デストロ246

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デストロ246
ジャンル ガンアクション
漫画
作者 高橋慶太郎
出版社 小学館
掲載誌 月刊サンデージェネックス
レーベル サンデーGXコミックス
発表期間 2012年5月号 - 2016年5月号
巻数 全7巻
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

デストロ246』は、高橋慶太郎による日本漫画作品。『月刊サンデージェネックス』(小学館)にて2012年5月号から2016年5月号まで連載。

概要[編集]

現代日本を舞台に、女子高生の殺し屋同士の戦いを描くガンアクション漫画。作者の前々作『Ordinary±』の主要人物もレギュラーで登場しており、同作の続編と言う面も持つ。

作者曰く「女の子ばかり描いていたいとお願いしたところ、願いが叶った漫画[1]」「男キャラはザコしか出て来ない[2][3]」とのこと。単行本第1巻初版には、こうした作者のコメントに編集者による「クソ凶暴な女子がメイン」という文言を足したものがキャッチコピーとしてに掲載された[3]

タイトルの「246」は「にーよんろく」と読み、意味は国道246号のことで、殺し屋たちの「シマ」をイメージしている[4]

物語は東京で発生した殺し屋たちの闘いの経緯を、美濃芳野がレポートする形ではじまる[5]

あらすじ[編集]

実業家の透野隆一は、家族を毒殺され復讐のために生きるようになり、南米の麻薬組織から少女の殺し屋を2人購入した。透野は2人に「」「」と名付け、日本に連れ帰る。来日した翠と藍は隆一の意を受けて、暴力団を次々と襲い嬲り殺しにしていく。その過程で2人は、政府機関の殺し屋である少女「伊万里」と出会い、同じ殺し屋として強く惹かれる。また、女子高生の暴力団組長「」、その同級生兼護衛である「蓮華」「南天」とも遭遇し、反発しあい、アサシンキラー(殺し屋殺し)として抗争に身をやつしてゆく。

登場人物[編集]

透野グループ[編集]

藍、翆
隆一が南米で買った2人の殺し屋少女。共に幼少時からエリート教育を施された生粋の殺し屋。生国である南米の下から数えて2番目くらいの貧しい生まれで、生きていくために人を殺すか、体を売るかを訊かれて殺すことを選び、性行為は主人の命令であっても応じない。知識によって殺人に対する精神的負荷から心の均衡を保つように錯覚させるマインドセットを受けているため、大量の本を読む。隆一が南米より連れ帰ったところ、学校に通うことを希望し、共に私立豊穣入谷の2学年に転入した。そして東東京の暴力団や殺し屋を無差別に襲撃しながら隆一の妻子を毒殺した「毒を使う殺し屋」を探している。主人だからというだけでなく、ふたりとも隆一を個人的に慕っている。
主人の命令には忠実だが一般人として振舞うのは不得手で、また主人の命令に反しない限り目的のためには状況や手段を選ばないため、伊万里には「犬」と評される。また、「自分達と同じ種類の人間」を試したがる傾向があり、わざと殺気を醸し出して街中を歩き回ったりしている。
隆一が殺害された後も、復讐を受け継ぐとして、闘争を続行を宣言しており、五角からの賞金首になっている他、仙崎も伊万里に藍と翆の始末を命じている。
透野藍(とうの あい)
隆一から藍と言う名前をもらった長身で茶髪ロングの少女。17歳。男子生徒からはモテている。砕けた口調で、「ヒョヒョヒョ」という独特な笑い方をする。翠よりは世慣れており、キレやすい翠をなだめたりケムリに狙われた伊万里を条件反射で救ったりと、僅かながら人間臭い所がある。グロックシリーズの拳銃を使用。
透野翠(とうの すい)
隆一から翠と言う名前をもらった長身で黒髪ショートの少女。17歳。女子生徒から良く告白されている。口調は丁寧だが藍よりもキレやすく、特に読書の邪魔をされると無意識に不機嫌な顔になりやすい。フラッシュライト付きのSIG SAUER P226を使用。
透野隆一(とうの りゅういち)
全国規模のレストランチェーン「トーノフーズグループ」を経営する若き実業家で、女性のような容姿と穏やかな物腰の青年。犯罪組織によって妻子を毒殺されたことで絶望し、それまでの「まっとうなやり方」を止め、名無しの殺し屋少女2人を南米のボス・ディアスから買い取り、彼女達に名前を与え、妻子の仇探しと殺し屋殲滅の使命を与えた。2人への支援を惜しまず、日本中のグループ傘下のビル最上階に2人のための部屋と、武器弾薬を常備させている。2人からは「優しいご主人様」と認識され慕われている。
妻子を殺害した犯人が沙紀であることを知った矢先にサイモンを殺され、次に自身も沙紀に殺されてしまうが、藍と翠に500億円の秘密口座を遺す。
サイモン・サイトウ
表向きは隆一の税務処理を担当、裏社会ともつながりがあるようで、隆一に藍と翆を斡旋した。藍と翆の標的に関する情報収集や調達もやっている。藍と翠からはサイサイさんと呼ばれている。
隆一の前に沙紀に殺される。

