浜田政二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浜田 政二郎(はまだ まさじろう、1898年1月 - 1981年1月24日)は、アメリカ文学者。

神戸市生まれ。1930年東北帝国大学英文科卒、宮城県立女子専門学校専任講師。31年広島女学院専門学校教授、34年米国南メソジスト大学大学院入学、36年修士課程修了、42年神戸高等工業学校専任講師、同教授、49年神戸大学教授、60年定年退官、甲南大学教授、72年「アメリカのユートピア文学」で東北大学文学博士、74年甲南大退職、名誉教授。

マーク・トウェインウィラ・キャザーを研究した。

著書[編集]

  • 『新説アメリカ文学』八雲書店 1948
  • 『マーク・トウェイン 性格と作品』研究社出版(研究社選書) 1955
  • 『キャザー研究』南雲堂不死鳥選書 1960
  • 『ユートピアとアメリカ文学』研究社出版 1973

翻訳[編集]

  • ジョン・ウルマン『ウールマンの日記』西村書店 1948
  • マーク・トウエイン『赤毛布外遊記』新月社 1949 (英米名著叢書) のち岩波文庫
  • ウイラ・キャザー『私のアントニーア』河出書房 1951 (二十世紀文学選集)
  • ウイラ・キャザー『ポールの場合・悪い噂』鈴木幸夫共訳 英宝社 1956 (英米名作ライブラリー)

参考[編集]

  • 浜田政二郎博士の履歴と業績「甲南大学紀要」1974