須山静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

須山 静夫(すやま しずお、1925年 - 2011年7月10日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家小説家静岡市出身。

概要[編集]

横浜工業専門学校造船科卒業後、1947年に農林省水産局漁船課に入省する。1952年より、ガリオア資金による留学生としてアメリカに渡り、ミシガン大学で1年間学ぶ。その後、明治大学文学部夜間三年に編入学し、青沼一郎の教えを受け、1954年卒業し大学院に進学、農林省水産庁を退職。

1956年に明治大学文学部の助手となる。1971年『しかして塵は-』で第3回新潮新人賞受賞。明治大学教授に就いた。

1978年『神の残した黒い穴』で第1回アメリカ研究図書賞受賞、1994年明治大学を退職し聖学院大学教授、2001年退職。

最初の妻を病気で失い、長男(名前はウィリアム・フォークナーに由来)を事故で失った苦悩を描いた自伝小説『墨染めに咲け』を晩年に刊行した。

著書[編集]

  • 『神の残した黒い穴 現代アメリカ南部の小説』花曜社 1978
  • 『海鳴り』近代文芸社 1981
  • 『腰に帯して、男らしくせよ』東峰書房 1986
  • 『墨染めに咲け』新宿書房 2008
  • 『クレバスに心せよ! アメリカ文学、翻訳と誤読』吉夏社 2012 
  • 『地下に潺潺たる水の音を聞け』吉夏社 2013

翻訳[編集]

関連書籍[編集]

  • 松本昇・大崎ふみ子・行方均・高橋明子編『神の残した黒い穴を見つめて 須山静夫先生追悼論集』(音羽書房鶴見書店、2013)
  • 尾崎俊介『S先生のこと』(新宿書房、2013)、同年日本エッセイスト・クラブ賞
    • 著者はアメリカ文学者で、学生時に非常勤講師で出会い師と仰いた須山との交流の思い出を綴った。