スーパーアドベンチャーロックマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパーアドベンチャーロックマン
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 プレイステーション[PS]
セガサターン[SS]
発売元 カプコン
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 1998年6月25日[PS]
1998年9月23日[SS]
テンプレートを表示

スーパーアドベンチャーロックマン』(SUPER ADVENTURE ROCKMAN)は、カプコンから発売されたアドベンチャーゲームである。プレイステーション版は1998年6月25日に、セガサターン版は1998年9月23日にそれぞれ発売されている。

概要[編集]

ロックマンシリーズ初のアドベンチャーゲーム。アニメーションによるインタラクティブムービーが基本で、ときどき出現する選択肢によってストーリーが分岐する。ストーリーを進めていくと敵との戦いもあり、戦いは前視点による撃ち合いの戦いになる。登場するキャラは主に『ロックマン』『ロックマン2』『ロックマン3』のものであり、オープニングやエンディングには『ロックマン8』と同じテーマソングが使用されている。なおセガサターン版も発売されたが、画像の乱れが原因で発売直後にソフト回収し、修正版を発売した。

のちにプロデューサーの稲船敬二は、開発を丸投げされた事やストーリーに対し不満があったものの修正する余裕がなかった事などを明かしており、本作に関して「ロックマンを安売りした最低レベルの作品で、ファンに申し訳ない」と述べている[1]

ストーリー[編集]

20XX年、南米アマゾンにランファント遺跡群と呼ばれる謎の遺跡が突如出現した。その遺跡は強力な電磁波を発しており、いかなる機械も寄せつけなかった。3年後、遺跡の調査に向かったDr.ワイリーは、そこで「ラ・ムーン」と呼ばれるスーパーコンピュータと出会い、その力を利用して世界征服を開始する。それを知ったロックマン達はワイリーの野望を阻むために、ランファント遺跡群の中心「月の神殿」に向かう。

登場キャラクター[編集]

一部のキャラクターの詳細についてはロックマンシリーズ、およびロックマンシリーズ#ナンバリング作品の各作品の項目を参照。

ロックマンと仲間たち[編集]

DRN.001 ロックマン(Rockman)
- 折笠愛
平和を守るためにワイリーと戦ってきた正義のロボット。ワイリー、そしてラ・ムーンの野望を食い止めるべく旅立っていった。
Dr.ライト(Dr.Right)
声 - 飯塚昭三
ロックやロールの生みの親。ロックのために電磁波を防ぐ特殊コーティングを施した。
DRN.002 ロール(Roll)
声 - 吉田小南美
ロックマンの妹のような存在の家庭用ロボット。ラ・ムーンの電磁波の影響を受け意識を失う。
DRN.000 ブルース(Blues)
声 - 置鮎龍太郎
ウッドマン、ハードマン、スパークマンとの対決で敗れた際に助けに来る。また、ロックマンにブルースシールドを授ける。

敵対者[編集]

Dr.ワイリー(Dr.Wily)
声 - 青野武
全編に登場。本作でも世界征服を企む。しかし、Disc3の終盤でラ・ムーンが本性を現したため、自身が制作したラ・トールもラ・ムーンの指示に従ってしまう。その後、ロックマンと一時休戦して彼の味方になった。ラ・ムーン打倒後、「今日の所は借りにしといてやる」とロックマンたちの前から去っていった。
ラ・ムーン(Ra Moon)
声 - 若本規夫
数百年前、宇宙から地球に飛来したスーパーコンピューター。ワイリーが発見し、世界征服を企む彼と協力していた。しかし、本当はワイリーをメンテナンスのために利用していた。新・イエローデビル打倒後、最後はロックマンのダブルロックバスターを受けて破壊された。
DWN.000 ラ・トール(Ra Thor)
性能としてはスピードがクイックマンの2倍、パワーがウッドマン+ハードマンの3倍であるらしい。体の材質が特殊合金で作られている。
新イエローデビル(New Yellow Devil)
ラ・ムーンがDr.ワイリーのパソコンから外観と大きさだけを取り出して作り出した完全なロボット(イエローデビルという名前ではあるが体色は黒が主体である)。自力歩行が可能であり、エネルギーの供給源がラ・ムーンと一緒である。

ライトナンバーズ[編集]