伊万里と周辺人物[編集]

Ordinary±』の項も参照のこと。

的場伊万里(まとば いまり)
『Ordinary±』の主人公。表の顔は大人しく無口で、裏の顔は『文部省教育施設特査』という作品中の架空部署所属の殺し屋の少女。西東京総合学園に通い、この作品では高校3年生になっている。髪は黒色のショートカット。かなり小柄で、藍や翠からは新宿のチビ、苺からはコロボックルと呼ばれた。現在は『文部省教育施設特査』がまともに機能しておらず、与えられる「任務」に虚しさを感じながらも、普通の女子高生として生きたいと願うようになっており、生き方の均衡を崩しつつある。中国の組織に殺し屋「オウル()」として育てられ、驚異的な戦闘力を発揮する洗脳が施されており、その反動で時々頭痛に襲われる。任務外では戦いたくないと思っているものの、時々「戦闘モード」に入る時があり、一度戦った藍も「間合いが広くて動きが早い」と応戦に手こずった。サプレッサー付きのベレッタM92を使用。
美濃芳野(みのう よしの)
伊万里の友人で、関西弁が特徴の女闇医者。仙崎から派遣された伊万里の監視役と言う立場だが、心情的には伊万里の味方で、伊万里に掛けられた洗脳を解く方法を模索中。ヘビースモーカー。
仙崎時光(せんざき ときみつ)
伊万里の上司で、資産家一族のはみ出し者。巨大学園プロジェクトの中で起こる悪事を消すために伊万里を使っていたが、芳野からはそのことに飽きて、現在は目に付いた悪を消すことに伊万里を使っていると見られている。
洲央(すおう)
仙崎からの任務を伊万里に伝える連絡員。伊万里が任務を遂行する際、事前のお膳立てや現場の後始末を指揮し、伊万里の任務の遂行を確認するなど、現場監督のような立場である。
一ノ瀬葉子(いちのせ ようこ)
伊万里と同じ西東京総合学園に通う同級生。脳医学を独自に解釈できるほどの頭脳明晰だが、授業にはあまり出席しておらず、孤独な学園生活を送っている。パソコンやデジタル・スキルに長けており、興味本位で映像型のデジタル・ドラッグ「ホログラム」を作り、アメリカの会員制のサイトに置いたが、そのことで麻薬密売グループから命や腕を狙われることになる。動機が金儲けではなく愉快目的だったことが伊万里に理解を示されたため、伊万里から見捨てられずに済み、幾度となく命を守られることになり、伊万里に友人になりたいと希望して受け入れられる。異様に制服のスカート丈が短い。
伊万里が洗脳されていることに気付き、その負荷を和らげたいと芳野に相談している。

