ワルサーPPK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワルサーPPK
Das walther ppk.jpg
ワルサーPPK(7.65mmモデル)
概要
種類 警察自動拳銃
製造国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
フランスの旗 フランス
 ハンガリー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 ワルサー
マニューリン
Fegyver- és Gázkészülékgyár(FÉG)
スミス&ウェッソン
性能
口径 .22(5.6mm)
.25(6.35mm)
.32(7.65mm)
.38(9mm)
銃身長 83mm
使用弾薬 .22LR弾(5.6x15mm)
.25ACP弾(6.35x16mm)
.32ACP弾(7.65x17mm)
.380ACP弾(9x17mm)
9x18mmマカロフ弾(9x18mm)
装弾数 7+1発(.32ACP弾・9mmマカロフ弾)
6+1発(.380ACP弾)
作動方式 ダブルアクション
ストレートブローバック
全長 155mm
重量 635g
銃口初速 310m/s
テンプレートを表示

ワルサーPPK(Walther PPK)は、ドイツカール・ワルサー社が開発した小型セミオートマチック拳銃である。警察拳銃として開発されたワルサーPP(Polizei Pistole)を私服刑事向けに小型化したもの。名称のKは、もともとドイツ語で「刑事用」を意味するクリミナール(Kriminal)の頭文字だが、一般には「短い」を意味するクルツ(Kurz)の頭文字だと解釈されることも多い[1]

概要[編集]

中型拳銃として開発されたワルサーPPを小型化したもの。ダブルアクショントリガーなどの内部機構はほぼ同一で、一部の部品には互換性がある。

使用弾薬は、.22LR弾.25ACP弾.32ACP弾.380ACP弾(9mm Kurz)など。

ロバート・ケネディ暗殺事件後の小型ピストルの輸入規制対策として、米国向けにはPPK/Sが開発されている。基本的にはやや大きいPPのフレームにPPKの銃身およびスライドを組み合わせたもので、これにより十分な寸法と重量が確保された。また、グリップが大きくなり、手の大きな人には扱いにくいという小型ピストルの欠点を補う効果もあった。

日本の警察でもSP皇宮警察(侍衛官)などで要人警護用にワルサーPPKが使われていた。現在はSIG SAUER P230JPに更新されている。

歴史[編集]

1931年に発売開始。プロイセン州警察からの要請に基づき、ショルダーホルスターを用いて拳銃を携行する私服警官向けのコンパクトなモデルとして設計された[2]

ナチス・ドイツ時代(1933年 - 1945年)には、警察組織のほかにドイツ国防軍国家社会主義ドイツ労働者党(NSDAP, ナチ党)指揮下の準軍事組織(SASSなど)によって制式拳銃として採用されていた。ゲシュタポのエージェントらには.32ACP弾(7.65mm)仕様のモデルが好まれた。また、総統アドルフ・ヒトラーも7.65mm仕様のPPKを所持しており、彼が1945年の自殺に用いたのもPPKだった[3]

第二次世界大戦中から戦後にかけて、PPおよびPPKは各国の小型拳銃の設計に影響を与えた。例えばソビエト連邦マカロフ拳銃ハンガリーFEG PA-63英語版チェコvz. 50英語版などはPPおよびPPKの影響を受けて開発された[3]。大戦中の生産数は150,000丁を上回った[3]

敗戦後、赤軍が進駐したドイツ東部から西部へと脱出したフリッツ・ワルサーは、ウルムにてワルサー社の再建に着手した。1952年、ワルサーは再建資金を確保するべくフランスマニューリン英語版(Manurhin[注 1])に接触し、PPシリーズの製造許可を与えた。マニューリンとの契約は1986年に失効した[4]1961年からは新生ワルサー社でも生産が始められ、現在でも販売されている。

中華人民共和国では、52式拳銃(52式手枪)あるいは765公安拳銃(765公安手枪)なる名称でPPKのコピーモデルが製造された。建国から間もない1950年代初頭、人民解放軍および公安警察組織では、第二次世界大戦および国共内戦を通じて調達・鹵獲された世界各国の雑多な銃器が配備されており、その有様は「万国武器博覧会」(万国武器博览会)と例えられるほどだった。部品や銃弾の調達もままならない中、諸勢力によるサボタージュに対抗しなければならない警察当局は速やかに拳銃の標準化を図る必要に駆られていた。1951年には51式拳銃(トカレフTT-33)が採用されるが、私服警官向けとしては大きく嵩張るとして不評で、また朝鮮戦争最中の朝鮮半島に派遣される中国人民志願軍への供給が優先されていた。より小型かつ調達が容易な警察拳銃を模索した結果、大戦中に使用されていたPPKのコピーモデルを設計することとなった。こうして1952年に採用された52式拳銃は、基本設計こそPPKと同一だったが、加工技術や材料品質の問題のため強度や信頼性が劣ったと言われている。また、.32ACP弾は国産化されておらず、大戦中の在庫と東欧の友好国からの輸入に頼るほかなかった。1964年には52式の設計に改良を加えた64式拳銃英語版が採用されている[5]

