ロックマンDASHシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロックマンDASH
ROCKMAN DASH
ジャンル アクションゲーム
開発元 カプコン
発売元 カプコン
主な製作者 稲船敬二
1作目 PS ロックマンDASH 鋼の冒険心
1997年12月18日
最新作 PS ロックマンDASH2 エピソード2 大いなる遺産
2000年4月20日
テンプレートを表示

ロックマンDASHシリーズ(ロックマンダッシュシリーズ、ROCKMAN DASH SERIES)は、カプコンより発売されたプレイステーション向けアクションゲームロックマンDASH』を第1作目とするテレビゲームシリーズである。

タイトルの「DASH」とは「DIGOUTER'S ADVENTURE STORY in HALCYON DAYS」の略で、訳すと「古き良き時代の大冒険活劇」となる。

日本国外版でのタイトルは『Mega Man Legends(メガマン レジェンズ)』。

シリーズ一覧[編集]

時間軸は「トロンにコブン」→「DASH」→「5つの島」→「DASH2 エピソード1」→「DASH2 エピソード2」の順となっている。

概要[編集]

ロックマンシリーズ生誕10周年を記念して製作された、シリーズ初の完全3Dゲーム作品である。3Dシューティングアクション(TPS)に、「町や地下の探索」「人々との会話による情報収集」「武器の購入・強化」といったロールプレイングゲームの要素を加味したそのゲーム性のみならず、世界観やキャラクターなどもそれまでのロックマンシリーズとほとんど関連のないオリジナルとなっている。

人と自然の調和した雰囲気、明るさを損なわないキャラクター達、その裏に広がる設定など、他のロックマンシリーズとは一線を画した世界観で構成されている。

本シリーズの主人公のロックとヒロインのロールの国内版声優は同じく少年少女が主役の冒険活劇をテーマとして一世を風靡した1986年制作の長編アニメーション作品である『天空の城ラピュタ』の主人公・ヒロインと同一である。

『ロックマンDASH2』(2000年)以降、長期に渡り新作の発表などの情報はなく、2003年に行われたカプコンが主催するイベントでも開発の予定はないと宣言されていた。続編を開発する意向があることは頻繁に見せており[1]2008年には携帯アプリにて新作を配信。2010年9月29日に『ロックマンDASH3』の開発が発表されたが、2011年7月19日に開発中止が発表された。

ストーリー[編集]

はるか未来。世界のほとんどは大海原に覆われ、その中に点在する島々で、人々は平和に暮らしていた。その中で古代遺跡を探索して、エネルギー物資「ディフレクター」や遺物を発掘 (ディグアウト) するディグアウターと呼ばれる人々が数多く存在した。主人公のロック・ヴォルナットもその一人である。ディグアウターは伝説の“大いなる遺産”を夢見て日々古代遺跡の発掘に励んでいた。ロックはディグアウターとして旅する中で数多くの人々と出会い、冒険し、“大いなる遺産”そして自分の過去を追うのであった。

世界観[編集]

自然が豊かな明るい地上と、不気味な機械生命体「リーバード」が蠢く暗い地下遺跡が対照的な世界を構築している。また、人々の暮らしは牧歌的な文化を持ちつつも、「ディフレクター」というエネルギー資源を利用した飛空船や兵器などといった超常的なテクノロジーが共存している、独特の世界観が広がっている。

本シリーズは、過去のロックマンシリーズの世界観や雰囲気がほとんど継承されておらず、過去の歴史について語る場面も作中ではほとんど存在しないが、関連書籍や公式掲示板上での開発スタッフの発言などで、ロックマンXシリーズ(初代ロックマンシリーズから100年後の未来)の更に数千年後の未来を舞台としていることが語られている。[2][3][4][5]また、インティ・クリエイツ製作のロックマンゼロシリーズおよびロックマンゼクスシリーズの舞台は、インティ・クリエイツの開発陣が「XシリーズとDASHシリーズの間の年月における出来事を、独自の解釈のもとで描いた世界」と述べている。[6]

登場キャラクター[編集]

ロックと仲間たち[編集]

