シムシティ2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シムシティ2000
ジャンル シミュレーションゲーム
対応機種 Mac OSMS-DOSWindowsスーパーファミコンセガサターンプレイステーションNINTENDO64Pocket PC
開発元 マクシス
発売元 PC, SFC, N64イマジニア
SSセガ・エンタープライゼス
PSアートディンク
PPC:ZIO Interactive
シリーズ シムシティシリーズ
人数 1人、NEは1~4人
メディア フロッピーディスク
SFC, N64ロムカセット
SS, PSCD-ROM
PPC:ダウンロード販売
発売日 Mac1994年(米)
MS-DOS1994年(米)
Amiga1994年(欧)
Acorn1995年(欧)
Win1995年2月28日(米)
SFC1995年5月26日(日)
SS:1995年9月29日(日)
PS1996年12月20日(日)
N641998年1月30日(日)
PPC1999年11月30日(米)
GBA2003年11月13日(米)
テンプレートを表示

シムシティ2000(SimCity 2000)とはシムシティシリーズの第2作で米国では1994年に発売された、シムシティの続編である。

前作のゲーム画面は真上からの見下ろし視点であったが、本作では街を斜め上から見た視点となり、立体的となった。新たにゲームに取り入れた概念として水道、教育、健康、条例などがある。設置できる施設が大幅に増加し (例えば発電所が2種類から9種類)、標高の概念が取り入れられたことにより、起伏のある都市開発ができるようになった。アルコロジーと呼ばれる、数万人が居住できる未来的な居住施設などが登場するのが特徴。パーソナルコンピュータ向け以外の家庭用ゲーム機移植版ではハードウェアの事情などにより各バージョンにオリジナルの建物があるなど、一部仕様が追加・改変されている。

登場する建物[編集]

(訳語はWindows版のもの)

電力
送電線
発電所
石炭発電所水力発電所石油発電所風力発電所ガス発電所原子力発電所ソーラー発電所マイクロ波発電所核融合発電所
水道システム
水道管ポンプ貯水槽水処理施設脱塩施設
道路
道路高速道路トンネルランプバス停留所
鉄道
線路地下鉄地下鉄駅地下鉄↔鉄道
地区
住宅地区商業地区工業地区(それぞれ低・高密度がある)
商業地と工業地は見た目は変わらないが、繊維産業や電機産業など11種類に分類されており、各産業分野の税率を調整して工業のバランスが変更できるようになっている。
港湾
海港空港
教育
学校大学図書館博物館
公共施設
警察署消防署病院刑務所
娯楽施設
公園、大公園動物園スタジアムマリーナ
ボーナス(括弧内は建設可能となる人口)
市長官邸(1000人)、シティホール(1万人)、銅像(5万人)、ブラウンラマドーム(9万人)、新市庁舎(100万人)、テレビ局(200万人)、ロケット発射台(300万人)
アルコロジー(12万人(SFC版は10万人))
プリマス・アルコロジー、森林アルコロジー(SFC版では森のアルコロジー)、Darco(ダルコ、脱都会アルコロジー)、ラウンチ・アルコロジー(SFC版ではエクソダス・アルコロジー)
※新市庁舎、テレビ局、ロケット発射台の3つはSFC版のみ
その他
軍事基地(人口10万人前後(SFCでは6万人)で建設の意思を問われる。地形の特性により陸軍基地、海軍基地、空軍基地、ロケット発射台のいずれかが自動的に選ばれる。ただし建設に必要な広さの土地が残っていない場合は同意しても建設されない)

シナリオ[編集]

Charleston
ハリケーン・ユーゴーがもたらした強風と洪水に襲われた町の人口を5年以内に45000人にする。
Dullsville
活力を失った小さな街で、10年間で人口を2万人にして5000ドルの資金を蓄える。
Flint
景気後退で衰退した町の工業人口を、5年間で21000人にする。
Hollywood
映画スタジオの廃屋から現れたモンスターに襲われた町を再建し、5年間で人口を10万人にする。
Oakland Hills Fire
1991年、オークランド火災に襲われた町を再建し、5年間で人口を5万人にする。

対応機種別特徴[編集]

  • SimCity 2000(MS-DOS(PC-9821 , PC/AT)、Win、Mac、SFCPSSSN64
  • SimCity 2000 Special Edition - Win、Mac
  • SimCity 2000 Network Edition - Windows 95のみ対応

PC版[編集]

パーソナルコンピュータ向けのものでは、ネットワークエディションが発売された。1つの広大なマップを複数(モデムで最高2人、LAN,インターネットで最高4人)のプレイヤーで同時に開発することが可能なものであった。ただしWindows 95以外のOSではサポートされておらず、現在のWindows VistaなどのOSではネットワークに接続すらできない。

前作クラシックの都市データに対応しており、変換して読み込むことができる。土地の起伏や水道など前作になかった要素は反映されないので、継続して発展させるためには手直しが必要。

スーパーファミコン版[編集]