万両組と周辺人物[編集]

横浜暴力団。表向きは不動産業および住宅斡旋業。主な資金源はアイスエクスタシーの密売で、他に株取引やお嬢様女子高生を専門にした高級売春組織の運営もしている。

万両苺(まんりょう いちご)
「万両組」の跡取りであり、事実上の組長である女子高生。私立聖モシカ女子高の生徒。おかっぱ頭で眼鏡をかけ、派手な指輪や時計を身につけている。護衛の蓮華と南天からは「姫」と呼ばれている。職業柄、頭の回転と記憶力が良く、特に顔と声が一致した人間は忘れない。何かと逆上しやすく、すぐに不機嫌になり、蓮華と南天を使って暴力を行使させたり殺人を行うことも厭わないが、状況に応じて自分を抑える冷静さも持ち合わせている。戦闘能力は皆無に等しいが、毒薬の扱いに長けている。幼馴染でもある蓮華と南天とは、相互に深い信頼と情愛を寄せ合う仲。揃って同性愛者であり、レズビアン二人を相手にいつも3Pしたり、山王寺を性奴隷にしたりしている。警察幹部との癒着などはするが基本的に大の警察嫌い。しかし、みのりだけは「調子の狂う相手」と言いながらも気に入っている。翠と藍、そして伊万里に対しては、万両組系列の東東京の「ヤクザ潰し」と、西東京の「麻薬ルート潰し」の実行犯だと直感で判断し、個人的感情もあって殺したがっているが、伊万里の負荷状態を読んでおり、やりあって損害を被るよりも相手が潰れるのを待つことを選択する。
市井蓮華(いちい れんか)
苺の護衛でクラスメートの女子高生。「万両組」の組員からは、さん付けで呼ばれている。金髪碧眼の持ち主で、本人曰く「日本人」だが、伊万里はロシア系のハーフと分析している。髪の毛をドクロの髪留めでバックに纏めており、背中にオールドスケータースタイルな髑髏のグラフティがあしらわれたピンクのパーカー[6]を制服の上に着ている。苺の命令より戦闘を優先してしまうこともあるような戦闘狂とも言える性格。レズビアンで苺にベタ惚れしており、苺に街中でもキスしたりセックスに誘ったりしている。父親が殺しの師であり、強敵に出会うと「お父ちゃん」と比較する。重火器よりもナイフやマシェットを使って戦うスタイルを好む。
佐久良南天(さくら なんてん)
苺の護衛でクラスメートの女子高生。「万両組」の組員からは、さん付けで呼ばれている。大柄な体格に長い茶髪と巨乳の持ち主。あっけらかんとしたやや幼稚な性格だが、蓮華に劣らずの戦闘狂である。その容姿から「いくら?」と良く聞かれたりするので歌舞伎町のような街が嫌い。甘いモノ好き。怪力の持ち主で、車のナンバープレートを片手で引き剥がしたり、大の男を抱え上げたり出来る。小学一年の頃から万両組の武器係であった父親を手伝っており、銃火器などが詰まったトランクを4つ担いで運んだりしている内に基礎体力が養われ、後に南天の才能を見出した蓮華の父親から格闘術の手ほどきを受けた。レズビアンで苺にベタ惚れしている。蓮華とは息の合ったコンビであり、暴走しやすい蓮華の押さえ役でもある。ナイツPDWを使用するが、メリケンサックを装着して相手を瀕死にするほど殴りつけることもある。
梅花(まいか)
万両組の情報収集担当で、苺たちと同世代の少女。苺たちと同じ私立聖モシカ女子高の生徒だが、「仕事」のため学校にはほとんど通っていない様子。尾行など仕事中は電話に出られないことが多いため、連絡をとるのは早朝になってしまう。移動には自転車を愛用しており、釣りが趣味。
綾瀬せつな(あやせ せつな)
苺の幼馴染みの女子高生。帰国子女で「聖モシカ・インターナショナルスクール」の生徒会長。県警トップの娘で、苺とは父親同士の繋がりで知り合った。髪型はボブカット。喫煙者で良くタバコをくわえている。
人当たりの良い飄々としたお嬢様だが、頭が良く裏表の激しい性格で、本性は尊大で傲慢な野心家。苺にはどんな条件でも相手を信用させてしまう能力を持つと評されており、お嬢様女子高生からなる高級売春組織「アンバークイーン」を任されている。幼い頃から格上の友人的存在だった苺を「越えたい」と思い、偽情報を用いることで藍と翆をけしかけて抹殺し、縄張りを乗っ取ることを画策したが、2人には信用されずに失敗に終わり、逆に命を狙われて負傷する羽目に陥る。その後、鷹揚に彼女の裏切りを許した苺によって、藍と翆の追撃をかわすためにマリアと共にアメリカへ放逐された。
マリア
せつなの護衛で同じインターナショナルスクールに通う女子高生。金髪ショートカットで黒縁眼鏡を着用しており、巨乳。せつなをはじめ、仲間からは「マー」と呼ばれることが多い。アメリカのシールズ隊員の娘で、親から銃器の扱いや戦闘技術を仕込まれた。アフガニスタン戦線でその親を失い、無頼となっていた所を苺に拾われ、彼女の斡旋でせつなの部下となる。苺に対する忠誠心は希薄でせつなを自らの「王」と信奉し、またレズビアンの関係を持っており、せつなが苺を裏切る計画を立てた際にも積極的に加担した。H&K MP5を使用する。

