峠MAXシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

峠MAXシリーズ(とうげマックスシリーズ)は、アトラスから発売されたPlayStationゲームソフトのシリーズ名。ジャンルはカーレース

概要[編集]

本格的なサーキットなどではなく「」を舞台に、スポーツカーを操り最速を目指すという内容のゲームである。コンピュータの操る車両と勝負をするバトルモードやタイムアタックモード、自分でパイロンを配置しコースを作る事ができるジムカーナモード、個性豊かなキャラクターが多く登場するストーリーモードがそれぞれのシリーズで共通して存在している。具体的な内容はシリーズ毎に異なる。

登場車[編集]

小型ではハチロクロードスター、中型ではシルビアワンエイティ、大型ではスカイラインRX-7などのスポーツカー系車両が登場する。また、隠しカー(特定の条件で登場)としてバイクスクーターや大型トラックバススーパーカーロボットまで個性的な車両も存在し、車とは関係なしにで駆けることも。

シリーズ[編集]

峠MAX 最速ドリフトマスター
1997年1月24日発売。
峠MAXシリーズ最初のソフト。パッケージはR33AE86スプリンタートレノ。サブタイトルにもあるように、ドリフトを軸としたゲーム内容になっているので、FF(前輪駆動)車両が登場しない。車の挙動は現実のそれとは大きく異なっており、ハンドルを切るだけで派手なドリフトを行うことができるようになっている。
峠MAX2
1998年9月17日発売。
シリーズ第2弾。パッケージは180SXランサーエボリューションIV。ドリフトにこだわらずを舞台にしたカーレースゲームということで、シビックなどのFF車両が登場している。車の挙動は前作よりもリアルになっており、壁にぶつかる時の衝撃なども工夫がなされている。また、レーサーの土屋圭市による監修を迎え、ドライビングテクニックを学ぶことができるモードが登場(後のシリーズにはない)。このストーリーモードだけはかなり異色の内容となっている。
峠MAXG
2000年1月13日発売。
シリーズ最後の峠MAX。パッケージはインプレッサアルテッツァ。各シリーズのパッケージには必ず二台の車がイラストであるのに対し、本作は写真が採用されている。登場車種が増えただけでなく、シリーズの目玉であるストーリーモードが非常に充実している。

関連商品[編集]