ロック・ヴォルナット (Rock Volnutt) [7]
- 田中真弓
本作の主人公。14歳。14年前に赤ん坊だったロックを古代遺跡の中でバレルが発見し、キャスケット家の一員として生活している。ロールやバレルと共に、遺跡を発掘しお宝を手に入れて生活するディグアウターとして旅をする、ディグアウト(発掘)では実際に遺跡に入るメインダイバーを担当し、ロールのサポートと彼女の開発した様々な武装をもって各地の遺跡を探索している。少年ながらディグアウターとして類稀な才能を発揮。
ロックという名前の由来は、遺跡で彼を拾ったバレルが、孫娘の名前がロールであることから「ロックとロール、ロックンロール」とダジャレで名付けたことを日記に書き残している。
その正体は、古代文明最後の人間「マスター」によって作られた一等粛清官(イレギュラーハンター)「ロックマン・トリッガー」。本来は文明の秩序を乱す「イレギュラー」を抹殺する立場だったが、「人類再生プログラム」によって新しい人類と認めた「デコイ」たちを消去してまで、既に滅んだ古代人を再生させることを憂いた「マスター」からの直々の依頼により、自ら「システム史上最大のイレギュラー」となって文明を管理する“システム”の破壊を目論む。戦いの末、システムの最高位の存在「マザー」と相討ちとなり、ボロボロになってしまったボディを修復するために初期化し、赤ん坊の状態で永い眠りについていたところをバレルに発見されて「ロック・ヴォルナット」として育てられており、現在に至っている。初期化の影響で記憶(メモリ)を失っているが、古代文字が読めるなど記憶が僅かに影響している描写がある。
ロール・キャスケット (Roll Casket)
声 - よこざわけい子
本作のヒロイン。ロックのガールフレンド。ディグアウトのナビゲーター。14歳。母親からは愛らしい容姿と不屈のディグアウター魂を、父親からは天才的なメカニックの才能と形見の帽子を受け継いでいる。彼女が幼い頃、両親が「大いなる遺産」を求めて「禁断の地」へ向かったきり行方不明になってしまい、バレルの元に引き取られた後、二人の足跡を探すため、ロックやバレルと共にディグアウターとしての道を歩む。ディグアウトでは遺跡の外からサポートを行うオペレーターを担当。またその卓越したメカニックの腕で、飛空船「フラッター号」の整備・操縦はもちろん、ロックの武器を開発・強化したりすることもできる。
バレルは孫が生まれた時に女の子と知ってオペレーターとして鍛えることをほのめかしており、オペレーターとしての教育をバレルから受けているらしい。
開発には安さよりも性能を重視し、フラッター号改造のため、ロックの断りも得ずに手に入れていた特殊武器やアイテムを売り払っていたり、特殊武器の改造費が異常に高い[8]など、メカに関しては極端に妥協を許さない一面がある。
バレル・キャスケット (Barrel Casket)
声 - 緒方賢一
ロールの祖父。昔は一流のディグアウターとして活躍しており、「不死身のバレル」の異名をもつ。年齢を重ねた現在は引退し、ロック達に助言などをする立場をとっている。また、数々の著書も発行している。
データ (Data)
声 - 大谷育江
14年前にロックが発見されたときから常にロックのそばにいる、謎のサル。ロックだけその言葉を理解することが出来る。ロックと共にバレルに引き取られ、以来キャスケット家の一員となる。独特な動きの踊り[9]を常に踊っている。これからの行動に関する助言やライフ・武器エネルギーなどの回復をしたりと、ロールとは別の形でロックの冒険をサポートする。
正体はロックマン・トリッガーの外部記憶装置。彼のメモリ(記憶)をマザーにスキャンされないよう、重要なデータの避難先として作られた。ロック以外の相手とも通用する言語を用いて普通に会話することが可能[10]。当初はロックの秘密を守るためにそのことを隠していたが、「DASH2」のエンディングの時点で隠す必要が無くなったため、ヘブン(『DASH2』の終盤にて登場する舞台。「ロックマンDASH2」の項目を参照)に取り残されたロックの奪還を目指しロケット開発に携わるロールとトロンに、ヘブンから帰還し助言をしようとしていた。
街やダンジョンの中などロックの行く先々で先回りして単独で移動しており、『DASH2』のエンディングにてロックらがヘブンに取り残された時もデータだけが地球へと帰還していた。

