山本伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 伸(やまもと しん、1962年 - )は、日本の文学者四日市大学環境情報学部教授和歌山県生まれ。専門はカリブ文学。

来歴[編集]

1986年立命館大学文学部英米文学専攻卒業、静岡大学大学院教育学研究科修了。黒人文学、特にカリブ文化圏の文学を専門にする。静岡大学大学院在学中にコロンビア大学に留学、アフリカ系アメリカ人文学、カリブ文化(トリニダード・トバゴなど)・文学を研究する。現在は四日市大学環境情報学部メディアコミュニケーション専攻の教授を務める。かたわら、FMラジオのDJも務める。番組名は、『山本伸のマンデーナイトグルーブ』(毎週月曜夜7時から生放送)。

主な著書(共編、共著)[編集]

  • 『地球村の行方 グローバリゼーションから人間的発展への道』(共著、1999年、新評論
  • 『世界の黒人文学 アフリカ・カリブ・アメリカ』(共著、2000年、鷹書房弓プレス)
  • 『カリブ文学研究入門』(2004年、世界思想社
  • 『二〇世紀アメリカ文学を学ぶ人のために』(共著、2006年、世界思想社)
  • 『下からのグローバリゼーション 「もうひとつの地球村」は可能だ』(共著、2006年、新評論)
  • 『浄土真宗と現代』(共著、2000年、文理閣
  • 『バード・イメージ 鳥のアメリカ文学』(共編、2010年、金星堂
  • 『土着と近代:グローカルの大洋を行く英語圏文学』(共著、2015年、音羽書房鶴見書店)
  • 『琉神マブヤーでーじ読本:ヒーローソフィカル沖縄文化論』(2015年、三月社)

翻訳[編集]

外部リンク[編集]