HAL研究所が制作し1995年5月26日イマジニアより発売されたスーパーファミコン版は他機種の作品と比べると変更点が多い。

  1. 雨や雲など天候の要素がアニメーション表示されるようになった。
  2. 警察署や消防署、学校など一部施設でグラフィックが置き換えられている。
  3. プレゼントが追加され街の人口が100万人になると新市庁舎、200万人でテレビ局、300万人でロケット発射台が贈られる[1]
  4. アルコロジーが建設可能になる人口が12万人から10万人に改定された[2]
  5. 他機種版にはない独自のシナリオが設定されている。

スーパーファミコン版はハードの性能の都合上、ROMカセットとは思えないほどローディング時間が異常に長くゲーム進行も遅い。大容量のマップデータをROMカセット格納できなかったため、全ての地形を数式で格納しマップロードの度に計算で展開していたことが原因である。そもそも、大量の情報を処理しなければならない作品なのに当時としてもあまり高速ではなかったスーパーファミコンのCPUは不向きだった[3]

この性能の限界は他機種に比べてマップが狭いこと(PC版等のそれが一辺128タイルなのに対して96タイル)、土地や建造物などに付随する情報が大幅に省略や圧縮されていることからも伺うことができる。

スーパーファミコン版には、以下のシナリオが用意されている。なお、括弧内はモデルとなったと考えられる都市である[4]

メガロポリス(東京
火災を鎮火し、8年以内に人口を5万人にする
市長の試練(大阪
10年以内に市長の支持率を66%以上にする
地球温暖化(ダッカ
10年以内に地球温暖化による洪水の被害から復興し、人口を4万人にする
娯楽シティー(ニース
15年以内に隠居者(このシナリオのみに登場するパラメータ)を1万人にする(人口、犯罪値、健康値、教育値をある一定の水準にし公園を増やす)
宇宙へゴー(ヒューストン
制限時間は無く、ロケットを打ち上げる(人口を500万人にして、エクソダスアルコを宇宙に飛び立たせる)

メガロポリス、市長の試練では日本を舞台としているため教会が日本寺に地球温暖化ではバングラデシュを舞台としているため教会がモスクにそれぞれ置き換わっている。また娯楽シティーでは大公園がリゾートプールに置き換わっている。

セガサターン版[編集]

1995年9月29日にセガ(後のセガゲームス)より発売されたセガサターン版では、年代によって建造物のグラフィックが変化する(19001949年19502049年2050年以降の3パターン)[5]。またセガサターン限定として街の人口が3万人となった際に贈られる市長の銅像がソニックの銅像に、人口が9万人になった際に贈られるラマ・ドームがサターンをイメージしてか宇宙港にそれぞれ変更されている[6]。用意されているシナリオは17個である。

プレイステーション版[編集]

1996年12月20日アートディンクより発売されたプレイステーション版では、3Dの自らの街を車で走り回ることの出来るドライビングモードが追加されている。また、ラマ・ドームが宇宙港に変更されている(市長の銅像はそのまま)。シナリオの数は17個である。

NINTENDO64版[編集]

1998年1月30日にスーパーファミコン版と同じくイマジニアにより発売された。シナリオなし、1から開発するモードがシナリオ的なものになっている、ミニゲームがあるなどコンテンツ面で他機種と大きく異なるものとなっている。 各コマンドへのショートカットを4つ登録でき、十字キーで呼び出すことができるようになっている。 セーブデータは、コントローラーに装着したコントローラパックへ保存する。 また、「ハイレゾモード」とよばれる高精細なグラフィック表示に対応している。

Pocket PC版[編集]

Pocket PC(2000および2002)向けに、「SimCity 2000 for Pocket PC」がZIO Interactiveから発売された。英語版のみだが説明書のPDFファイルは日本語版も用意されており、日本向けにはカシオが運営していたモバイル端末向けソフトウェア販売サイト「GoodCrew Leche」でダウンロード販売を行っていた。Pocket PC の縦長のタッチスクリーン(QVGA、240×320ドット)での操作を前提に設計されている。

ゲームボーイアドバンス版[編集]

2003年には、ゲームボーイアドバンスにも移植された(日本未発売)。

シムシティー64[編集]

シムシティ2000をベースにHAL研究所が制作し、任天堂より発売された64DD対応作品。3D化された他、Dr.ライトが出たり住民の声を直接聞けたりするなど任天堂オリジナルの要素が加えられている。

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
Electronic Gaming Monthly 6.125/10 (PS1)[8]
ファミ通 6/10 (SNES)[9]
IGN 7/10 (PS1)[7]
Maximum 3/5stars (SAT)[10]
Next Generation 3/5stars (SAT, PS1)[11][12]
Sega Saturn Magazine 86% (SAT)[13]

1996年、Next Generationは、「最も面白いゲームのひとつ」として全ゲームの中でシムシティ2000を33位にランクした[14]。2016年8月、タイムビデオゲームのベスト50の中でシムシティ2000を13位とした[15]。1994年、PC Gamer USは、シムシティ2000をすべてのコンピューターゲームの中で7位にランクした[16]。同年、PC Gamer UKは、シムシティ2000を「完璧に近い構想と制作が行われ、夢に描くことさえできないことを実現した。」としてすべてのゲームの中で最高の存在とした[17]