トロンと仲間たち[編集]

トロン・ボーン (Tron Bonne)
声 - 飯塚雅弓
空賊ボーン一家の長女。14歳。メカニックの天才でもあり、その腕前はロールと互角。自身の作ったコブンに対しては厳しさと優しさを併せ持って接しており、母性をのぞかせている。とある出会いをきっかけにひそかにロックに恋をしているが、自身のその感情の正体が分からず素直になれないでいる。ロックもその想いに気付いていない。
扇状に広がった独特の髪形をしているが、研究・開発室では髪を下ろしてメガネをかけている。
ボーン一家の財政が常に逼迫しており、ロールとは対照的にメカ開発には性能より開発費用(安さ)を重視する傾向がある。
メカニックである彼女だが、自分が開発したメカに搭乗して自ら戦うこともある。外伝作品や他作品への出演の際には、専ら『トロンにコブン』で登場した二足歩行戦車「グスタフ」[11]に搭乗している。
ティーゼル・ボーン (Teisel Bonne)
声 - 玄田哲章
空賊ボーン一家の長男。29歳。「T・ボーン(ティーボーン)」と呼ばれることもある。一家の作戦指揮を担当している。職業のわりに根は悪い人間ではなく、一家の皆には人望が厚く頼りにされている。性格・外見ともに豪快だが、常に冷静に作戦を練って戦い、敗北後もしっかり反省会をしている等、頭脳派でもある。しかしおっちょこちょいなのが玉にキズであり、そのことで自分の作戦をつぶして一家に迷惑をかけてしまうこともある。ロックに対して、最初は単なる邪魔者という扱いしかしなかったが、何度となく戦いを繰り返すうち、ライバルとして認知するようになる。熱心なアニメファンでもあり、特に「鋼鉄王子」シリーズが好きらしい。
ボン・ボーン (Bon Bonne)
声 - 大谷育江
空賊ボーン一家の末男。見てくれは大型ロボットだがまだ赤ん坊(末男である事から人間)であり、「バブー」としか口にできないが、ボーン一家にはその言葉の意が通じているようである。手足などは追加パーツであり、状況に合わせて換装が可能。一家では一番のパワーを誇り、主に戦闘などでその能力を発揮する。ドラッヘの下に吊るした磁石によって吸着され、輸送されるシーンもある。
コブン (Kobun) [12]
声 - 横山智佐
トロンが作った、空賊ボーン一家の文字通りの「子分」たちで、操縦やメンテナンス、調理やアイテム開発、偵察にお使いと、役目は幅広い。それぞれに性格の差があるが、総じてみなおっちょこちょいでボーン一家に忠実、そしてトロンを母の如く慕っている。飲み食いもし、全員そろってカレーが大好き。
トロンが作ったのは40号までの40体であるが、それとは別に青いマークがついた妙な目つきの「41号」が存在している[13]

用語[編集]

