ジョシュ・レイビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョシュ・レイビン
Josh Ravin
千葉ロッテマリーンズ #00
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 (1988-01-21) 1988年1月21日(31歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト5巡目
初出場 2015年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョシュア・ジョゼフ・レイビンJoshua Joseph Ravin, 1988年1月21日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスウェスト・ヒルズ英語版地区出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は千葉ロッテマリーンズに所属している。愛称はキュアーボCuervo)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

チャッツワース高等学校英語版時代は、チームメイトにマイク・ムスターカスマット・ドミンゲスがいた。

プロ入りとレッズ傘下時代[編集]

2006年MLBドラフト5巡目(全体144位)でシンシナティ・レッズから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・レッズでプロデビュー。パイオニアリーグのルーキー級ビリングス・マスタングス英語版でもプレーし、2球団合計で11試合(先発10試合)に登板して0勝1敗・防御率3.96・40奪三振の成績を残した。

2007年はルーキー級ビリングスでプレーし、13試合に先発登板して1勝5敗・防御率8.55・39奪三振の成績を残した。

2008年はルーキー級ビリングスとA級デイトン・ドラゴンズでプレーし、2球団合計で18試合(先発15試合)に登板して2勝9敗・防御率7.77・59奪三振の成績を残した。

2009年はA級デイトンでプレーし、15試合に先発登板して3勝8敗・防御率3.67・66奪三振の成績を残した。

2010年はルーキー級アリゾナリーグ・レッズ、A級デイトン、A+級リンチバーグ・ヒルキャッツでプレーし、3球団合計で19試合に先発登板して5勝7敗・防御率3.89・75奪三振の成績を残した。

2011年はA+級ベーカーズフィールド・ブレイズ英語版[1]とAA級カロライナ・マドキャッツでプレーし、2球団合計で25試合に先発登板して2勝10敗・防御率5.17・114奪三振の成績を残した。

2012年はA+級ベーカーズフィールドとAA級ペンサコーラ・ブルーワフーズ[2]でプレーし、2球団合計で23試合に登板して1勝3敗・防御率5.33・26奪三振の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ピオリア・ハベリーナズ英語版に所属した。11月20日ルール・ファイブ・ドラフトでの流出を防ぐために40人枠入りした[3]

2013年はAA級ペンサコーラとAAA級ルイビル・バッツでプレーし、2球団合計で48試合に登板して1勝3敗・防御率5.82・48奪三振の成績を残した。マイナーリーグ全日程終了後の9月16日DFAとなった[4]

ドジャース時代[編集]

2013年9月19日ウェイバー公示を経てミルウォーキー・ブルワーズへ移籍したが、10月23日に40人枠外となり[5]11月4日FAとなった。

その後、12月にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ[6]2014年は傘下のAA級チャタヌーガ・ルックアウツとAAA級アルバカーキ・アイソトープスでプレーし、2球団合計で23試合に登板して2勝1敗6セーブ・防御率3.65・25奪三振の成績を残した。

2015年は開幕からAAA級オクラホマシティ・ドジャース[7]でプレーし、6月2日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[8]。同日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビュー。この年メジャーでは9試合に登板して2勝1敗・防御率6.75・12奪三振の成績を残した。

2016年2月29日に交通事故に遭い、左腕骨折の重傷を負って緊急手術を受けた[9]。そのため、開幕から故障者リストで過ごした。5月2日には薬物検査で陽性反応を示した事が判明し、80試合の出場停止処分を受けた[10]。処分の明けた8月8日にメジャーへ復帰した[11]。この年は10試合に登板して防御率0.93・13奪三振の成績を残した。

2017年は14試合に登板して0勝1敗1セーブ・防御率6.48・19奪三振の成績を残した。

ブレーブス時代[編集]

2017年11月20日に金銭トレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した[12]

2018年3月5日に40人枠から外れる形で傘下のAAA級グウィネット・ストライパーズへ配属された[4]3月31日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りした[4]4月21日にDFAとなり[13]、25日に再び40人枠から外れる形でAAA級グウィネットへ配属された[14]。結局、この年メジャーでは、2試合の登板にとどまった。

ロッテ時代[編集]

2019年1月7日千葉ロッテマリーンズが獲得を発表[15]

投球スタイル[編集]

フォーシームシンキング・ファストボールスライダーを中心に投げる[16]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 LAD 9 0 0 0 0 2 1 0 0 .667 47 9.1 13 3 4 0 1 12 1 0 7 7 6.75 1.82
2016 10 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 35 9.2 2 1 4 0 0 13 2 0 1 1 0.93 0.62
2017 14 0 0 0 0 0 1 1 1 .000 71 16.2 12 4 9 1 1 19 0 0 12 12 6.48 1.26
2018 ATL 2 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 14 3.0 2 0 2 0 1 1 0 0 2 2 6.00 1.33
MLB:3年 35 0 0 0 0 2 3 1 1 .400 167 38.2 29 8 19 1 3 45 3 0 22 22 5.12 1.24
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 71(2015年 - 2018年)
  • 00(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 2011年から2014年までレッズ傘下
  2. ^ 2012年より球団名変更
  3. ^ Mark Sheldon (2012年11月20日). “Corcino among six added to Reds' 40-man roster” (英語). MLB.com. 2017年11月18日閲覧。
  4. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2018年4月10日閲覧。
  5. ^ Adam McCalvy (2013年10月23日). “Brewers outright three righties off 40-man roster” (英語). MLB.com. 2018年3月6日閲覧。
  6. ^ David Miniel (2013年12月21日). “MLB Free Agency: Los Angeles Dodgers sign three minor league players” (英語). fansided.com. 2017年11月18日閲覧。
  7. ^ 2015年よりドジャース傘下
  8. ^ Ken Gurnick (2015年6月2日). “Van Slyke to DL; Heisey, Thomas join Dodgers” (英語). MLB.com. 2017年11月18日閲覧。
  9. ^ J.P. Hoornstra (2016年3月1日). “Dodgers pitcher Josh Ravin in auto accident, will have surgery on broken left radius.” (英語). insidesocal.com. 2017年11月18日閲覧。
  10. ^ Jeff Passasn (2016年5月2日). “Sources: Dodgers pitcher suspended 80 games for PEDs” (英語). Yahoo Sports. 2017年11月18日閲覧。
  11. ^ Eric Stephen (2016年8月8日). “Dodgers recall Josh Ravin, place Joe Blanton on bereavement list” (英語). SB Nation. 2017年11月18日閲覧。
  12. ^ Mark Bowman (2017年11月20日). “Braves claim Dayton, acquire Ravin from Dodgers” (英語). MLB.com. 2017年12月1日閲覧。
  13. ^ Aimee Sachs (2018年4月21日). “Flowers to begin rehab assignment this week” (英語). MLB.com. 2018年4月23日閲覧。
  14. ^ Braves' Josh Ravin: Sent outright to Triple-A” (英語). CBS Sports (2018年4月25日). 2018年4月29日閲覧。
  15. ^ ロッテが元ブレーブス・レイビン獲得、抑え候補右腕 - 日刊スポーツ、2019年1月7日配信、同日閲覧
  16. ^ Josh Ravin Baseball Statistics 2006-2017”. Baseball Cube. 2017年11月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]