スサノオ号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スサノオ号(中国JRバス)過去の車両
スサノオ号(中国JRバス)過去の車両
スサノオ号(一畑バス)過去の車両
スサノオ号(一畑バス)過去の車両

スサノオ号(スサノオごう)は東京都島根県松江市出雲市を結ぶ高速バスである。

全便座席指定制のため、乗車には予約が必要。

運行会社[編集]

運行経路および停車停留所[編集]

2012年7月1日現在。太字は乗降扱い停留所

新木場駅※新木場駅は上り便のみ。 - 東京駅(乗車:八重洲南口/降車:日本橋口) - 渋谷マークシティ - (池尻出入口 - 首都高速3号渋谷線 - 東名高速道路 - 伊勢湾岸自動車道 - 東名阪自動車道 - 新名神高速道路 - 名神高速道路 - 中国自動車道 - 米子自動車道 - 山陰自動車道 -松江中央IC) - 松江駅 - (国道9号 - 島根県道24号松江木次線 - 松江西IC - 山陰自動車道) - 玉造 - 宍道 - (山陰自動車道 - 斐川IC) - 斐川インター - (国道9号 - 国道184号) - 出雲市駅 - 出雲大社※出雲大社は下り便のみ。

※途中休憩は往復とも蒜山高原SAと出雲市行のみ足柄SAにて行う。
※斐川インター停留所は2010年9月1日から使用開始。
2012年4月1日から、東京発出雲市行の始発が東京駅八重洲南口に、終着が出雲大社に、それぞれ変更される。出雲市発東京行は従来と変わらない[1]

運行回数[編集]

  • 夜行便1日1往復。

歴史[編集]

使用車両[編集]

  • 独立3列シートWC付のスーパーハイデッカーまたはハイデッカーである。
    • 両社とも2014年3月までは1号車に三菱ふそう・エアロキングを使用していた。
    • 運行開始当初は、かつて運行されていた東急バスを含めて三菱ふそう・スーパーエアロIIを使用していた。

車内設備[編集]

  • 3列シート
  • フットレスト
  • レッグレスト
  • トイレ
  • おしぼり
  • 毛布
  • 読書灯
  • スリッパ
※JRバスでは、スリッパの設備は廃止している。

備考[編集]

  • もともと東京急行電鉄と一畑電気鉄道の2社で運行するつもりだったが、途中から中国JRバスが参入を希望してきたため3社共同運行となった。その後東急が撤退したため2社共同運行になった。
  • 年末年始・ゴールデンウィーク・お盆等の多客期には続行便に女性専用車両が設定され、利用率も高かったが、当日乗車の乗客に対応出来ないことから2009年以降は設定されていない。

脚注[編集]

  1. ^ 出雲・東京間の高速バス、終点を大社まで 山陰中央新報 2012年3月5日付

外部リンク[編集]