ウィラ・キャザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウィラ・キャザー(1936年)

ウィラ・キャザーWilla Cather, 1873年12月7日 - 1947年4月24日)は、アメリカ合衆国の女流作家[1]小説家。20世紀初めのアメリカを代表する作家のひとりである。

ヴァージニア州に生まれたが、9歳のとき家族とともにネブラスカ州のレッド・クラウドという移民たちが土地を開拓している村に移りすむ。ネブラスカ大学リンカーン校を卒業し、ピッツバーグで高等学校の教師になった。そののち、ニューヨーク雑誌編集者をしながら創作に励み、やがて小説家となった。1923年、 One of Oursピュリッツァー賞を受賞。ニューヨークで1947年に亡くなった。

作品[編集]

長編小説[編集]

  • アレグザンダーの橋(Alexander's Bridge、1912年)
  • おお開拓者よ!(O Pioneers!、1913年)
  • ひばりの歌(The Song of the Lark、1915年)
  • マイ・アントニーア(My Ántonia、1918年)
  • われらの一人(One of Ours、1922年)
  • 迷える夫人(A Lost Lady、1923年)
  • 教授の家(The Professor's House、1925年)
  • 私の不倶戴天の敵(My Mortal Enemy、1926年)
  • 大司教に死来る(Death Comes for the Archbishop、1927年)
  • 巌の上の影(Shadows on the Rock、1931年)
  • 別れの歌(Lucy Gayheart、1935年)
  • サファイラと奴隷娘(Sapphira and the Slave Girl、1940年)

短編小説[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Perfect Antidote to Trump”. www.nytimes.com. www.nytimes.com (2019年7月19日). 2020年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]