高橋慶太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高橋 慶太郎(たかはし けいたろう、1978年[1] - )は、日本漫画家イラストレーター神奈川県出身。子供の頃についていたあだ名は「浜慶」。「慶」が使われているだけの店の名前からとったもの。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科中退。

来歴[編集]

1999年に投稿作品『Ordinary±』が講談社アフタヌーン四季賞に準入選、『アフタヌーンシーズン増刊』に掲載されデビューとなる。『Ordinary±』は同誌で連載化したが、まもなく雑誌休刊のため中断し、その後本誌『月刊アフタヌーン』に一度読み切りとして登場したものの、未完のまま終了となった。同作は出版社を改め、2007年11月19日小学館GXコミックスより単行本発売。

月刊サンデージェネックス』(小学館)にて『ヨルムンガンド』の連載が開始されるまでの空白期間、東京ポンポン堂名義での同人活動や、数本の読み切り、小説挿絵集英社スーパーダッシュ文庫砂浦俊一著、『隣のドッペルさん』シリーズほか)の仕事などをしていた。

2006年に戦場を渡り歩く武器商人と傭兵達の旅を描いた『ヨルムンガンド』が連載され、同年11月17日に第1集が初の単行本として小学館から発売された。同作品は2012年に連載終了(全11集)、また同年4月にはテレビアニメ化された。

鋭角的な描線や、ベタを多用した作画、緻密な銃器や兵器などの小道具といった描写が特徴。

2012年4月から『月刊サンデージェネックス』にて、女子高生の殺し屋をメインとしたガンアクション『デストロ246』を連載している。

主な作品[編集]

漫画[編集]

イラスト[編集]

  • 隣のドッペルさんシリーズ(著:砂浦俊一、挿絵担当)

その他[編集]

  • 自画像はトリ。好物は鶏肉料理(公式サイトより)
  • 銃撃戦漫画を描くきっかけになったのは、伊藤明弘の『ベル☆スタア強盗団』と、木葉功一の『キリコ』(座談会企画より)。
  • 2006年12月のインタビューで、「セリフは俳句だと思う」「8×3でフキダシに収めろと講談社時代に教えられた」旨の発言がある。

脚注[編集]

  1. ^ 月刊サンデーGENE-X2008年1月号別冊付録より

外部リンク[編集]