ワルサーPPK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワルサーPPK
ワルサーPPK
ワルサーPPK
概要
種類 警察用自動拳銃
製造国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
フランスの旗 フランス
ハンガリーの旗 ハンガリー
設計・製造 ワルサー社
マニューリン社
Fegyver- és Gázkészülékgyár(FÉG)社
性能
口径 .32口径(7.65mm)
.38口径(9mm)
銃身長 83mm
使用弾薬 .32ACP弾(7.65mm×17)
.380ACP弾(9mm×17)
9mmマカロフ弾(9mm×18)
装弾数 7+1発(.32ACP弾、9mmマカロフ弾)
6+1発(.380ACP弾)
作動方式 ダブルアクション
ストレートブローバック
全長 155mm
重量 635g
銃口初速 310m/s

ワルサーPPKは、ドイツカール・ワルサー社が開発した小型セミオートマチック拳銃である。警察用拳銃として開発されたワルサーPP(Polizeipistole)を私服刑事向けに小型化したもの。名称のKはもともと「刑事 (用)」を意味するクリミナールkriminalの頭文字だが、一般には「短い」を意味するクルツkurzの頭文字だと解釈されることも多い[1]

概要[編集]

中型拳銃として開発されたPPを小型化したもの。ダブルアクショントリガーなどの内部機構はほぼ同一で、一部の部品には互換性がある。

口径は.22LR、.25ACP、.32ACP、.380ACP(9mm Kurz)など。

ロバート・ケネディ暗殺事件後の小型ピストルの輸入規制対策として、米国向けにはPPK/Sが開発されている。この規制では、銃の全高と全長が合計4インチ以上必要とされたため、フレームがワルサー社製で一回り大きいものと交換されている。これはPP(Polizei Pistole)のフレームという説もあるが、グリップ後部の形状が違うため、PPK/Sのオリジナルである。グリップが大きくなり、手の大きな人には扱いにくいという小型ピストルの欠点を補う効果もあった。

日本の警察でもSP皇宮警察要人警護用にワルサーPPKが使われていた。現在はシグ・ザウエルP230(P230JP)に更新されている。

歴史[編集]

1931年に発売開始。ヒトラーも、愛銃として使用しており、ドイツ警察ゲシュタポ)や軍隊、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)で制式拳銃とされる。

第二次世界大戦後、ワルサー社の工場はソ連占領地域になる。ワルサー社はフランスマニューリン社とライセンス契約を結び、PPKは1980年代まで生産された。1961年からは新生ワルサー社でも生産が始められ、現在でも販売されている。

1963年ケネディ大統領暗殺事件が起きる。この事件をきっかけに米国内で小型拳銃を規制する気運が高まり、1968年に小型拳銃の輸入規制が法制化される。1969年にPPK/S発売。

特徴[編集]

安全装置
安全装置をかけると撃鉄が撃発寸前の位置まで自動的に落ちるデコッキング機能を持つ。安全装置を掛けた状態では、ファイアリングピンはセフティレバーで固定され、ハンマーもハンマーブロックで前進を阻止される。ハンマーダウンで安全装置のかかっている状態では撃鉄および引き金が固定される。初弾はダブルアクションで撃つ事になるが、撃鉄を引き起こしておけばシングルアクションからの射撃も可能。
シグナルピン
薬室に実弾が装填されると、薬莢の底部の縁にシグナルピンが当たり、撃鉄の上部に露出して、銃を握った時に親指、および目視で確認できるようになる。.22口径用弾薬はリムファイヤー式(薬莢の底部の、外周を叩いて発火する方式)のため、初弾を装填する際にシグナルピンが当たると暴発の危険があるので、省略されている。これらの機構は、軍用拳銃として採用されたワルサーP38でも採用されている。
スライド・ストップ
最終弾を撃ち終わるとスライド・ストップによりスライドが後退状態で保持される。スライドストップを押し下げるレバーは無く、弾倉交換後にスライドを少し後ろに引いて離せば初弾が装填されて射撃可能となる。
通常分解
通常分解はトリガー・ガードを下に引き下げ、そのままスライドを最後端まで引き、上に持ち上げてから前に戻せば抜けるようになっている。

登場作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 学研歴史群像シリーズ「図説 世界の銃」