細入藤太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細入藤太郎(ほそいり とうたろう、1911年2月16日 - 1993年12月29日)は、アメリカ文学者、アメリカ史学者、立教大学名誉教授。

経歴[ソースを編集]

横浜市生まれ。1936年、立教大学英文科卒、37年、カールトン大学文学部英文学科卒、ハーバード大学大学院文学研究科G.Chaucer博士課程修了。1946年、清水幾太郎大河内一男らとともに、財団法人二十世紀研究所を設立、のち理事長。立教大学教授、昭和大学教授、帝京大学教授を歴任した。

八王子市鑓水に約1万平米の別荘地を所有し、敷地内の個人礼拝所は、死後、細入の洗礼名にちなみ、鑓水聖ケネス教会(八王子市鑓水1956)と名付けられて日本聖公会八王子復活教会の分教会になっている[1][2][3]

著書[ソースを編集]

共著・編著[ソースを編集]

  • 『現代アメリカ読本』 コバルト社 1947
  • 『新批評』 南雲堂 1958

翻訳[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 人事(6月22日付) 日本聖公会、東京教区時報、2001年7月15日
  2. ^ 《今、この教会では…》 鑓水聖ケネス礼拝堂日本聖公会、東京教区時報、2008年9月28日
  3. ^ 日本聖公会聖ケネス教会 地図