シムアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シムアース
ジャンル ライフシミュレーション
対応機種 PC/AT互換機
開発元 マクシス
発売元 マクシス
販売元 ブローダーバンド
プロデューサー スティーヴ・ベッカート
デザイナー フレッド・ハスラム
ウィル・ライト
プログラマー ダニエル・ゴールドマン
ポール・シュミット
音楽 ヒース・ペーターソン
美術 ケイトリン・ミシェルデイトン
ピーター・ミシェルデイトン
ジェニー・マーティン
スーザン・グリーン
シリーズ シムシリーズ
人数 1人
メディア フロッピーディスク
発売日 アメリカ合衆国 1990年
ヨーロッパ 1990年
テンプレートを表示

シムアース』 (SimEarth) は、1990年マクシスからPC/AT互換機用のゲームとしてリリースされたシミュレーションゲーム。

後にPC-9800シリーズWindowsAmigaMacintoshなどに移植された。

日本では1991年12月29日にスーパーファミコン版がイマジニアから、1993年1月14日PCエンジンSUPER CD-ROM2版がハドソンから、1993年3月12日にメガCD版がセガより発売された。また、2009年5月12日からPCエンジン版がWiiバーチャルコンソールで配信されている。

概要[編集]

前作『シムシティ』(1989年)が街を育てるゲームだったのに対し、本作は惑星を育てるゲーム。プレーヤーはとなって惑星上の様々な問題と課題を攻略していく。システムは大陸移動説進化論などの科学理論と、地球を一つの生命体と捉える作者ジェームズ・ラヴロックガイア理論に基づいてつくられている。また、地球物理学地質学生物学などの様々な分野の知識が応用されている。

惑星環境を構成する要素は、地形・大気・生物・文明など多岐にわたり、それぞれが環境形成に大きく関係している。プレーヤーは刻一刻と変化する環境に対し、直接惑星に手を加えたり、各種パラメータを調整したりしながら対応する。惑星はコントロール次第でどのようにでも変えることができ、生命豊かな星にすることもできれば、生物が全くいない死の星にすることも可能である。

本作では使用エネルギーの単位としてΩ(オメガ)が使われている。Ωは惑星をコントロールするために必要なものであり、Ωがなければ惑星に対して何もできない。実験モードでは無限に使えるが、それ以外の難易度では有限となっており、Ωを貯めるには時間の経過を待たなければならない。

ゲーム内容[編集]

スーパーファミコン版の表現に準ずる。

ランダムプラネット[編集]

1から惑星を創るモード。マグマだらけの星に雨が降って海ができ単細胞生物が誕生し……といった星の成り立ちをそのまま体験できるモード。惑星の進化度合いに応じた4つのタイムスケール(下記参照)から選択して始められる。タイムスケールごとに時間の進行スピードが異なり、発展が進むにつれて遅くなっていく。一定基準を満たせば次のタイムスケールに移行し、文明が極度に発達するとエクソダス(惑星からの移住)が発生し宇宙へ移民してしまい、残った生物がまた進化して文明を持ち…という事の繰り返し。100億年経つと太陽が寿命を迎え巨大化してしまい、すべてを燃やし尽くすので、強いて言うならそれがゲームオーバーとなる。

地質タイムスケール
惑星の誕生~生命の発生を扱う。配置できる生物は単細胞生物バクテリアアメーバ)のみ。クリア条件は多細胞生物の出現。
進化タイムスケール
多細胞生物が出現し、生物が爆発的に増加する。多様に変化する気候に気をつけながら生物を進化させていく。クリア条件は文明の誕生。2回目以降は新しい生物の文明を発生させる。
文明タイムスケール
文明を持った生物が現れ、惑星各地に広まっていく。文明を発展させるのがこのタイムスケールの目的。なお文明を持つのは哺乳類だけに限らず、すべての陸生生物(と場合によっては海洋生物)が文明を持つ可能性がある。なお一度に文明を持てる生物は一種類のみ。クリア条件は産業革命(工業文明の誕生)が起こる事。
技術タイムスケール
産業革命によって技術が飛躍的に進歩し、都市が惑星各地に出来る一方、公害・資源枯渇・世界戦争など現実の地球にもある問題が惑星に起きる。これらをうまく押さえ込んで文明を他の惑星に移住させる事が目的。クリア条件はエクソダスが起きる事。なお、エクソダスが完了した後は進化タイムスケールに移行し、別の生物に文明を発生させることになる。

シナリオ[編集]

