分け、これを焼き上げて提供する「オーダーカット」方式を採用している。1g単位で価格が設定されており、ヒレステーキは200g以上、他のステーキは300g以上で注文する[2]成型肉は使用していないという[3]。平日ランチタイムには別業態のペッパーランチで提供している熟成カットステーキ「ワイルドステーキ」を中心に定量サイズのメニューのみが提供される。

いきなり!ステーキの原価率は、通常の倍程度にあたる70%以上といわれており[3]サラダや飲み物などを含めた全体でも60%程度とされている[4]。立ち食い形式を取ることで回転率は極めて高く、在店時間はランチタイム20分、ディナータイム30分程度とされている[4]ナイフフォークを使用するため、一人あたりのスペースが立ち食いそば立ち飲みに比べて多く必要となるが、その点は回転率の高さでカバーしている[4]

人件費抑制のため、50代以上のコック経験者を短時間勤務の形で多く雇用しているのも特徴。ステーキ専門店のため、他の業態に比べ「オペレーションがシンプルで、覚えることが少なく作業がしやすい」点も高齢者に有利に働いているという[5]

沿革[編集]

ペッパーフートサービスの創業者・一瀬邦夫は「ステーキを低価格で提供する」という構想を温めていた。2013年秋、セミナーで知り合った坂本孝が経営する俺のフレンチの「立ち食い業態」に関心を持ち、坂本に自らの構想を語った所、「自分(坂本)はステーキをやるつもりはないから、あなたが『俺のステーキ』をやってみたら?」と薦められたことを機に、構想を実践に移した[6]

2013年12月5日東京都中央区銀座4丁目に1号店をオープンし、急速なチェーン展開で、2015年10月までに、東京都内に46店舗、全国に64店舗を出店した[3]2016年8月2日に全国100店舗目(恵比寿店)を開店[7]2018年8月9日には全国300店舗(ニトリ富士吉田店)に到達し、2018年9月時点で秋田県を除く46都道府県に出店している。

2015年5月18日から、六本木店で、午前4時までの深夜営業を行なうようになった[8]。このほか2014年7月に導入したポイントカード(利用金額ではなく、ステーキのグラム数を加算する方式で「肉マイレージカード」と称している)を発展させる形で、2015年10月より独自のプリペイドカードも導入している[9]

2017年2月23日に「ニューヨークイーストビレッジ店」がオープンした[10](海外への進出は2015年11月時点で2016年春を予定していた[11])。アメリカ1号店では、開店当初こそ日本のスタイル(立ち食い・グラム単位量り売り、チップなし)をそのまま持ち込んだが、程なくアメリカの商習慣(着席・オンス単位量り売り、チップあり)に合わせている。2018年9月時点でニューヨーク市内に9店舗を展開[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “「いきなり!ステーキ」、一部店舗で椅子席の導入を開始。席予約も可能に。”. Gourmet Biz. (2015年4月17日). http://www.gourmetbiz.net/10112/ 2015年11月27日閲覧。 
  2. ^ いきなり!ステーキ IKINARI STEAK”. イオンレイクタウンkaze. 2015年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c 興山英雄 (2015年10月16日). “人気に陰り見え始めた「いきなりステーキ」 辛い内部状況とは”. 集英社. 2015年11月22日閲覧。
  4. ^ a b c 圓岡志麻 (2015年4月22日). “「いきなり!ステーキ」は"非常識の塊"だった 炭水化物抜きダイエットで女性も虜に”. 東洋経済新報社. 2015年11月22日閲覧。
  5. ^ 「いきなりステーキ」で50〜60代のシニア人材募集!「貫禄ある」と大好評! - みんなの転職
  6. ^ いきなり!ステーキ急成長の一方でKENNEDYは破綻した理由”. ダイヤモンドオンライン (2017年11月6日). 2018年8月7日閲覧。
  7. ^ 恵比寿店 | いきなり!ステーキ
  8. ^ 圓岡志麻 (2015年6月6日). “「いきなり!ステーキ」は深夜も非常識だった 深夜であっても高回転が続く理由”. 東洋経済新報社. 2015年11月22日閲覧。
  9. ^ 立ち食いステーキ店でプリペイドカード導入 ペッパーフード - 日本経済新聞・2015年9月27日
  10. ^ いきなりニューヨーク
  11. ^ “日本の肉料理店、海外へ、コロワイド、アジア拡大、ペッパーフード、米に進出。”. 日本経済新聞・朝刊: p. 13. (2015年11月7日)  - 日経テレコン21にて閲覧
  12. ^ いきなり!ステーキが米国で快進撃、人気の秘密と日本との違いは?”. LIMO (2018年8月7日). 2018年8月7日閲覧。

外部リンク[編集]