松本昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 昇(まつもと のぼる、1948年11月 - )は、アメリカ文学者、前国士舘大学教授。

長崎県生まれ。明治大学文学部卒。同大学院博士後期課程満期退学。

共編[編集]

翻訳[編集]

  • 未完の革命 キング、マルカム、ボールドウィン対談集 ケニス・B.クラーク編 福田千鶴子共訳 青磁書房 1988.6
  • メキシコから来たペット アメリカの「都市伝説」コレクション /ジャン・ハロルド・ブルンヴァン 行方均共訳 新宿書房 1991.2
  • ハーストン作品集 1 彼らの目は神を見ていた 新宿書房 1995.4
  • ヨーロッパ放浪記 下 行方均共訳 マーク・トウェインコレクション 8B 彩流社 1996.9
  • 黒人文学と見えない都市 アメリカ/スイートホーム チャールズ・スクラッグズ 行方均、福田千鶴子共訳 彩流社 1997.10
  • 見えない人間 ラルフ・エリスン 南雲堂フェニックス 2004.10
  • 影と行為 ラルフ・エリスン 行方均,松本一裕,山嵜文男共訳 南雲堂フェニックス 2009.7
  • シグニファイング・モンキー もの騙る猿/アフロ・アメリカン文学批評理論 ヘンリー・ルイス・ゲイツ・ジュニア 清水菜穂と監訳 南雲堂フェニックス 2009.12