DRN.003 カットマン(Cutman)
声 - 渕崎ゆり子
メタルマン、フラッシュマン、タップマンとの対決で敗れた際に助けに来る。関西弁を話す。
DRN.004 ガッツマン(Gutsman)
声 - 小野健一
バブルマン、ヒートマンとの対決で敗れた際に助けに来る。口癖は「ガッツガッツ」。
DRN.005 アイスマン(Iceman)
声 - 渕崎ゆり子
出番はほとんどなく、セリフはEDのみである。
DRN.006 ボンバーマン(Bomberman)
声 - 大森章督
マグネットマンとの対決で敗れた際に助けに来る。
DRN.007 ファイヤーマン(Fireman)
声 - 大森章督
クラッシュマンとの対決で敗れた際に助けに来る。
DRN.008 エレキマン(Elecman)
声 - 田野めぐみ
エアーマンとの対決で敗れた際に助けに来る。

ワイリーナンバーズ[編集]

DWN.009 メタルマン(Metalman)
声 - 岡野浩介
Disc1に登場。初戦で戦うロボット。
DWN.010 エアーマン(Airman)
声 - 古田信幸
Disc2に登場。遺跡ステージに登場する。
DWN.011 バブルマン(Bubbleman)
声 - 陶山章央
Disc1に登場。ロックマンが川を通るルートを選んだときに登場する。
DWN.012 クイックマン(Quickman)
声 - 森久保祥太郎
Disc1に登場。ワイリーに忠誠を誓いつつ、正々堂々とした戦い方を信条とする潔さを持つロボット。故にロックマンの対等なライバル。悲壮な最期を遂げるが、終盤で他のボス(コアまで破壊されたシャドーマンを除く)と共に復活する。ボスキャラの中では一番目立つ。
DWN.013 クラッシュマン(Crashman)
声 - 田野めぐみ
Disc2に登場。
DWN.014 フラッシュマン(Flashman)
声 - 小野健一
Disc1に登場。クイックマンと戦う前に登場。
DWN.015 ヒートマン(Heatman)
声 - 森久保祥太郎
Disc1に登場。ロックマンが川を通らないルートを選んだときに登場する。名古屋弁で話す。
DWN.016 ウッドマン(Woodman)
声 - 大森章督
Disc2に登場。親友のシャドーマンを破壊したロックマンを憎み、自慢の怪力で猛攻を仕掛けてくるが、頭を撃ち抜かれ絶命する。
DWN.017 ニードルマン(Needleman)
声 - 古田信幸
Disc2に登場。
DWN.018 マグネットマン(Magnetman)
声 - 大森章督
Disc3に登場。迷宮に迷い込んだロックマンを自らの必殺武器「マグネットミサイル」でしつこく追い詰める。
DWN.019 ジェミニマン(Geminiman)
声 - 菅原淳一
Disc2に登場。分身能力を持ち、神殿の頂上にたどり着いたロックマンと激闘を繰り広げる。敗北後、Dr.ワイリーが地球を「死の星」にさせてしまうという話をロックマンから聞き、彼の身を案じながら絶命するが、最終決戦では復活している。
DWN.020 ハードマン(Hardman)
声 - 古田信幸
Disc3に登場。ロックマンとの敗北後、体がバラバラに砕け散り、あげくの果てに硫酸の海に落ちて絶命するが、最終決戦ではなぜか復活している。
DWN.021 タップマン(Topman)
声 - 田野めぐみ
Disc3に登場。ハードマンとの戦闘後に登場し、ロックマンも硫酸の海に突き落とそうとする。
DWN.022 スネークマン(Snakeman)
声 - 菅原淳一
Disc2に登場。
DWN.023 スパークマン(Sparkman)
声 - 大森章督
Disc3に登場。
DWN.024 シャドーマン(Shadowman)
声 - 岡野浩介
Disc1に登場。彼のみコアまで破壊されたため、最終決戦では復活しない。

主題歌[編集]

オープニングテーマ曲
『ELECTRICAL COMMUNICATION』
作詞・作曲:尾澤拓実 編曲:高橋圭一、尾澤拓実 歌:GANASIA
エンディングテーマ曲
『BRANDNEW WAY』
作詞・作曲:尾澤拓実 編曲:高橋圭一、尾澤拓実 歌:GANASIA

アニメスタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『R20 ロックマン&ロックマンX オフィシャルコンプリートワークス』(2008年 株式会社カプコン発行、ISBN 978-4-86233-178-6)89ページ