ファミ通クロスレビューでスーパーファミコン版を10点満点中6点とした[9]

Sega Saturn MagazineのEd Lomasは、セガサターン版のスクロールの遅さを批判したが、その奥深さ、リアリティ、中毒性を称賛し、「すべての人に勧められる数少ないゲームで、シューティングゲーマーを市民の責任感覚を持った都市計画家に変えてしまう力がある。」と記した[13]。Maximumのレビュアーは、サターン版はPC版の多くの要素を移植できているが、サターンより非力なPCで動作させた場合と比較してもグラフィックが劣り、低速であるとしている[10]。Next Generationのレビュアーは、サターン版を「最近の都市計画シミュレーションのカーボンコピーだが、それはそれとして、非常に病みつきになるクオリティで、他のシムシティシリーズの挑戦を跳ね返してしまう。」としている。彼はサターン版の大きな問題として、マウスをサポートしなかったことを挙げている[11]GameProの短いレビューでは、拡張されたメニューについて「少し沼に沈んでしまった」としたが、依然シリーズのファンにとっては楽しめる作品だとしている[18]

Electronic Gaming Monthlyの4人のレビュアーは、プレイステーション版がマウスをサポートしたことを称賛し、プレイステーションマウスキラーソフトだと宣言している。彼らはPS版のインターフェイスと解像度の低さを批判したが、病みつきになるシミュレーションであることに満足させられたという[8]。Next Generationのレビュアーは、PS版を「シムシティの正統後継者」であるとし、3Dで街を走り回る機能を称賛したが、PSのコントローラーを使ったときのインターフェイスが美しくないことは不満だとしている[12]IGNのスタッフは、誤ってPS版がマウスをサポートしなかったと批判したが、他のシミュレーションゲームとよく比較していないが、それでもなおこのジャンルのファンにとっては価値のある作品だと評価した[7]

米国では、シムシティ2000は1993年から1999年の間で9番目によく売れたコンピューターゲームで、140万本を販売した[19]

シムシティ2000は、Master of Orionに敗れてComputer Gaming Worldの"Strategy Game of the Year"賞の次点となった。そのライターはシムシティ2000を「この進歩した都市シミュレーターは、初代シムシティに欠けていた数多くの特徴や配慮を加えた。」と述べた[20]

関連商品[編集]

書籍[編集]

CD[編集]

  • SIM-MELODY from SIM CITY 2000

脚注[編集]

  1. ^ 『シムシティ2000公式ガイドブック』、p.70。
  2. ^ 『シムシティ2000公式ガイドブック』、p.71。
  3. ^ 株式会社QBQ編 『懐かしスーパーファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年。ISBN 9784866400082 p90
  4. ^ 『シムシティ2000公式ガイドブック』、p.137。
  5. ^ 『シムシティ2000 公式コンストラクトファイル』、p.180-204。
  6. ^ 『シムシティ2000 公式コンストラクトファイル』、p.7。
  7. ^ a b Sim City 2000 review” (1996年11月25日). 2016年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月28日閲覧。
  8. ^ a b “Review Crew: SimCity 2000”. Electronic Gaming Monthly (Ziff Davis) (85): 24. (August 1996). 
  9. ^ a b 読者 クロスレビュー:シムシティ2000、週刊ファミコン通信、No.358、 32ページ、1995年10月27日。
  10. ^ a b “Maximum Reviews: Sim City 2000”. Maximum: The Video Game Magazine (Emap International Limited) (2): 145. (November 1995). 
  11. ^ a b “SimCity 2000”. Next Generation (Imagine Media) (12): 178, 181. (December 1995). 
  12. ^ a b “SimCity 2000”. Next Generation (Imagine Media) (23): 271. (November 1996). 
  13. ^ a b Lomas, Ed (1995年11月). “Review: Sim City 2000”. Sega Saturn Magazine (Emap International Limited) (1): pp. 62–63 
  14. ^ Next Generation 21 (September 1996), p.59.
  15. ^ The 50 Best Video Games of All Time”. Time Inc. (2016年8月23日). 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月19日閲覧。
  16. ^ Staff (August 1994). “PC Gamer Top 40: The Best Games of All Time”. PC Gamer US (3): 32-42. 
  17. ^ Staff (April 1994). “The PC Gamer Top 50 PC Games of All Time”. PC Gamer UK (5): 43–56. 
  18. ^ “Quick Hits: Sim City 2000”. GamePro (IDG) (91): 89. (April 1996). 
  19. ^ Dunnigan, James F. (January 3, 2000). Wargames Handbook, Third Edition: How to Play and Design Commercial and Professional Wargames. Writers Club Press. pp. 14-17. 
  20. ^ Staff (June 1994). “Announcing the New Premier Awards”. Computer Gaming World (119): 51-54, 56-58. 

参考文献[編集]