トーマス・ウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Thomas Wolfe
トーマス・ウルフ
Thomas Wolfe 1937 1.jpg
誕生 (1900-10-03) 1900年10月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノースカロライナ州 アシュビル
死没 (1938-09-15) 1938年9月15日(満37歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州 ボルチモア
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ノースカロライナ大学チャペルヒル校
ハーバード大学
ジャンル フィクション, ドラマ
代表作 汝再び故郷に帰れず
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

トーマス・ウルフThomas Wolfe, 1900年10月3日 - 1938年9月15日)は、アメリカ合衆国小説家で、20世紀初期の偉大な小説家の一人として知られている[1]。 生前4本の長編小説と、数多の短編小説、脚本を書き、一部の小説は未完のままで終わっている。

彼の著作物は1920年代から30年代にわたって執筆・出版されており、いずれの作品も自伝的要素を含みながら、当時のアメリカ文化を反映した内容となっている。 生前は大変有名な作家で[1]、死後も、彼の信奉者であるウィリアム・フォークナーが「ウルフは自分たちの時代において最も素晴らしい作家だった」と語るほどであり[1][2]ジャック・ケルアックレイ・ブラッドベリといったビート・ジェネレーションの作家たちにも影響を与えた。

生涯[編集]

  • アメリカノースカロライナ州にて、8人兄弟の末っ子として生まれる。(ただし、うち2人が大人になる前に亡くなっている。)
  • 仲の悪い、酒飲みの父と勤勉な母に育てられ、辛い少年期を過ごす。
  • 16歳の時にノースカロライナ大学に入学、舞台文学を学び卒業する。
  • ハーバード大学に進学し、卒業直後に父親が亡くなる。
  • 1923年、ニューヨークに引っ越し、英語の教師をしながら、執筆活動を始める。
  • 1925年以降、ヨーロッパに旅行をするようになり、それがきっかけで、既婚で18歳年上のステージデザイナーだったアリーンと出会う。
彼女との恋愛が、田舎の貧しい家庭で育ち偏見に満ちていた彼の性格を変える。

主な著作[編集]

  • Look Homeward, Angel (1929年)
  • Of Time and the River (1935年)
  • From Death to Morning (1935年)
  • The Story of a Novel (1936年)
  • The Lost Boy (1937年)
  • The Web and the Rock (1939年)
  • You Can't Go Home Again (1940年)
  • The Hounds of Darkness
  • The Hills Beyond (1941年)
  • A Western Journal: A Daily Log of the Great Parks Trip, June 20-July 2, 1938 (1951年、原書はピッツバーグ大学出版局が出版)
  • The Letters of Thomas Wolfe (1956年)
  • Short Novels of Thomas Wolfe (1961年)
  • The Mountains: A Play in One Act; The Mountains: A Drama in Three Acts and a Prologue (1970年)
  • Welcome to our City: A Play in Ten Scenes (1983年)
  • Beyond Love and Loyalty: The Letters of Thomas Wolfe and Elizabeth Nowell edited by Richard Kennedy (1983)
  • My Other Loneliness: Letters of Thomas Wolfe and Aline Bernstein (1983)
  • Mannerhouse: A Play in a Prologue and Four Acts (1985年)
  • The Collected Stories (Francis E. Skipp, ed.) (1987年)
  • To Loot My Life Clean: The Thomas Wolfe-Maxwell Perkins Correspondence (2000年)
  • O Lost: A Story of the Buried Life (2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Reeves, Paschal (1974) [1974]. Thomas Wolfe, The Critical Reception. Ayer Publishing. p. xvii. ISBN 0891020500. 
  2. ^ Thomas Wolfe’s Final Journey”. Virginia Quarterly Review (2009年8月14日). 2009年11月10日閲覧。
  3. ^ Bio”. UNC Wilmington Library. 2009年11月10日閲覧。