ミッションをクリアしていくモード。シナリオは全8つ。

アクエリアス
水の惑星。海洋生物は豊富だが陸が無く、を起こせないので文明が存在しない。文明が誕生すればクリア。土地を造成し陸上生物を発展させるか、または海洋生物をモノリスで強制的に進化させる方法がある。
地球カンブリア
文字通り地球のカンブリア紀を再現。大気が不安定な中で生物に文明を持たせ、産業革命を起こさせればクリア。
地球現代
地球の現在を再現。紛争資源不足、地球温暖化など様々な問題が山積みとなっている。エクソダスを起こせばクリア。
火星
前3つのシナリオとは難易度が桁違いに上がり、このシナリオから制限時間が導入される。マイナス200度の極寒の地。植物数、生物数が規定数に達すればクリア。温室効果によるテラフォーミングが鍵を握る。
金星
今度は摂氏500度の世界。500年以内に植物数、生物数が規定数に達すればクリア。二酸化炭素による温室効果をどう相殺するかが鍵となる。
氷の惑星
PCエンジン版には登場しない。火星と違い水分は豊富。星を覆う氷を溶かし海を創り、植物数、生物数が規定数に達すればクリア。
砂漠の惑星
PCエンジン版には登場しない。前3つのシナリオと異なり生物どころか文明も存在しているがみるみるうちに星が干上がっていく。植物数、生物数が規定数に達すればクリア。
地球2XXX年
ボーナス面に近い最後のシナリオ。いたる所で核汚染が起こっており、ロボットが地球を征服している。植物数、生物数が規定数に達すればクリア。

デイジーワールド[編集]

PCエンジン版及びメガCD版ではシナリオのひとつ。ガイア理論で紹介された思考実験モデル「デイジーワールド」をシミュレートするモード。公式攻略本には買ったばかりの人が遊ぶべきものではないと書いてある。このモードではデイジー以外の植物を配置することができず、生物を配置してもすぐに死滅する(ただし、ロボットは生き残ることがある)。

トレジャーボックス[編集]

各シナリオにはそれぞれトレジャーボックスが一つずつある。最初から存在する場合と一定条件を満たすと登場する場合がある。

トレジャーボックスはマップモードの分類(目マークのアイコン)で、「ぶんめい」を選択すると、テラフォーマでない黒い点が一つ見つけることができる。これをエディットモードにおいて、黄色い箱を「ちょうさ」で調べると、トレジャーボックスを開けることができる。

トレジャーボックスは見つけなくてもクリアは可能。

トレジャーボックス
惑星 箱の中身 効果
アクエリアス 500Ω 500Ω取得できる。
地球カンブリア紀 モアイ 石器文明を生み出してくれる。
地球現代 ラブピース 戦争が起こらない。
火星 ガイアの種 周辺に植物が生え、枯れなくなる。
金星 オアシス 一定領域気温が普通になる。
氷の惑星 ミニ太陽 ある程度の陸の氷が溶かせる。
砂漠の惑星 ガイアの木 植物を生み出し、枯れなくなる。
地球2XXX年 噴水 ロボットが弱い海水を出してくれる。

他機種版[編集]

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1SIM EARTH
The Living Planet

アメリカ合衆国 1990年
ヨーロッパ 1990年
マッキントッシュ
Windows 3.x
マクシスマクシスフロッピーディスク--
2シムアース
日本 199109011991年9月1日
FM TOWNSマクシスイマジニアCD-ROMHMC-141-
3シムアース
日本 199109061991年9月6日
PC-9801マクシスイマジニア5インチ2HDフロッピーディスク--
4シムアース
日本 199112291991年12月29日
アメリカ合衆国 1993021993年2月
スーパーファミコントムキャットシステム日本 イマジニア
アメリカ合衆国 FCI
6メガビット+64キロRAMロムカセット[1]日本 SHVC-SE
アメリカ合衆国 SNS-SE-USA
-
5シムアース
日本 199205291992年5月29日
X68000マクシスイマジニアフロッピーディスク--
6SIM EARTH
THE LIVING PLANET

ヨーロッパ 1992年
AmigaマクシスMindscapeフロッピーディスク--
7シムアース
日本 199301141993年1月14日
アメリカ合衆国 1993年
PCエンジンSUPER CD-ROM²マクシス日本 ハドソン
アメリカ合衆国 マクシス
CD-ROM日本 HCD2040
アメリカ合衆国 TXCD1036
-
8シムアース
日本 199303121993年3月12日
メガCDマクシス
ゲームアーツ
セガCD-ROMG-6008-
9シムアース
バーチャルコンソール
日本 200905122009年5月12日
アメリカ合衆国 200906222009年6月22日
PAL 200906262009年6月26日
Wiiマクシスハドソンダウンロード--
PCエンジン版の移植
スーパーファミコン版
  • スーパーファミコン版はバグが多く回収騒ぎになったことがある。[要出典]
メガドライブ版

スタッフ[編集]

