コン部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213簡体字ハングルおよび追加面の文字)が含まれています詳細
康熙字典 214 部首
一部 丨部 丶部
1 丿 2
3
广
4
5
6
7
8
9
10 11 鹿
12 13 14 15
16 17

(こんぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。

概要[編集]

」を筆画としてもつ漢字が収録されている。筆画としては「竪」(ジュ、たて)であり、永字八法では「努」と呼ばれる。

『説文解字』では「」は上下貫通の意とされているが、収録されている字は「」を意符としているとは言い難く、後述の通り「」字は創作字とされる。

主な字書での配列[編集]

通称[編集]

  • 日本:ぼう、たてぼう
  • 韓国:뚫을곤부(ttureul gon bu、貫く部)
  • 中国:竪 (shù)
  • 英米:Radical Line

部首字[編集]

字音[編集]

字義・字体[編集]

『説文解字』に収録されているものの、字として使われた例がなく、分類のために作字されたものである。「コン」という音は「棍」からとられたものである。

例字[編集]

𠁳𠁷

最大画数[編集]

𠁻(U+2007B)

関連項目[編集]