Mega Man III (DOS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Mega Man III』(メガマンスリー)は、1992年に発売されたパソコンDOS)用のアクションゲームである。

概要[編集]

"Mega Man"とはカプコンコンピュータゲームロックマン』の日本国外(英語圏)での呼称であり、本作はカプコンのライセンス許諾を得て北米で独自に製作された、国内未発売のロックマンのゲーム作品である。

ゲームの流れ[編集]

6体のボスキャラクターの選択ステージを自由な順番で攻略した後に最終ステージに向かうと言う流れ。最終ステージには6体のボスキャラクターとの再戦が待ち受けているがロックマン1と同じく順番に戦っていくと言う仕組みになっている。計7ステージ。

ストーリー[編集]

2011年、ワイリーは前作に登場したクロークをパワーアップさせて、新たなロボット軍団を率いてまたしても世界征服の野望に乗り出す。

登場キャラクター[編集]

主なキャラクター[編集]

()内は原語での名称。ロックマンシリーズ#主なキャラクターも併せて参照のこと。

DRN.001 ロックマン(Rockman)
Dr.ライト(Dr.Right)
武器入手画面で顔を出してその武器の解説を行う。
Dr.ワイリー(Dr.Wily)

ボスキャラクター[編集]

ステージ選択画面に表示されるボスキャラクターの顔は、一部過去の作品のボスキャラクターのグラフィックが元となっている。また、一部他のロックマンシリーズにも同名のキャラクターが存在するが、いずれも無関係である。

トーチマン(Torch Man)
下水道を占拠したロボット。選択画面のグラフィックは、『ロックマン3』のマグネットマンが元。
ビットマン(Bit Man)
空中要塞を占拠したロボット。選択画面のグラフィックは、『ロックマン3』のハードマンが元で、ハードマンの頭部に『ロックマン2』のクラッシュマンの胴体を組み合わせた姿をしている。
ブレードマン(Blade Man)
水処理施設を占拠したロボット。選択画面のグラフィックは、『ロックマン2』のメタルマンが元。『ロックマン10』にも同名のボスが存在する。
オイルマン(Oil Man)
石油管理施設を占拠したロボット。選択画面のグラフィックは、『ロックマン2』のフラッシュマンが元。『ロックマンロックマン』にも同名のボスが存在する。
シャークマン(Shark Man)
水中に存在するロボット。選択画面のグラフィックは、『ロックマン3』のスネークマンが元で、スネークマンの体部に『ロックマン3』のジェミニマンの胴体を組み合わせた姿をしている。『ロックマンエグゼ』にも同名のキャラクター(ナビ)が存在する。
ウェーブマン(Wave Man)
貨物船を占拠したロボット。選択画面のグラフィックは、『ロックマン2』のエアーマンが元。『ロックマン5』にも同名のボスが存在する。

その他のボスキャラクター[編集]

クローク(Crorq)
前作と比べ、前方のコックピットのフロントガラスが強化されている。拡散レーザーを発射する。全自動となっているためワイリーは搭乗していない。
ワイリーマシン(Wily Machine)
ワイリーが搭乗している戦闘メカ。化学物質の中にもぐりながら、側面の床から放物線を描いて落下するビームを発射する。

特殊武器[編集]

()内は武器選択画面での表記。

トーチアーム(T) - トーチマンを撃破 - 消費エネルギー(2)  
前方に火の玉を発射する。
ビットキャノン(B) - ビットマンを撃破 - 消費エネルギー(3)
前方に波型のビームを発射する。
ブレードランチャー(L) - ブレードマンを撃破 - 消費エネルギー(4)
3つの手裏剣がそれぞれ違う方向に飛んでいく。
オイルストリーム(O) - オイルマンを撃破 - 消費エネルギー(2)
前方に小さなオイルの塊を発射する。
シャークブーメラン(S) - シャークマンを撃破 - 消費エネルギー(3)
前方に一定距離進むと折り返すカッターを発射する。
ウォーターシューター(W) - ウェーブマンを撃破 - 消費エネルギー(2)
3つに拡散して飛び落下する水玉を発射する。

新アクション[編集]

泳ぎ
従来では水中は泳げずジャンプ力が上がるものであったが、今作では水中を泳ぎながら移動するアクションが可能になった。
作中においてはブレードマン、シャークマンのステージでそのアクションが使用できるようになっている。
国内版ではロックマン8で、そのアクションが可能となっている。