  • オリジナル・コンセプト&デザイン:フレッド・ハスラム、ウィル・ライト
  • デザイン・アシスタンス:ジェームズ・ラブロック
  • マッキントッシュ・プログラミング:フレッド・ハスラム、ウィル・ライト
  • DOSプログラミング:ダニエル・ゴールドマン、ポール・シュミット
  • Windowsプログラミング:ロドニー・ライ、ポール・シュミット
  • グラフィック、アートワーク:ケイトリン・ミシェルデイトン、ピーター・ミシェルデイトン、ジェニー・マーティン、スーザン・グリーン
  • マッキントッシュ・ミュージック、サウンド・プログラミング:スティーヴ・ヘイルス
  • IBMミュージック、サウンド・プログラミング:ヒース・ペーターソン
  • キング・オブ・マニュファクチュアリング:デイヴ・ヘルフェンシュタイン
  • パッケージ・デザイン:リチャード・ベーグル
  • パッケージ・イラストレーション:カート・ウエスト
  • ドキュメンテーション・デザイン:リチャード・ベーグル、マイケル・ブレーメン、マーク・ホルムス、カート・ウエスト、クリス・ヨロ
  • ドキュメンテーション:マイケル・ブレーメン
  • イントロダクション・トゥ・アース・サイエンス:トム・ベントレー、キャロリナ・リスゴー
  • コントリビューション・トゥ・ドキュメンテーション:トム・ベントレー、ビル・クック、フレッド・ハスラム、ジェームズ・ラブロック、マイケル・パターソン、ロビン・サメルソン、ジョー・シリカ、ウィル・ライト
  • プロジェクト・マネージャー (IBM&Mac) :スティーヴ・ベッカート
  • プロジェクト・マネージャー (Windows) :ミッチ・S・マクギルブレイ
  • クオリティー・アシュアランス:ビル・クック、ジェイク・ホルター、カーター・リプスコム、マイケル・パターソン、スティーヴ・スマイス、アラン・バートン、マニー・グラニッロ、ケヴィン・オヘア

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame4/5stars (MAC)[2]
2.5/5stars (SFC)[3]
Electronic Gaming Monthly25/40点 (SFC)[3]
20/40点 (PCE)[4]
Eurogamer3/10点 (Wii)[5]
ファミ通24/30点 (SFC)[6]
22/40点 (PCE)[7]
25/40点 (MD)[8]
NintendoLife6/10stars (Wii)[5]
Raze91% (DOS)[9]
Aktueller Software Markt10.4/12点 (DOS)[9]
10/12点 (WIN)[10]
エンターテインメント・ウィークリーB+ (DOS)[9]
A- (SFC)[3]
ファミリーコンピュータMagazine20.34/30点 (SFC)[1]
(総合174位)
Super Play34% (SFC)[3]
Amiga Action80% (Amiga)[11]
Amiga Format79% (Amiga)[11]
Amiga Power41% (Amiga)[11]
月刊PCエンジン78/100点 (PCE)
電撃PCエンジン63.75/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン26/40点 (PCE)
PC Engine FAN19.02/30点 (PCE)[12]
(総合401位)
メガドライブFAN19.5/30点 (MD)[13]
スーパーファミコン版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計24点(満40点)[6]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.34点(満30点)となっている[1]。この得点はスーパーファミコン全ソフトの中で174位(323本中、1993年時点)となっている[1]。また、同雑誌1993年8月情報号特別付録の「スーパーファミコンオールカタログ'93」では、「大気の熱循環や地殻の変動など、環境のさまざまな要素をコントロールして惑星を作りだす、実験的なにおいの強いゲーム」と紹介されている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.29 3.45 3.23 3.43 3.06 3.89 20.34
PCエンジン版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では6・6・5・5の合計22点(満40点)[7]、『月刊PCエンジン』では80・85・80・70・75の平均78点(満100点)、『電撃PCエンジン』では60・60・65・70の平均63.75点(満100点)、『マル勝PCエンジン』では6・6・7・7の合計26点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.02点(満30点)となっている[12]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で401位(485本中、1993年時点)となっている[12]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.20 3.22 3.04 3.04 3.00 3.52 19.02
メガドライブ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では6・7・6・6の合計25点(満40点)[8]、『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.5点(満30点)となっている[13]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.1 3.1 3.0 3.2 3.4 3.7 19.5

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「8月情報号特別付録 スーパーファミコンオールカタログ'93」、『SUPER FAMICOM Magazine』、徳間書店1993年8月1日、 81頁。
  2. ^ SimEarth: The Living Planet for Macintosh (1990) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月8日閲覧。
  3. ^ a b c d SimEarth: The Living Planet for SNES (1991) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月8日閲覧。
  4. ^ SimEarth: The Living Planet for TurboGrafx CD (1993) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月8日閲覧。
  5. ^ a b SimEarth: The Living Planet for Wii (2009) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月8日閲覧。
  6. ^ a b シムアース まとめ [スーパーファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年12月12日閲覧。
  7. ^ a b シムアース まとめ [PCエンジン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年12月12日閲覧。
  8. ^ a b シムアース まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2015年12月12日閲覧。
  9. ^ a b c SimEarth: The Living Planet for DOS (1990) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月8日閲覧。
  10. ^ SimEarth: The Living Planet for Windows 3.x (1990) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月8日閲覧。
  11. ^ a b c SimEarth: The Living Planet for Amiga (1992) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月8日閲覧。
  12. ^ a b c 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」、『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店1993年10月1日、 122頁。
  13. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 844頁、 ISBN 雑誌26556-4/15

外部リンク[編集]