バイオ戦士DAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイオ戦士DAN
インクリーザーとの闘い
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 ファミリーコンピュータ (FC)
開発元 アトラス
発売元 ジャレコ
音楽 増子司
美術 爬沼庵
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 198709221987年9月22日
アメリカ合衆国 発売中止[2]
その他 型式:JF-14
テンプレートを表示

バイオ戦士DAN インクリーザーとの闘い』(バイオせんしダン インクリーザーとのたたかい)は、1987年9月22日ジャレコから発売されたファミリーコンピュータアクションアドベンチャーゲーム

北米において『Bashi Bazook: Morphoid Masher』のタイトルで発売が予定されていたが発売中止となった。

開発はアトラスが行い、音楽は増子司、パッケージイラストは爬沼庵が担当している。ゲーム内容はバイオ手術を施された主人公「DAN」を操作し、1999年タイムワープして超増殖生命体「インクリーザー」を倒し、地球を救出する事を目的としている。

2010年にはWindows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信された。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

ステージクリア型の横スクロールのアクションゲーム。

ジャンプ、しゃがみ、匍匐前進、武器攻撃、の4つの行動が可能で、ステージ深部に存在するマザーインクリーザーを倒す事でステージが進み、最終ステージのボス「ゴッドインクリーザー」を倒す事がゲームの目的である。残機制とライフ制を併用しており、一部一発でミス扱いになるトラップがある。体力が0になると残機が1つ減り、残機がなくなるとゲームオーバー。ただし、5回までコンティニューできる。 操作性が独特であり、ジャンプ移動をした時は勢いの調整ができない(ブレーキが一切かからない)、歩きながらしゃがめない、攻撃を受けると操作を受け付けずに一定距離まで弾き飛ばされる(受けた時の現象によっては吹っ飛ばしがキャンセルされる事もある)など、人によっては硬く機械じみたものを感じる。 また、DAN、敵、共に左右の当たり判定が若干大きく、当たり判定の間隔に慣れないと理不尽な受け方に感じる。

エネルギー
敵を倒すと時々「E」マークの玉を落とす。これは初期武装のヒートナイフ以外の武器を使用する際に消費するほか、アイテム購入の通貨として使用できる。
ボス体力
画面右上にあるM.V(Mother Vitalityの略)と書かれた文字の横にある数値は、ステージボスであるマザーインクリーザーの体力である。これは時間の経過とともに上昇し、最大値の999に達すると1ミスとなる。また、マザーインクリーザーとの戦いで負けてしまうと部屋からマザーインクリーザーがいなくなってしまい、一旦出口専用の穴から出て再度部屋の入口に向かわなければならない。メガロ期と進化する。

アイテム[編集]

武器[編集]

武器は全部で7種類。切り替えはスタートボタンを押してから十字キー左右で行う。単純なポーズはセレクトボタンである。店で買うものが多いが、中には無料で手に入るものもある。なおエリア5にはこれらの武器をすべて揃えてくれる店があり、途中で入手し損ねてももう一度手に入れるチャンスがある。ただしその場合、後述のパワーアップの機会を失うことになる。

