トーマス・ウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Thomas Wolfe
トーマス・ウルフ
Thomas Wolfe 1937 1.jpg
誕生 1900年10月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノースカロライナ州 アシュビル
死没 1938年9月15日(満37歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州 ボルチモア
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ノースカロライナ大学チャペルヒル校
ハーバード大学
ジャンル フィクション, ドラマ
代表作 汝再び故郷に帰れず
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

トーマス・ウルフThomas Wolfe, 1900年10月3日 - 1938年9月15日)は、アメリカ合衆国小説家で、20世紀初期の偉大な小説家の一人として知られている[1]。 生前4本の長編小説と、数多の短編小説、脚本を書き、一部の小説は未完のままで終わっている。

彼の著作物は1920年代から30年代にわたって執筆・出版されており、いずれの作品も自伝的要素を含みながら、当時のアメリカ文化を反映した内容となっている。 生前は大変有名な作家で[1]、死後も、彼の信奉者であるウィリアム・フォークナーが「ウルフは自分たちの時代において最も素晴らしい作家だった」と語るほどであり[1][2]ジャック・ケルアックレイ・ブラッドベリといったビート・ジェネレーションの作家たちにも影響を与えた。

生涯[編集]

  • アメリカノースカロライナ州にて、8人兄弟の末っ子として生まれる。(ただし、うち2人が大人になる前に亡くなっている。)
  • 仲の悪い、酒飲みの父と勤勉な母に育てられ、辛い少年期を過ごす。
  • 16歳の時にノースカロライナ大学に入学、舞台文学を学び卒業する。
  • ハーバード大学に進学し、卒業直後に父親が亡くなる。
  • 1923年、ニューヨークに引っ越し、英語の教師をしながら、執筆活動を始める。
  • 1925年以降、ヨーロッパに旅行をするようになり、それがきっかけで、既婚で18歳年上のステージデザイナーだったアイリーンと出会う。
彼女との恋愛が、田舎の貧しい家庭で育ち偏見に満ちていた彼の性格を変える。

主な著作[編集]

  • Look Homeward, Angel (1929年)
  • Of Time and the River (1935年)
  • From Death to Morning (1935年)
  • The Story of a Novel (1936年)
  • The Lost Boy (1937年)
  • The Web and the Rock (1939年)
  • You Can't Go Home Again (1940年)
  • The Hounds of Darkness
  • The Hills Beyond (1941年)
  • A Western Journal: A Daily Log of the Great Parks Trip, June 20-July 2, 1938 (1951年、原書はピッツバーグ大学出版局が出版)
  • The Letters of Thomas Wolfe (1956年)
  • Short Novels of Thomas Wolfe (1961年)
  • The Mountains: A Play in One Act; The Mountains: A Drama in Three Acts and a Prologue (1970年)
  • Welcome to our City: A Play in Ten Scenes (1983年)
  • Beyond Love and Loyalty: The Letters of Thomas Wolfe and Elizabeth Nowell edited by Richard Kennedy (1983)
  • My Other Loneliness: Letters of Thomas Wolfe and Aline Bernstein (1983)
  • Mannerhouse: A Play in a Prologue and Four Acts (1985年)
  • The Collected Stories (Francis E. Skipp, ed.) (1987年)
  • To Loot My Life Clean: The Thomas Wolfe-Maxwell Perkins Correspondence (2000年)
  • O Lost: A Story of the Buried Life (2000年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Reeves, Paschal (1974) [1974]. Thomas Wolfe, The Critical Reception. Ayer Publishing. p. xvii. ISBN 0891020500. 
  2. ^ Thomas Wolfe’s Final Journey”. Virginia Quarterly Review (2009年8月14日). 2009年11月10日閲覧。
  3. ^ Bio”. UNC Wilmington Library. 2009年11月10日閲覧。