ディグアウター
世界各地に残された古代遺跡内部を調査・探索し、残された遺産やテクノロジーを持ち帰ることで生計を立てている人々。遺跡内部は複雑なダンジョンになっていることが多く、多くのトラップやリーバードによる襲撃があるため、卓越した身体能力や古代遺跡に対する深い専門知識が必要とされる。
何人かでパーティーを組んだり、遺跡外部から通信等のサポートを受けて行うこともあり、後者では実際に遺跡に潜入する側は「メインダイバー」、遺跡の外からそのサポートに当たる側は「オペレーター」と呼ばれる。
人々の生活を支える重要な職業である一方、粗野で乱暴な性格のものも少なくないため、一般人による彼らへの評価もまちまちである。また、ディグアウター間での交流や情報交換を行うための「ギルド」と呼ばれる組織も存在している。そこではディグアウターのランク認定試験も行われており、ランクの高いディグアウターは人々の尊敬の的となる。
ディフレクター
内部に大きなエネルギーを秘めた6角柱型の結晶体。この時代の主要なエネルギー源として利用されており、主に古代遺跡からディグアウトされる。いろいろな色や形、大きさのものが存在し、大きいものほど内部のエネルギー量が大きく、貴重である。小さなもの(ディフレクターのかけら)はエネルギー資源としては機能しないが、通貨の代わりとして利用されている。
回転させる事で発生するエナジーフィールドを利用してエネルギーを取り出し、そうして稼働する動力機関をホロン機関と呼ぶ。このホロン機関は船や飛空船の動力は勿論、発電などあらゆる用途に応用されているがその原理については詳しく解明されていない。
作中では、遺跡が探索され尽くされつつあることによるディフレクターの枯渇も危惧されている。
遺跡
ディフレクターをはじめ、はるか昔に古代人たちが残した遺産やテクノロジーが眠る場所。自然の洞窟のようなものから高度なセキュリティが仕掛けられているもの、老朽化や外部環境による侵食のために破損しているものまで様々な形態があり、作られた年代もまばらである。内部にはトラップやリーバードが無数に存在しているため、一般人が不用意に中に入るのは自殺行為である。また、一部のダンジョンは「ギルド」によってその内部構造や危険性が調査されており、特定以上のディグアウターランクを持っていないと入れないものも存在する。
多くの場合最深部には遺跡の動力源を兼ねるディフレクターがあり、巨大なリーバード(いわゆるボスキャラクター)がそれを守っている。
リーバード
遺跡の侵入者に攻撃を仕掛けてくる機械生命体。
大いなる遺産
遠い過去からその存在だけが言い伝えられてきた、この世界で最も有名な伝説。それがどこにあり、何を指しているのかは一切、謎である。将来的に枯渇するであろうディフレクターに代わる未知のエネルギーであるとも推測されているが、その真偽も不明であり、この謎を解き明かすことが全ディグアウターの究極の夢である。一説によれば、常に猛吹雪に閉ざされた「禁断の地」と呼ばれる極地帯に存在しているとされており、これまでに多くのディグアウターらが挑んだが、生還が確認されたのはわずかに二人である。
デコイ
古代文明の住人などが、現在の地上に住む人間たちを指して用いる呼称。DASHシリーズの世界において、主人公のロックを除き現在地上で暮らす全ての人々がこれに相当する。
その正体はかつて古代のオリジナルの人類が作り出した人工生命体。古代の人類が何のためにデコイを作り出し、自分達の代わりに地上に住まわせたのか、現在までその正確な理由は不明であるが古代人はデコイ達を管理下に置いて定期的に数の調整や、監視を行っている。
本来の人間と同じく寿命を持ち、食事を摂って成長し、繁殖により子孫を残し、負傷すれば出血し、最後には死を迎える(あまつさえ化けて出たりもする)など、生態機能としてはほぼ人間と同一。一方で生身の身体に機械を直接取り付け換装できるという機能を持ち、怪我の治療や、遺跡のディグアウト等生身では危険な作業を行うために、身体を機械に換装することを抵抗無くごく当たり前に行っている(逆に言えば人間との明確な差異はこの点ぐらいである)。
地球上に住むデコイはある日突然、地球上に言葉や文化を与えられて作り出されたため、ある一定以上昔の歴史が一切存在しない。この唐突に歴史が始まっている謎は考古学界では長年研究されてきたが、"DASH2"の物語の終盤でバレル達が自身らの正体について知る事となり、バレルはようやく謎が解けたと納得していた。
好感度
初代ロックマンDASHより実装されている隠しパラメーター。ロールちゃんからの好感度と町の人々からの好感度の2種類が存在する。具体的な数値としては見られないが、ロールちゃんの好感度は日記や会話から推察が可能。町の人々からの好感度については数値が低くなると全身が黒くなり、逆に好感度が高いと全身が白く輝くようになる。プレイ内容や行動によって町の住民からの好感度が上下し、一般的に悪いこと(TV局の飛行船を意図的に撃ち落とす、自販機を蹴って破壊する、パン屋に空き缶を蹴り込むなど)を行うと好感度が下がり、好感度の数値によって住民の対応やショップの値段が変化する。中にはサブイベントの進行に一定以上の好感度が必要なものも存在するが、逆に好感度が低い場合でないと利用不可な闇商人というものも存在する。ロールちゃんの好感度についてはプレゼントや会話の選択肢で好感度が上下し、一定値以上になるとおまけイベントの発生や装備の改造費の割引が受けられ、逆に好感度が下がると改造費が高くなってしまう。

