鈴木幸夫 (英文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 幸夫(すずき ゆきお、1912年1月28日 - 1986年12月24日)は、英文学者推理作家早稲田大学名誉教授。

人物[編集]

大阪府出身。早大英文科卒、旧制大学院修了。1939年、早稲田大学理工学部講師就任。1954年、早稲田大学文学部教授専属。82年定年、名誉教授、跡見学園短期大学教授、学長を務めた。

1951年、探偵作家クラブ新年会の犯人当てゲームで2年連続して正解した実績を買われ、同ゲームのために「痴人の宴」を書き下ろし、それが千代有三の筆名で『宝石』に掲載されて、探偵作家としてデビュー。1957年、ワセダミステリクラブ初代会長をつとめた。

1958年にワセダミステリクラブ会員の大藪春彦が作家デビューするが、これは鈴木が彼の作品『野獣死すべし』を江戸川乱歩に紹介し、乱歩が『宝石』への掲載を推薦したことによる。

探偵作家クラブ(日本推理作家協会)会員で、1958年8月より会報の編集を担当。乱歩賞や協会賞の予選委員を務めた。英米文学研究のかたわら海外ミステリの紹介にも従事。

またジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』の翻訳を『早稲田文学』に連載したが、後半は単行本化されなかった。

著書[編集]

  • アメリカ現代文学 作家と作品 白桃書房 1946
  • 現代英吉利文学作家論 新美社 1947
  • イギリス文学主潮 青山書院 1949
  • アメリカ文学主潮 早稲田大学出版部 1955 (早稲田選書)
  • 英米の推理作家たち 評論社 1980.12 (英米文学シリーズ)
  • 道草ばなし 弓書房 1987.12

千代有三名義[編集]

  • 千代有三探偵小説選〈1〉横井司編 論創社 (論創ミステリ叢書) 2015/2/28
  • 千代有三探偵小説選〈2〉横井司編 論創社 (論創ミステリ叢書)2015/4/1

共編著[編集]

  • コンサイス英文法辞典 東浦義雄共編 拓文社 1949
  • 入門英文法辞典 東浦義雄共編 拓文社 1950
  • 英文法一週間 東浦義雄共著 十字屋書店 1951 (入試対策叢書)
  • 詳解英文法辞典 東浦義雄共編 拓文社 1952
  • 英文法辞典 東浦義雄共著 三省堂出版 1955
  • 世界文学鑑賞辞典 第1 イギリス・アメリカ 東京堂 1962
  • 英文法用例辞典 東浦義雄共著 三省堂 1965
  • 文学思潮 東京堂出版 1967
  • 新選英文解釈補習問題集 三省堂 1967.2
  • 現代英米文学鑑賞辞典 東京堂出版 1976
  • 英米文学辞典 東京堂出版 1978.12
  • ジョイスからジョイスへ ジェイムズ・ジョイス研究集成 東京堂出版 1982.7
  • 英語反対語・対比語辞典 対比連想による語彙拡大の書 岡田秀穂共編 東京堂出版 1984.2
  • 英米文学名句名言辞典 東京堂出版 1986.1

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • フェニックスを求めて 英米小説のゆくえ 鈴木幸夫先生古稀記念論文集刊行委員会 南雲堂 1982.6

参考[編集]

  • 日本人名大事典