CIA[編集]

紅雪(べにゆき)
白い髪が特徴のCIA(作中における通称は「カンパニー」)の殺し屋少女。伊万里ほどではないが小柄な体格。自身を「紅雪サマ」と呼び自分に勝てる者はいないと豪語する尊大な性格。翠曰く、殺し屋業界的にはちょっとしたアイドル的存在。伊万里を育てた中国の組織に殺し屋「イーグル(白頭鷲)」として育てられた。殺しの際は返り血が目立たないように赤いパーカーを着ることが多い。スクリームの指示で、伊万里に変装して芳野を襲撃するが、居合わせた翠と藍に応戦され優勢でありながら撤退する。デザートイーグル10インチモデルを使用。口癖は「フジャッケンナ!」 苺タルトが好物。 
スクリーム
CIAの女性職員で、紅雪の監視兼お守役で、紅雪に殺しの指令を出す。外見から芳野や紅雪にはビッチ呼ばわりされている。
スタートレック
アフガニスタン陸特を指揮していたCIAの現場屋。葉子の作ったデジタル・ドラッグの「ホログラム」が自分の麻薬密売のルートを乱すとみなし、葉子を殺害する旨の断りを伊万里に入れている。翠と藍によって復讐の一環として五角商事の麦澤会長が殺害され、日本における後ろ盾を失ったことから、自身が命を狙われる羽目になり、最後はスクリームに変装した紅雪に殺される。

サハリンマフィア[編集]

姉ちゃん
情報機関あぶれの女幹部。自分はサハリンを動かず少年少女を洗脳し殺し屋に仕立て、そのアガリで儲けている。梅花曰く女王蟻。顔は登場せず、水着姿である後ろ姿しか描かれなかった。カンパニーからの指示で、ラスベガスに遊びに来たところを紅雪に襲撃され殺された。
ケムリ
サファリンマフィアに所属する背の低い少年の殺し屋。高所から狙撃するが腕は良くなく、数発で諦め姿を消すのが特徴。伊万里にも名を知られていた。「姉ちゃん」に洗脳され「姉ちゃんの治療代を稼ぐため」という理由で仕事を請け負っていた。殺しの依頼により伊万里を狙うが、居合わせた翠に対物ライフルで狙撃されて死亡した。M4カービン系列の狙撃用タイプを使用。
南雲正臣(なぐも まさおみ)
サハリンマフィアの協力者で、西東京総合学園の化学科非常勤講師。学園内の施設で薬物を精錬し手引きしていたが、マフィア組織が壊滅したうえ苺に見切られ逆上していたところを伊万里に襲撃され殺された。
佐伯基香(さえき もとか)
南雲の頭の中の薬物のレシピを守るために、「姉ちゃん」が南雲に譲り渡した武装護衛。表向きは西東京総合学園の3年生で、伊万里とは同学年。刃渡りの長い大型ナイフを使い、戦闘では伊万里の射線を躱すほど俊敏に動く。マインドセットの手段がセックスであり、人殺しのストレスを忘れるために男性と行為に耽っている。南雲と「姉ちゃん」を殺されて失い、頭の中の黒い重かったものが吹き飛んだと伊万里に告白している。