冷戦期には、東西各国の秘密活動を担当する情報機関において制式拳銃として採用された。MI5/MI6イギリス)、BND西ドイツ)、SDECEフランス)、モサドイスラエル)といった機関のほか、カナダアメリカ合衆国の諸機関でも使用された[3]

1958年、ジェームズ・ボンドシリーズの小説6作目として『007 ドクター・ノオ』が発表された。主人公ジェームズ・ボンドは従来ベレッタ 418英語版を愛用していたのだが、『ドクター・ノオ』にてワルサーPPKに持ち替えることとなる。これがきっかけとなり、アメリカ合衆国の民生用拳銃市場でも一躍人気の製品となった[3]

1960年代、ワルサー社はアルミ製レシーバーを採用した軽量モデルとしてPPK-Lを発表した[4]

1963年ケネディ大統領暗殺事件が起きる。この事件をきっかけに米国内で小型拳銃を規制する気運が高まり、1968年に起きたロバート・ケネディ暗殺事件が決定打となり、小型拳銃の輸入規制が法制化される(1968年銃規制法英語版)。

新制度の輸入基準に照らし合わせると、PPKは垂直幅(高さ)が1/10インチ、重量が1オンス不足していた。これに対応するべく開発されたのがPPK/Sである。基本的にはPPKよりやや大きいPPのフレームにPPKの銃身およびスライドを組み合わせたもので、これにより十分な垂直幅と重量が確保された。PPK/Sは1969年から販売が開始された。1978年からはアラバマ州のレンジャー・マニュファクチャリング社(Ranger Manufacturing)にてPPKおよびPPK/Sのライセンス生産が始まった。2007年からはスミス&ウェッソン社がPPKおよびPPK/Sのライセンス生産を担当していた[3]。2012年以降、アメリカ合衆国におけるワルサー社製品の販売はワルサー・アームズ英語版社が担当している。

特徴[編集]

安全装置
安全装置をかけると撃鉄が撃発寸前の位置まで自動的に落ちるデコッキング機能を持つ。安全装置を掛けた状態では、ファイアリングピンはセーフティーレバーで固定され、ハンマーもハンマーブロックで前進を阻止される。ハンマーダウンで安全装置のかかっている状態では撃鉄および引き金が固定される。
セーフティー解除後の初弾はダブルアクションで撃つ事になるが、撃鉄を引き起こしておけばシングルアクションでの射撃も可能。
ローデッド・チャンバー・インジケーター
薬室実弾が装填されると、薬莢の底部の縁にシグナルピンが当たり、撃鉄の上部に露出して、銃を握った時に親指、および目視で確認できるようになる。22口径弾薬はリムファイア式(薬莢の底部の、外周を叩いて発火する方式)のため、初弾を装填する際にインジケーターが当たると暴発の危険があるので、省略されている。これらの機構は、拳銃として採用されたワルサーP38でも採用されている。
スライドストップ
最終弾を撃ち終わるとスライドストップによりスライドが後退状態で保持される。スライドストップを押し下げるスライドリリースレバーは無く、弾倉交換後にスライドを少し後ろに引いて離せば初弾が装填されて射撃可能となる。
通常分解
通常分解はトリガーガードを下に引き下げ、そのままスライドを最後端まで引き、上に持ち上げてから前に戻せば抜けるようになっている。

登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ Manufacture de machines du Haut-Rhinすなわち「オー=ラン機械製造社」の通称。

出典[編集]

  1. ^ 学研歴史群像シリーズ「図説 世界の銃」
  2. ^ PISTOL, SEMI-AUTOMATIC - GERMAN PISTOL WALTHER PPK 7.65MM SN# 198578k”. Springfield Armory Museum. 2018年4月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e f James Bond’s Bantam Banger: The Walther PPK”. SmallArmsReview.comSmallArmsReview.com. 2018年4月26日閲覧。
  4. ^ a b A Look Back at the Walther PP”. American Rifleman. 2018年4月26日閲覧。
  5. ^ 1964年式手枪”. firearmsworld.net. 2018年5月17日閲覧。

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ワルサーPPKに関するカテゴリがあります。