コーディ・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーディ・ホール
Cody Hall at NJPW.JPG
プロフィール
リングネーム コーディ・ホール
本名 コーディ・テイラー・ホール
身長 207cm
体重 117kg
誕生日 (1991-05-31) 1991年5月31日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州オーランド
所属 フリー
トレーナー スコット・ホール
ラリー・ズビスコ
チェイスン・ランス
デビュー 2012年7月14日
テンプレートを表示

コーディ・ホールCody Taylor Hall1991年5月31日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州オーランド出身[1]

父はWWFでレイザー・ラモンのリングネームで活躍し、WCWにてnWoの一員として一世を風靡したスコット・ホール

来歴[編集]

波乱万丈なレスラー人生を過ごしてきた父であるスコットの背中を見て育ち、プロレスラーになることを決意。

2011年フロリダ州オーランドを拠点とするアイ・ビリーブ・イン・レスリング(I Believe in Wrestling)が主宰するチーム・ビジョン・ドージョーにてトレーニングを開始。トレーナーに就いたスコットと二人三脚で励む。7月16日、I Believe in WrestlingのBELIEVE 31にてスコットと共に女子レスラーのサンタナ・ギャレットのセコンドとして登場。親子共演を果たした。試合途中で介入し、サンタナの相手であるエイデン・アルテアにレイザーズ・エッジを決め、サンタナの勝利に貢献[2]

2012年7月14日、BPW(Belleview Pro Wrestling)にてプロレスラーデビューを果たす。ジョシュ・ヘスと対戦。最後にレイザーズ・エッジを決めてデビュー初勝利を飾った[3]。9月8日、アルバ・シント・ニコラスにて行われたスコットの盟友であるケビン・ナッシュが主宰するBBOW(Bad Boys of Wrestling Federation)に参戦。チェイスン・ランスと対戦。勝利[4]

2013年6月23日、ジョージア州コーネリアを拠点とするAW(Anarchy Wrestling)に参戦。マイク・ポージーと対戦。勝利[5]。9月21日、ニューヨーク州コーンウォール=オン=ハドソンを拠点とするNEW(Northeast Wrestling)のWrestling Under The Stars IIに参戦。ケビン・ナッシュと組んでエル・ディアブロ & オーマン・トートゥーガと対戦して勝利[6]。10月19日、カナダオンタリオ州を拠点とするBCW(Border City Wrestling)の20th Anniversary Showに参戦。スコットをセコンドに従えてコーディ・ディーナー & フィル・アトラスと組んでシンジケート(ジョン・ボレン & タイソン・デュークス & スコット・デモア)と対戦。終盤にスコットのアシストを受けてデモアにレイザーズ・エッジを決めると最後にアトラスがスーパーキックに繋げて勝利した[7]

2014年5月31日、ペンシルベニア州ヘイズルトンを拠点とするWXW(World Xtreme Wrestling)のC4にてXパックと組んでソンズ・オブ・サモア(アファ・ジュニア & LAスムーズ)と対戦して勝利[8]。11月、心身共に鍛える為に初来日を果たし、スコットが参戦した経験がある新日本プロレスにてトレーニングに励んだ[9]

2015年1月1日、新日本プロレスの練習生として参加。同日5日、NEW YEAR DASH !!にてBULLET CLUBの一員として登場。カール・アンダーソンよりスコット・ホールの息子と紹介されるがヤングボーイと揶揄され、サポートメンバーという格付けにされた[10]。2月2日、Road to THE NEW BEGINNINGにて10人タッグマッチに出場。最後に棚橋弘至ハイフライフローを喰らい敗戦[11]。4月29日、レスリング火の国にて高橋裕二郎と組んで小島聡 & キャプテン・ニュージャパンと対戦。小島に対してサイドバスター、ラリアットなど決め、終盤には場外へと追い出されるが最後は裕二郎がキャプテンに東京ピンプスを決めて勝利[12]

2016年4月10日、INVASION ATTACK 2016にてケニー・オメガ & マット・ジャクソン & ニック・ジャクソンのセコンドとして登場。場外での乱闘中にニックのスワントーンボムを受けた際に首を負傷。長期欠場となった[13]

2017年2月17日、イングランドノーフォークを拠点とするWAW(World Association of Wrestling)のSupershow Bostonに参戦。バッシュと対戦して勝利[14]。3月27日、NOAHグローバル・タッグ・リーグ戦2017にランディ・レインと組んでエントリーしたことが発表される[15]。以降定期参戦。

その他[編集]

  • 2011年ESPNにて放送されたE60にスコットがレスラーとして、そして薬物依存症に陥ってからの人生を特集された際に出演。プロレスラーとして歩んでいくきっかけになったことをインタビューで答えている[16]

得意技[編集]

父であるスコット・ホールのフィニッシャーと知られる。ハイジャック・バックブリーカーの体勢で頭の上まで相手を担ぎ上げ、前方に投げ捨てるタイプのパワーボム。
自分の身体を相手に圧し掛かるように打ち込むのが特徴。
チョークスラムの要領で相手を抱え上げたあと体を軽くジャンプさせつつ両足を前に投げ出して尻餅をつく形で着地すると同時に相手の背中を自分の右サイドへと叩きつける
その場で後ろ回りに旋回してから繰り出すショートレンジ・ラリアット。

獲得タイトル[編集]

SOW(Superstars of Wrestling)
  • SOW王座 : 1回

脚注[編集]

  1. ^ Cody Hall”. Online World of Wrestling. 2017年3月4日閲覧。
  2. ^ BELIEVE XXXI”. CageMatch.net. 2011年7月16日閲覧。
  3. ^ Bellevie Pro Wrestling @ Belleview”. Wrestlingdata.com. 2012年7月14日閲覧。
  4. ^ BBOW @ San Nicolas”. Wrestlingdata.com. 2012年9月8日閲覧。
  5. ^ Anarchy Wrestling TV-Taping @ Cornelia”. Wrestlingdata.com. 2013年6月23日閲覧。
  6. ^ NEW Wrestling Under the Stars II”. Wrestlingdata.com. 2013年9月21日閲覧。
  7. ^ 20 years of Border City Wrestling makes for a great card”. Slam.Canoe.com. 2013年10月20日閲覧。
  8. ^ 5/30 and 5/31 WXW C4 Results”. IndyPowerRankingsipr.wordpress.com. 2014年6月1日閲覧。
  9. ^ Scott Hall Discusses His Health, His Son Training At NJPW Dojo & More”. Wrestling-News.Net. 2014年11月6日閲覧。
  10. ^ NEW YEAR DASH !!”. NJPW.co.jp. 2015年1月5日閲覧。
  11. ^ Road to THE NEW BEGINNING”. NJPW.co.jp. 2015年2月2日閲覧。
  12. ^ レスリング火の国”. NJPW.co.jp. 2015年4月29日閲覧。
  13. ^ INVASION ATTACK 2016”. NJPW.co.jp. 2016年4月10日閲覧。
  14. ^ Boston Supershow Results – 17/02/17”. WAWUK.com. 2017年2月17日閲覧。
  15. ^ 【4.22開幕!】グローバル・タッグリーグ戦2017参加チーム&公式戦発表!”. NOAH.co.jp. 2016年3月27日閲覧。
  16. ^ ESPN E:60 and Scott Hall: The Most Shocking Revelations”. BleacherReport.com. 2011年10月20日閲覧。

外部リンク[編集]