ヒートナイフ
最初から所持している武器。消費エネルギーが0なので無制限に使える通常武器的存在。近距離攻撃用で、目の前の敵を突いて攻撃する。エリア1の何処かにある中国人風の男の店でパワーアップさせることが可能で、パワーアップすると攻撃力が上がるだけでなくナイフが伸びるようになり、敵との間合いが近ければ2回ヒットするようになる。
スパイダーショット
前方にエネルギー弾を放つ飛び道具。弾は敵や壁だけでなく背景のドアに当たっても消える。DANの片手の義手に内蔵されているが記憶を失っており、エリア1にて情報を得ることで使用可能になる。ヒートナイフと同様、エリア2の何処かの店でパワーアップ(威力上昇)できる。1発につきエネルギーを2消費する。
スマートボム
撃つと上方に放物線を描いて飛ぶ飛び道具で、高い場所にいる敵に有効な武器。スパイダーショットと同様、弾は敵・壁・ドアに当たると消える。エリア2の店で購入できる。パワーアップは無し。1発につきエネルギーを6消費する。
パルサービー
発光しながら飛ぶフリスビーのような武器。敵や壁はすべて貫通して飛び、ある程度の距離を飛ぶと戻ってくる。エリア2の店で購入でき、エリア3のどこかでパワーアップ(2連射可能)の店あり。1発につきエネルギーを4消費する。
ローリングショット
主人公の周りを弾が回転する武器。射程は短いが全周囲の敵にダメージを与える。一度に全周囲へ攻撃が発生するのではなく、一つの玉が高速で周囲を回って攻撃する点に注意。エリア3の店で購入でき、エリア4にパワーアップの店あり(ただしパワーアップすると攻撃の直径が大きくなる分隙も生じやすい)。1発につきエネルギーを6消費する。
サイコブロス
前方に進みながら連続で爆発し、その爆風を発生させて敵を攻撃する武器。エリア4にて無料で入手可能。パワーアップは無し。1発につきエネルギーを4消費する。発動が遅め。
サンダーソード
前方に敵を貫通する光線を撃てる剣で、武器の中では最大の威力を誇る。エリア4の店で購入できる。パワーアップは無し。1発につきエネルギーを12消費する。背中を向けた状態(扉の無い所で↑キー)で使用すると画面がフラッシュして画面全体へ攻撃可能。ただしライフも少量消費する。

パワーアップ[編集]

画面上方、使用している武器の表示の右側の枠内に表示されるアイテム。すべて店で購入するもので、持っているだけで効果を発揮する。ただし一度にひとつしか持つことはできず、新しく買うとそれまで所持していたものは強制的に没収される。またミス(ライフ0)することでも無くなる。

スキャナーゴグル
暗闇を見渡せるゴーグル。暗い場所が明るくなって見やすくなるほか、あるトラップが見えるようになる。エリア2のみで有効。エリア5でも購入できるが罠アイテムになる。
サイコバリア
敵からのダメージが半減する。
ジェットシューズ
主人公の移動速度が1.5倍(ジャンプ移動も1.5倍)になる。

即効アイテム[編集]

1UPアイテム
DANそっくりの人形。主人公が一人追加される。背景には一部壊せる部分があり、その中に隠されている。ブロック判定になっているので、ぶつかって移動できない感触がある。
ライフ回復の薬
注射器のようなアイテム。ライフが4目盛り分回復する。1UPアイテムと同じく、背景に隠されている。
エネルギー
前述の「E」の文字のついた球状のアイテム。敵、特にマザーインクリーザーの幼体と一部の敵を倒すと出現する。緑色が10E、赤色が20E。

ストーリー[編集]

西暦2081年、地球は「インクリーザー」と呼ばれる超増殖生命体に占領されつつあった。このままでは地球は滅亡するという結論に至った人類は、DAN(ダン)という青年にバイオ技術を施しインクリーザーが発生した1999年にタイムワープさせる作戦を実行。DANは人類の希望を背負い、インクリーザーに立ち向かう。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 バイオ戦士DAN インクリーザーとの闘い 日本 2010年8月24日[3]
Windows アトラス D4エンタープライズ ダウンロード
プロジェクトEGG
-

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通24/40点[4]
ファミリーコンピュータMagazine16.99/30点[1]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[4]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、16.99点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「RPGというよりはむしろアクションゲームと言った方がしっくりとくるゲーム。また操作性もいまいちだ」と操作性に関して否定的なコメントで紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.04 2.81 2.85 2.87 2.69 2.73 16.99

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコン ロムカセット オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店、1991年5月10日、 172頁。
  2. ^ Bio Senshi Dan: Increaser tono Tatakai at GameFAQs
  3. ^ 『エスパ冒険隊』『バイオ戦士DAN』がProject EGGで配信開始” (日本語). 電撃オンライン. KADOKAWA (2010年8月24日). 2019年7月11日閲覧。
  4. ^ a b バイオ戦士DAN インクリーザーとの闘い まとめ [ファミコン]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2017年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]