コンゴ民主共和国の国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コンゴ民主共和国の国旗
コンゴ民主共和国の旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民・政府・軍隊海上?
縦横比 3:4
制定日 2006年2月20日
使用色
テンプレートを表示

コンゴ民主共和国国旗2006年2月20日に制定されている。

現在の国旗は2005年12月批准された憲法に基づく。1963年から1971年まで採用された国旗にデザインが類似しているが、濃い平和象徴する水色に改められている。国家のために殉じた者黄色国富は国家の輝かしい未来を象徴している。

旧国旗[編集]

1997年に制定された国旗は、1960年の独立から1963年の間にも類似したデザインのものが採用されていた。左側の6つの星は独立時の6つのに由来する。現在のコンゴ民主共和国の行政区域は、10の州と州に属さない首都キンシャサ市からなるため、現状と一致していない。

この旗は、ベルギー国王レオポルド2世設立の国際アフリカ協会en)が1877年に制定した旗を基にしている。この旗の原型は探検家ヘンリー・モートン・スタンリーが作成したもので、『闇の奥』に描かれたような暗黒アフリカの中で明るく輝く「文明の光」を象徴化したとされ、金色(黄色)の五芒星と青い背景からなる。この旗がコンゴ自由国の国旗として採用され、ベルギー領コンゴとなってからも引き続き使用された。

1960年6月30日にベルギーから独立したときに、左側に6つの州を意味する6つの黄色い星が付け加えられた国旗が使われた。この国旗は1963年まで用いられた。

モブツ・セセ・セコが独裁政権を確立した1963年に国旗が改められた。6つの星がなくなり、中央の星は左上に移動し、左下から右上に斜めに横断する赤と黄色の帯が付け加えられた。この国旗は1966年にデザインが少し変更された後、1971年まで用いられた。

1971年に国名がザイール共和国に改められるのと同時に、全く異なるデザインの国旗に改められた。汎アフリカ色である・黄色・赤を使用し、緑地に中央の黄い円にたいまつを持つ黒人が描かれた。この国旗は1997年にモブツ政権が倒されるまで使用された。

その他[編集]

関連項目[編集]