五角グループ関連[編集]

沙紀(さき)
首都圏で最高クラスの殺し屋。15社からなる企業グループの五角グループの仕事を引き受けている。元自衛官で五角の大幹部の私生児で、グループ幹部のことを「パパたち」と呼ぶ。容姿端麗で殺し屋とは思えないほど無邪気で平然としているが、銃、体術、毒術などあらゆる技に精通しており、無関係の一般人を平気で何人も爆死させるなど残忍な性格。苺に毒術を仕込んだ人物でもある。ショートカットであるが、長髪のカツラも着用している。
五角地所の意向から、透野隆一の妻子を殺害した犯人であり、そのことを突き止めた藍と翠の動きを察知し、先んじてサイモンと隆一をも殺害する。
蝶子(ちょうこ)
汐留のマンションで沙紀と同居している女性。情報通であり、入ってきた様々な情報を沙紀に伝える。蛍田みのりとも繋がりがある。
蛍田みのり(ほたるだ みのり)
警視庁生活安全部少年事件課の女刑事、階級は巡査。伊万里の顔見知り。気が弱そうな、どこか抜けたところのある親しみやすいお姉さんと言った警察官らしからぬ女性だが、殺し屋に気配を気付かれず接近でき、意図せず殺し屋を集めてしまう性質の持ち主。警察嫌いの苺ですら「みのりちゃん」と呼んで気に入っており、なるべく彼女の前では素を出さないようにしている。
実は沙紀と同じく五角グループ大幹部の私生児であり、五角に情報を流している悪徳警官である。

その他の人物[編集]

ボス・ディアス
南米某国の麻薬組織のボス。翠と藍の前の飼い主。性行為にも応じる新しい戦闘メイドが手に入ったことから2人を売ったが、思惑に反して透野隆一が既に命令権を奪うコードを知っていたため、その場で手下を皆殺しにされた挙句自身も2人に殺された。
山王寺(さんのうじ)
苺と同じ高校の女生徒で、ビル屋の山王子グループの跡取り娘。お嬢様風の長い黒髪が特徴。お嬢様にしては言動が悪く、学校で目立つ苺を目の敵にし虐めに走ったが相手にされず、捨て台詞で彼氏の暴走族の密売ルートをちらつかせる不用意な発言をしたため、苺に目の前で彼氏である圭壱を殺され、自身は将来的な金づる兼性奴隷にされることになる。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 単行本1巻カバー折り返しの作者コメント。
  2. ^ 連載開始時の雑誌の新連載コーナーコメント、第1巻の帯の惹句。
  3. ^ a b “はじめの1巻 : 「デストロ246」 女子高生殺し屋がバトル 「男はザコしか登場しません」”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2013年2月8日). http://mantan-web.jp/2013/02/08/20130208dog00m200011000c.html 2013年2月9日閲覧。 
  4. ^ 作者Twitterより
  5. ^ 第一話5Pでのレポートにて、一人称が「ウチ」であることから。
  6. ^ デザイン原案は作者の知人であるfujiwaraで、パーカーは架空のブランド「MxOxUxT」のものという設定

外部リンク[編集]