テーマソング[編集]

  • 『another sun』(歌:森下玲可/ロックマンDASH 鋼の冒険心・挿入曲)
  • 『あなたの風が吹くから』(歌:森下玲可/ロックマンDASH 鋼の冒険心・エンディング曲)
  • 『願いがかなう場所』(歌:原史奈/ロックマンDASH2 エピソード2〜大いなる遺産〜・CM曲)
  • 『泣いていいよ』(歌:原史奈/ロックマンDASH2 エピソード2〜大いなる遺産〜・エンディング曲)
  • 『Magic!』(歌:飯塚雅弓/トロンにコブン・CM曲)
  • 『love letter』(歌:飯塚雅弓/トロンにコブン・エンディング曲)

外部出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年1UP.comのインタビュー記事において「次世代機でロックマン関連作品を作るとしたら何を作りますか?」というインタビュアーの問いに対して、ロックマンシリーズのプロデューサーを務めていた稲船敬二は「もしコスト面を無視するならば、それはロックマンDASH3であり、携わったスタッフの多くもそれを望んでいる」と答えている。
  2. ^ 双葉社 刊『ロックマン パーフェクトメモリーズ』(ISBN 4575163546) p.68
  3. ^ 双葉社 刊『カプよん カプコン4コマコミック Vol.2』(ISBN 4575938548)
  4. ^ カプコンファンクラブ冊子『CFC STYLE FAN-BOOK CAP! Vol.5 AUTUMN 1997』p.7
  5. ^ シリーズ公式掲示板 過去ログLogged tree under 30554”. 2005年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月6日閲覧。
  6. ^ カプコン 刊『ロックマンゼロ オフィシャルコンプリートワークス』 (ISBN 4862330681)
  7. ^ 日本国外版での名前は「メガマン・ヴォルナット (Megaman Volnutt)」。
  8. ^ 参考までに、ほぼ全壊した民家や施設が数千~一万ゼニー程度の寄付で修繕できるのに対し、武器によっては合計で百万ゼニーを超える改造費を要求される。トロンは「特殊武器の開発や強化の費用をピンはねしてる」と邪推している。
  9. ^ オフィシャルギャラリー6 No.58 にて「媚び媚びダンス」と名付けられている。
  10. ^ 次世代ワールドホビーフェア '09 Winter」大阪大会での元DASH開発チームの石原雄二と、「ロックマンDASH3 PROJECT」のDASH開発室の会議トピック「DASHまわり復刻版」(現在は閲覧不可)での製作スタッフの江口正和の発言より。
  11. ^ ただしパイロットが剥き出しになっているなど、ディテールは大幅に異なる。ロックマンXシリーズに登場するライドアーマーに近い。
  12. ^ 日本国外版での名前は「Servbot」。
  13. ^ トロンにコブンでは、各パラメータ性能が高いもののトロン自身も気づかないうちにいたので不審がっており、赤いリーダーマークを取りつけようとすると不審によりやめようとする。

外部リンク[編集]

  • Devroom - "Capcom-Unity" 内にある本シリーズのコミュニティ(元々は『ロックマンDASH3 PROJECT』開発の際に設置されたもの)。
  • ロックマンDASHまわり - ウェイバックマシン(2011年8月13日アーカイブ分)- 公式サイト。
  • u-capcom スタッフルーム - 製作スタッフによるコメントや、ロックマンDASHのコーナー「ロックマンDASH がらみ」が掲載されることがあった。