ドイツ国家社会主義労働者党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドイツ国家社会主義労働者党(ドイツこっかしゃかいしゅぎろうどうしゃとう、ドイツ語: Deutsche Nationalsozialistische Arbeiterpartei、DNSAP)は、戦間期オーストリアチェコスロバキアに存在した政党。

概要[編集]

1903年にオーストリア=ハンガリー帝国領であったチェコウースチー・ナド・ラベムで「ドイツ労働者党」(de:Deutsche Arbeiterpartei (Österreich-Ungarn))が結成された。1918年5月になって同党は「ドイツ国家社会主義労働者党」と改称した。この名称はチェコスロバキア国民社会党を模倣したと当時は党内でも受け止められ[1][2]社会主義者鎮圧法時代のドイツ社会主義労働者党からも影響を受けていたと思われる。この党はゲオルク・フォン・シェーネラーde:Georg von Schönerer)が唱えた汎ドイツ運動de:Alldeutsche Vereinigung)の支持者であり、帝国議会de:Reichsrat (Österreich))ではドイツ人が多いズデーテン地方から選出された3議席を持っていた。

オーストリア=ハンガリー帝国が1918年11月に崩壊すると、同党の支持基盤はチェコスロバキアとオーストリアに別れることになった。そこで同党もチェコスロバキアはde:Hans Knirsch、オーストリアはワルター・リールde:Walter Riehl)を代表とする二つの党に分裂する事になった。

チェコスロバキア[編集]

チェコスロバキアのドイツ国家社会主義労働者党は、ドイツ国家党de:Deutsche Nationalpartei (Tschechoslowakei))と連携し、ズデーテン地方の分離とドイツへの統合を主張した。ズデーテン地方という強固な地盤を持つ同党は数議席を安定して獲得していたが、ドイツにおけるナチ党(国家社会主義ドイツ労働者党、NSDAP)の台頭はチェコスロバキアの政府に危機感を抱かせた。ナチ党の権力掌握後の1933年10月にドイツ国家社会主義労働者党は禁止され、11月11日に正式に解散した。しかし政策や党員はコンラート・ヘンラインらのズデーテン・ドイツ人党に引き継がれる事になり、ナチス・ドイツによるチェコスロバキア併合を引き起こす事になる。

オーストリア[編集]

オーストリアのドイツ国家社会主義労働者党は国会議員選挙やザルツブルク州議会でわずかな議席を獲得したが、1924年にカール・シュルツ(Karl Schulz)のグループと(Schulzgruppe)、リールのドイツ社会主義者クラブ(Deutschsozialer Verein)に分裂した。1926年5月にはアドルフ・ヒトラーをFührer(総統)としてあおぐ、 ドイツ・ナチ党のオーストリア支部ドイツ語版 として二つの派閥は統合され、復活した。リール自身も1930年にナチスに入党した。1933年にエンゲルベルト・ドルフース首相によって活動を禁止されたが、1934年7月25日にはドルフースを暗殺してクーデターを起こそうとした。しかしこの動きは鎮圧され、1938年のアンシュルスまで地下活動を続ける事になる。

ドイツのナチ党との関連[編集]

1920年にアドルフ・ヒトラーが率いるドイツ労働者党は、チェコやオーストリアのドイツ国家社会主義労働者党の名称に倣い、「国家社会主義ドイツ労働者党」(ナチ党、ナチス)と改称した。当時、国家社会主義ドイツ労働者党では、議長アントン・ドレクスラーを中心にチェコやオーストリアのドイツ国家社会主義労働者党との密接な結合を主張する声があったが、ヒトラーが党の独自性を確保するために反対したため、この時点での連携は行われなかった[3]

脚注[編集]

  1. ^ Leftism Revisited, Erik von Kuehnelt-Leddihn, Regnery Gateway, Washington, D.C., 1990. pp 147-148
  2. ^ The Bohemian Background of German National Socialism: The DAP, DNSAP and NSDAP, Erik von Kuehnelt-Leddihn, in Journal of the History of Ideas, Vol. 9, No. 3 (Jun., 1948), pp. 339-371.
  3. ^ 村瀬興雄『ナチズムドイツ保守主義の一系譜』 (中公新書、1968年)ISBN 978-4121001542 67p

関連項目[編集]